クレーマー 顔つき10選![エピソード] こりゃヤバイ!

人生

クレーマー 顔つき10選![エピソード]

ピゴシャチ
ピゴシャチ

クレイマーがいるね。

イタチ
イタチ

そうだね。どんな顔つきをしているのだろう?

ピゴシャチ
ピゴシャチ

クレイマー 顔つきは以下になるよ。

 

クレーマー 顔つき

厳しい表情

クレイマーって厳しい表情をしていると思うわ。

「厳しい表情」はクレーマー 顔つきの一つです。

介護士A: (ため息をつきながら)最近、あの利用者さんからのクレームが増えてきてるよ。何かあったのかな?

介護士B: うーん、そうだね。私も同じことを思ってたんだ。でも、昨日は特にひどかったよ。Aさん、あのクレーマーの顔つき、見たことある?まるで雷が落ちそうな感じで、怒りに満ちてるっていうか。

介護士A: ああ、それはよく分かる。先週の水曜日、あの利用者さんがいきなり怒り出してさ。まるで怒りの嵐みたいな顔つきで、なんか一体どうしたんだろうって感じだったよ。そのときは本当に驚いたよ。

介護士B: 私も同じくらい驚いたよ。私、あの利用者さんがあんなに怒りっぽい一面があるなんて思ってもみなかったから。でも、その後で少しずつ話を聞いてみたんだ。何か彼の日常生活に問題があって、それが彼の不機嫌な顔つきや怒りっぽい表情に現れてるみたいなんだ。

介護士A: なるほどね。つまり、彼のクレームや怒りはただの不満や不平だけじゃなくて、何か深い背景があるってことか。それなら、私たちももっと彼の気持ちを理解しようと努力する必要があるね。

介護士B: そうそう、だからこそ、クレーマーと呼ばずに、その人の立場や背景に目を向けて接することが大切なんだと思う。もしかしたら、彼の不機嫌な顔つきの奥には、寂しさや不安などの感情が隠れているかもしれないし。

介護士A: その通りだね。私たちの仕事は、ただ身体のケアだけじゃなくて、心のケアも含まれているってことを忘れずに。彼が抱えている感情や思いを理解し、支えていくことが大切なんだ。

介護士B: そうだね、私たちが彼の笑顔を取り戻せるようにサポートしていこう。きっと彼も、ちゃんと理解してくれる人たちがそばにいるって感じてくれるはずだよ。

緊張感

クレーマー 顔つきの一つは「緊張感」です。

教師A: ねえ、最近あの生徒の保護者からのクレームに対応しなきゃいけなかったんだけど、その人、すごくクレーマーっぽかったわ。

教師B: 本当に?どうしてそう思ったの?

教師A: まず、その人の顔つきが違ってたの。保護者面談の時に、いつもとは違う緊張感がある感じだった。眉間にしわを寄せて、まるで怒ってるみたいな表情だったよ。

教師B: それは確かにクレーマーっぽいかもね。でも、その人の不満や不平が何だったの?

教師A: うん、それがまたね、些細なことなんだよ。授業のカリキュラムが子供の興味に合ってないって言ってたんだけど、他の生徒たちは楽しんでるのにって。しかも、その人、顔の筋肉が緊張してるのがわかったの。キョトンとした表情で、まるでプレッシャーを感じてるみたいだった。

教師B: それって、確かにクレーマーの特徴かも。些細なことでも、彼らにとっては大問題に思えることが多いし、そのプレッシャーを顔に出しちゃうんだろうね。

教師A: そうそう、それにね、他の同僚が他の生徒の進歩について話してた時に、その人、不機嫌そうに聞いてたの。まるで他の子供たちが成功してるのが気に食わないみたいな感じだったよ。

教師B: それはちょっと難しい状況だね。クレーマーって、他の人の成功が自分に対する不満を増幅させることがあるから、その反応も納得できるような気がするよ。

教師A: そうなの。でもさ、その人の気持ちも分からなくはないよ。子供のことだから、保護者として心配する気持ちもあるだろうし。

教師B: そうだね、クレーマーと呼ばれる人たちも、根本的には何かしらの関心や気持ちから来てることが多いんだよ。ただ、その気持ちが過剰になることで、コミュニケーションが難しくなっちゃうんだよね。

教師A: そうなんだ。だからこそ、私たち教師も冷静に対応して、その人の気持ちを受け止めつつ、解決策を一緒に考えていく必要があるんだよね。

教師B: そうだね。クレーマーの対応は確かに大変だけど、その人たちが持つ不安や不満を理解しようとする姿勢が、問題解決の第一歩かもしれないね。

眉間にシワ

クレイマーは眉間にシワがあることが多いと思う。

「眉間にシワ」はクレーマー 顔つきの一つです。

庭師A: ねえ、B、先日のお客さん、あのクレーマーのことを覚えてるかい?

庭師B: ああ、もちろん覚えてるよ。あの人、いつも何か文句を言ってくるやつだろ?笑

庭師A: そうそう、あの人。実は最近、その人のクレームを聞いてると、眉間にしわを寄せてることに気付いたんだ。ストレスのせいかなって思ってさ。

庭師B: まさか、本当にそんなことがあるのか?それってちょっと興味深いね。でも、クレーマーだからってストレスを感じる理由があるのかどうかも考えた方がいいんじゃない?

庭師A: そうだね、実際に彼の話を聞いてみたり、何か背後にある理由があるのか調べてみるのもいいかもしれない。でも、彼がクレームを言ってるときの顔つきは明らかにイライラしてる感じなんだ。

庭師B: まあ、それは確かに興味深いかも。庭園作りに興味があるお客さんの中には、植物のことをあまり知らない人もいるから、彼も何か不安や疑問を感じてるのかもね。

庭師A: それは確かだけど、だからこそ私たちの仕事は丁寧な説明とガイダンスが必要なんだ。彼がどんな小さなことでも不安に思っているなら、それに応えてあげることが大事だよ。

庭師B: その通りだね。でも、クレーマーとしての彼の態度が改善されるかどうかは分からないけど。人によっては、ストレスを抱えてるからこそ、他人に当たってしまうこともあるしね。

庭師A: そうだね、全ての人には色々な背景があるし、それを理解することも大切だよね。とにかく、彼に対しては忍耐強く接していくつもりだよ。

庭師B: いい考えだね。彼がいつか笑顔で帰ってくる日が来るといいね。それにしても、人の顔つきや態度からストレスを読み取るなんて、庭師の仕事にも心がけが必要だね。

攻撃的

クレーマー 顔つきの一つは「攻撃的」です。

看護師A:あのさ、最近の患者さんって、どうもクレームが多い気がするんだよね。

看護師B:本当に?私はあんまり気にしてなかったけど。

看護師A:そうなの。昨日も例の患者さんがまた不満を持って文句を言ってきたんだよ。顔つきも相当怒ってたし、声のトーンもかなり攻撃的だったよ。

看護師B:ああ、あのクレーマーね。確かに以前にも何度か聞いたことある名前だよ。どんなことがあったの?

看護師A:昨日はその患者さんが食事について文句を言ってきたんだよ。でも実際のところ、私たちの手違いじゃなくて、患者さん自身のリクエストに基づいて出されたんだよ。それでも「こんなひどい食事は初めてだ」とか言い出す始末でさ。

看護師B:それってちょっと過剰じゃない?どうやって対応したの?

看護師A:まず、冷静に落ち着いて話を聞いて、その問題の本当の原因を探ろうと思ってさ。でも彼女の言い分を聞いてるうちに、感情的な攻撃を受けることになったんだ。顔つきも本当に怒ってるように見えたし、声も大きくなったよ。

看護師B:大変だったね。怒りっぽい患者さんって、どうやって落ち着かせるのがいいんだろう?

看護師A:うーん、難しいけど、まず自分の声のトーンを落ち着かせて、相手の感情に共感することが大事だと思う。彼女もただ不満をぶつけてるだけじゃなくて、何か彼女自身にも問題があるのかもしれないからね。

看護師B:なるほど。でも、その場で感情的になられても、落ち着いて話すのは難しいこともあるよね。

看護師A:確かにそうだね。だからこそ、私たちが冷静さを保って、プロの対応をすることが大事なんだと思うよ。

看護師B:そうだね。クレーマーとしての行動がどんなに攻撃的でも、私たちはプロフェッショナルとして、冷静に対応し続けることが大切だね。

強気

「強気」はクレーマー 顔つきの一つです。

受付A: (ため息をつきながら)ねえ、B、昨日あのクレーマーがまた来たんだよ。あの人、本当に毎回強気な顔つきで要求してくるよね。

受付B: ああ、分かるよ。あの人の顔つき、見ただけでイラッとするくらい強引だよね。ちょっと前に私も経験したことがあるんだ。

受付A: 本当に?どんなエピソードだったの?

受付B: そうだね、そのときは本当に驚いちゃったよ。彼は特別な接遇を要求してきたんだけど、それがちょっと現実的じゃないんだよね。でも彼、怒っているフリをして、すごく強気な態度で言ってきたんだよ。

受付A: それって、自分の意志を通すために意固地な態度をとってるってことなのかな?

受付B: そうそう、それに尽きると思う。彼が怒りや不満を示すことで、自分の要求を通しようとしてるんだろうね。昨日もその傾向があったの?

受付A: うん、完全に。彼が受付にやってきたとき、またもや強気な態度だったよ。まるで怒っているように見せかけて、自分の言い分を通すために必死な感じがしたよ。

受付B: それって、他の人にも見せつける意味もあるのかもね。強気な態度を取ることで、自分が押し通せる人間だと思わせようとしてるのかもしれない。

受付A: まさにその通りだね。でも、あの態度って本当に相手を困惑させるし、不快な気持ちにさせるよね。

受付B: そうだね、でも私たちもプロの対応を心がけていかないといけないよね。彼の態度に巻き込まれずに、冷静な判断をして対応していかないと。

受付A: そうだね、相手の感情に振り回されず、冷静な判断を保つことが大事だね。それにしても、あのクレーマー、いつまであんな強気な顔つきでやってくるんだろう。

受付B: 分からないけど、私たちの対応次第で少しは変わるかもしれないよ。きちんと要求を聞きながら、冷静に対応していくしかないね。

受付A: そうだね、次回もあのクレーマーが来たら、今度こそ冷静に対応してみるよ。

不信感がある眼差し

クレーマー 顔つきの一つは「不信感がある眼差し」です。

デパート店員A:(ため息をつきながら)最近ね、あのクレーマーのお客さんがまた来てさ。あの人、本当に何か不満があるのかしら?

デパート店員B:(苦笑いしながら)ああ、あの人だよね。いつも不機嫌そうな顔をしてるし、何かあるたびに文句を言ってくるよね。

デパート店員A:そうなの。前回も、商品がちょっと傷んでいるって理由で大騒ぎしてたよ。でも、その商品、完璧な状態で陳列されてたのに。

デパート店員B:そうなんだ!あの人、本当に微細なことでもすぐにクレームをつけてくるよね。しかも、いつも私たちに対して不信感を持ってるみたいで、眼差しがちょっと怖いことがある。

デパート店員A:その通り。あの不機嫌な顔つきを見ると、正直、対応するのがちょっと辛くなるんだよね。どんなに丁寧に対応しても、なかなか納得してくれないし。

デパート店員B:そうだよね。だけど、他のお客さんたちは基本的に満足して帰ってくれるし、笑顔で接してくれるから、あのクレーマーとの対応があると、ちょっと気分が滅入るよね。

デパート店員A:まったくその通り。でも、仕事は仕事だから、どんなお客さんにも同じように丁寧に対応しなきゃいけないんだよね。

デパート店員B:その通りだけど、やっぱり時々はストレスがたまることもあるよね。でも、一方でそういう経験を通じて、どんな難しいお客さんにも対応できるスキルが身につくって思えば、なんだかんだで成長に繋がってるのかもしれないね。

デパート店員A:確かに。あのクレーマーが来るたびに、私たちも少しずつ成長してるって思えば、頑張る理由になるね。でも、やっぱりたまには難しいお客さんには休息が必要だよね(笑)。

イライラした表情

お店にくるクレイマーもいつもイライラした表情だわ。

「イライラした表情」はクレーマー 顔つきの一つです。

レストラン店員A(A): ねえ、B、先日あのクレーマーのお客さんが来てさ。あの人、本当に毎回不満そうな顔をしてるよね。

レストラン店員B(B): ああ、知ってる知ってる。あの人、注文の際から既にイライラしてる感じがするよね。前回も何度も料理をやり直してって言ってきたような。

A: そうそう、その人。あの人が来ると、なんだか周りの雰囲気も重たくなる気がするんだよね。その不機嫌な顔つきが伝染してしまうみたいで。

B: まさにその通り。先日も、あの人が不満そうな顔で注文してきたら、キッチンの方でも気を使って料理を作ってたよ。でも最後にはやっぱり文句を言われて、もう一度作り直し…。

A: それって、シフト全体の雰囲気にも影響を及ぼすよね。他のお客さんも、あの人のせいで何だか楽しくない雰囲気になっちゃうし。

B: まったくその通り。あの人のせいで他のお客さんにも迷惑がかかっちゃうし、働く側としては本当にストレス溜まるよね。

A: でもさ、どうしてあんなに不機嫌なんだろう?他のお客さんはみんな楽しそうに食事してるのに。

B: 分からないけど、きっとその人の性格や考え方が影響してるのかも。人それぞれだから、何が原因なのかはわからないけどね。

A: そうだね。ただ、あの人が来るたびになんだか疲れちゃうな…。せめて他のお客さんにも気持ちよく過ごしてもらいたいもんだよね。

B: そうだね。だからこそ、他のお客さんにはできるだけポジティブな雰囲気を提供しようって気持ちで頑張るしかないよ。あの人の不満も、笑顔とおもてなしで少しでも解消できるかもしれないし。

チラ見する

クレーマー 顔つきの一つは「チラ見する」です。

塾講師A: ねえ、Bさん、最近の生徒たちってクレームをつける子が増えたような気がするんだけど、気の小さい子もいるのかしら?

塾講師B: 本当にその通りだよ。実際、私が以前担当していた生徒の中にも、クレームをつけることに抵抗がある子がいたんだ。その子、Aさんの言う通りに、気が小さい人だったんだよ。そしてよくチラ見するんだよね。

塾講師A: そうなの?具体的にどんなエピソードがあるの?

塾講師B: ある日、その子が提出した宿題の点数に関してクレームをつけてきたんだ。でもそのクレームの内容が…まあ、ちょっと笑ってしまったよ。彼女は自分の宿題用紙を見つめて、「先生、私の点数って他の子より低いですよね?」ってチラ見しながら言ってきたんだ。

塾講師A: え、それってちょっと可愛いじゃない?気の小さい子って感じがするね。

塾講師B: そうなんだよ。私も思わず笑ってしまったけど、でもその子は本気で心配していたんだ。他の子と比べて自分が劣っているのではないかっていう気持ちが強かったみたいでさ。

塾講師A: それってちょっと切ない気もするな。でも、その子の気持ちを尊重してあげるって大事だよね。

塾講師B: だよね。それで、私は彼女にちゃんと説明して、点数が個々の取り組みや理解度に合ったものだってことを伝えたんだ。それで彼女はちょっと安心したみたいで、次からは宿題に取り組む意欲が増して、成績も少しずつ上がっていったんだ。

塾講師A: それは良かったね。気の小さい子だからこそ、しっかりサポートしてあげることで自信をつけさせてあげられるんだろうね。

塾講師B: そうそう、その通り。クレーマーと一言で片付けるのではなくて、彼らの背後にある心情を理解し、適切に対応することが大切なんだと改めて感じたエピソードだったよ。

塾講師A: まさにその通りだね。生徒たちが持つ様々な気持ちに寄り添って、成長をサポートしていきたいね。

馬鹿にした表情

クレイマーは人を馬鹿にした表情が多いと思うな。

「馬鹿にした表情」はクレーマー 顔つきの一つです。

美容師A: ねえ、B、先日のお客さん、すごくクレームをつけてきたんだよ。

美容師B: ええ、聞いたよ。どんなことがあったの?

美容師A: まず最初に、髪のカットがちょっと短かったって言ってきたんだ。でも、明らかにそのお客さんの髪は長過ぎて、少しカットしたほうが良いって提案したんだけどね。

美容師B: そうだったのか。それでどうなったの?

美容師A: まあ、それでも納得しないで、「私の髪のことをわかってないんじゃないの?」って言ってきたんだ。それでも、丁寧に説明して理由を伝えたけど、どうも納得してもらえなかったよ。

美容師B: うわ、大変そうだね。でも、そのお客さん、クレーマーっぽいって感じた?

美容師A: そうなんだよ。なんか顔つきがね、すごく上から目線で偉そうな感じだったんだよ。自分の意見が絶対で、美容師なのに自分の髪に対する理解もないみたいな感じだったよ。

美容師B: わかるわ。クレーマーって、自分が偉いと思ってることが多いよね。うちにも昔、似たようなお客さんがいたことあるよ。髪の専門家なのに、自分の髪に対しては全然冷静じゃなかった。

美容師A: 本当にそうなんだよね。クレームを解決しようとしても、最終的には納得してもらえないことが多いんだよね。

美容師B: それは仕方ないよ。自分の意見を曲げないタイプの人だと、どんなに説明しても難しいこともあるしね。

美容師A: そうだね。でも、これからもクレームが来たときは、なるべく冷静に対応するように心がけようと思ったよ。どんなにプロでも、すべてのお客さんが納得してくれるわけじゃないもんね。

美容師B: そうだね。大切なのは、自分のやった仕事に自信を持って、誠実に対応することだよ。クレームだって、成長のチャンスだって考えれば、ちょっと前向きな気持ちにもなれるかもしれないね。

上目遣いで相手をみる

クレーマー 顔つきの一つは「上目遣いで相手をみる」です。

スーパー店員A: ねぇ、B、昨日のあのお客さん覚えてる?

スーパー店員B: ああ、あのクレーマーの人ね。もちろん覚えてるよ。どうしたの?

スーパー店員A: まさにその人だよ。商品の値札が間違ってるって文句を言ってきたんだよ。しかも、めちゃくちゃ上目遣いで怒ってきたんだよ。

スーパー店員B: ほんとに?それはどういうこと?

スーパー店員A: まず、値札が間違っていると主張してきて、その証拠としてレシートを見せてきたんだ。でも、私たちのレジの印字とは違うレシートだったんだよ。

スーパー店員B: それはちょっと変だね。でも、間違いなく正しい値段だったんでしょ?

スーパー店員A: そうなんだよ。確認したら、値札は正しく貼ってあって、その商品は彼が言っている値段とは全然違ってたんだ。でも彼、それでも諦めなくて、ますます上目遣いで怒り出したんだよ。

スーパー店員B: まさにクレーマーの典型だね。上目遣いで怒るのは、まるで「私が被害者だ」というアピールをしてるみたいだよね。

スーパー店員A: その通りだよ。その後も、他のお客さんに迷惑をかけながら、上目遣いで店内を歩き回ってたんだ。最終的には店長が出てきて、事情を説明したけど、彼はなかなか納得しなかったよ。

スーパー店員B: クレーマーって難しいよね。どんなに対応しても、納得してもらえないこともあるし。

スーパー店員A: そうなんだよ。でも、こういう経験を通じて、上目遣いで怒る人の特徴ってわかってきたよ。やっぱり怒りや不満を強調したいんだろうな。

スーパー店員B: まったくだ。次回はそういうクレーマーに対応するときも、冷静に対処できるようにしなきゃ。

このページに興味がある方にオススメのページ

嫌な客 特徴

怒鳴る人 育ち

怒鳴る人 末路

昭和の人間 特徴

クレーマー気質 女性 特徴

クレーマー 頭おかしい 理由

怒鳴る人 頭おかしいと感じる理由

昭和の人間 頭おかしいと感じる理由

まとめ

クレーマーの顔つきは、その人の感情や態度を表す重要な要素です。しかし、一つの表情だけでその人の全てを判断することは難しいこともあります。人は日々さまざまな状況や出来事に直面し、そのたびに表情が変化します。クレームを言う際には、怒りや不満を顔つきで表すこともあるかもしれませんが、その裏には様々な要因が絡んでいます。

大切なのは、クレームを受けた側が冷静に状況を判断し、感情に左右されずに対応することです。クレーマーの表情や態度をただ直感的に判断するのではなく、根本的な問題を解決するための対話や解決策を探る姿勢が求められます。感情的な対立ではなく、相互理解を基盤にしたコミュニケーションこそが、問題解決への鍵です。
最終的に、クレーマーの顔つきに惑わされずに、問題の本質に迫る姿勢が重要です。表情だけではなく、背後にある事情や要因を理解し、適切な対応を心がけることが、円滑なコミュニケーションと問題解決の一環となるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました