踏ん切りがつかない人10の特徴

人生

踏ん切りがつかない人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

踏ん切りがつかない人が多いと思うな。

イタチ
イタチ

そうだね。決断するということは、難しいものだからね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

踏ん切りがつかない人の特徴は以下になるよ。

踏ん切りがつかない人の特徴

最悪の結果ばかり考える

最悪の結果ばかり考えると、決断できなくなるね。

「最悪の結果ばかり考える」のは踏ん切りがつかない人の特徴の一つです。

踏ん切りがつかない人は、最悪の結果ばかり考えることが多いのではないでしょうか?例えば、転職しようと思っているものの、なかなか転職の決断ができない人もいるでしょう。転職後の最悪の結果ばかり考えることが理由の場合も多いでしょう。

例えば、今勤めている会社よりも良い待遇を求めて転職しようと考えたとしましょう。ですがもし「今よりも労働環境が悪くなる可能性がある」「経済不況のせいで、転職しても給料が下がる可能性がある」などと最悪の事ばかり考えると、踏ん切りがつかなくなるでしょう。

今の職場から逃げたいと思ったら転職もOKな11の理由

決断後のメリットを考えない

踏ん切りがつかない人の特徴の一つは「決断後のメリットを考えない」です。

離婚しようと思っているものの、なかなか踏ん切りがつかないと言う人が世の中にはたくさんいるでしょう。そのような人は、あまり決断後のメリットを考えられていない可能性もあることでしょう。

例えば、今の配偶者との関係が非常に冷め切っている状態で、毎日ほとんど口をきかず、家にいてもストレスが溜まる一方だとしましょう。もし、離婚を決断すれば、そのようなストレスから解放されて、もっと自由に生きることができるでしょう。また、別のパートナーと巡り会うと言う可能性もあるでしょう。決断後のメリットを考えないと、踏ん切りがつかないでしょう。

良縁を引き寄せることに成功した人に見られた共通点10選!

挑戦に慣れていない

私の人生が挑戦の連続だったから、踏ん切りをつけられる方かな。

「挑戦に慣れていない」のは踏ん切りがつかない人の特徴の一つです。

世の中には、ほとんど挑戦しないで、現在の地位を掴んでしまった人も多いのではないでしょうか?強運の人です。

例えば、家が裕福でお金に困ることもなく、小さな頃からエスカレーター式で大学まで進み、就職先も自分の親族の会社であるとしましょう。ところが、順調な人生を歩んできたものの、結婚生活だけは、あまりうまくいっていなく、離婚と言う文字が浮かぶものの、なかなかそう出来ないという人がいるでしょう。

小さな頃から挫折を経験する度に挑戦し、決断することを迫られてきた人は、苦労しながらも次への決断をすることができるかもしれません。ですが、ほとんど挫折等がなく、決断を迫られることもなかった人は、踏ん切りがつかなくなる事もあるでしょう。

気持ちの切り替えが苦手

踏ん切りがつかない人の特徴の一つは「気持ちの切り替えが苦手」です。

踏ん切りがつかないタイプの人は、気持ちの切り替えが苦手な人ではないでしょうか?何か嫌なことがあると、いつまでもモヤモヤした状態を引きずってしまうタイプではないでしょうか?

例えば、今自分が付き合っている彼女と別れたいと思ったとしましょう。もしこんな時に「彼女のわがままには困ったものだけど、良いところもあるな・・別れるかどうか悩んでしまうな‥」などと考えると、いつまでもその考えが、頭の中にぐるぐる回っているでしょう。この状態では、別れると言う決断はできなくなってしまうでしょう。

考えてばかりいる

「考えてばかりいる」のは踏ん切りがつかない人の特徴の一つです。

踏ん切りがつかない人は、考えてばかりいることが多いのではないでしょうか?良くも悪くも今の自分を変えようと思えば、どこかで決断をしなければならなくなります。

例えば「今の彼氏と別れても良いだろうか?」と考えたとしましょう。別れなければ当然ながら、今の彼氏よりも素敵な人と出会いたいと思っていても、それは叶わなくなります。考えてばかりいると、踏ん切りがつかなくなります。

行動しながら考える発想が不足

踏ん切りがつかない人の特徴の一つは「行動しながら考える発想が不足」です。

何か物事を始める時に、行動しながら考えることができる人は、踏ん切りをつけることができるでしょう。ところが、そうでない人はつけられないでしょう。

例えば、結婚するかどうか迷っているとしましょう。このような時に、考えてばかりいると、いつまでも結婚と言う決断を下すことはできません。

むしろ、結婚するために色々準備していく方が、最終的な決断を思い切って下すことができるのではないでしょうか?例えば「結婚指輪はどうしようか?」「 新婚旅行はどこに行こうか?」などと考え始めると、結婚に向けて勢いづくでしょう。

我慢強い

我慢強さが裏目に出る時もあるわね。

「我慢強い」のは踏ん切りがつかない人の特徴の一つです。

夫が優秀であり給料も良く、生活する上でお金に困っていないものの、頻繁に暴力を振るう人だとしましょう。友人などに相談すると「もうそんな状態なら別れたほうが良いよ」などと言われるものの、今の生活を捨てる気持ちにはなれず「自分が我慢してさえいれば良い」と考え、なかなか離婚に踏み切れない人もいるでしょう。

必要以上に我慢強いと、踏ん切りがつかなくなる事は多々あるでしょう。

現状に満足している

踏ん切りがつかない人の特徴の一つは「現状に満足している」です。

若い頃に「自分で起業しよう」と言う夢を持っていたとしましょう。起業する前に、まず社会に出て働こうと思い、超安定企業に勤めたとしましょう。

そして、生活は安定し、家族にも恵まれ、何も不自由のない生活を送っていたとしましょう。時々若い頃の夢を追いかけたいと思っているものの、現状に満足しているので、今の生活を捨ててまで起業したいと言う気持ちがだんだん薄れ、踏ん切りが全くつかなくなっていると言う人もいるでしょう。

長期的視点で考えていない

決断しようと思ったら、長期的視点が重要だと思うな。

「長期的視点で考えていない」のは踏ん切りがつかない人の特徴の一つです。

何か行動しようと思ったら、短期的なことよりも長期的な視点で考えると、踏ん切りがつくのではないでしょうか?

例えば、離婚しようと思っているものの、決断できないとしましょう。もし自分が20代であれば、残りの人生は70年から80年近くあります。現在の生活を、残りの人生全て継続していくことができるのであれば、問題ないのかもしれませんが、そうでないのであれば、長い人生で考えると大きな損になるでしょう。

踏ん切りをつけるためには、長期的視点で考えることも重要です。

人の意見に振り回される

踏ん切りがつかない人の特徴の一つは「人の意見に振り回される」です。

就職、転職、結婚、離婚など、人生には決断を迫られる時があります。このような時に、踏ん切りがつかない人は、人の意見に振り回されることも多いのではないでしょうか?

例えば、大きな会社に勤めている人が、生活や待遇に満足しているものの、やりがいを感じていないとしましょう。そのような時に、転職しようと考え始めたとしましょう。

人に相談すると、ある人は「そんな大きな会社に勤めているのなら、決して今の職場をやめてはいけない」と言うでしょう。また、別な人は「人生は1度だから、やりたいことをやった方が良い」などと言うでしょう。相反する意見を前にして、迷ってしまい、転職すると言う決断ができなくなるかもしれません。

職場に行きたくない時に考えるべきこと10選!

まとめ

いかがだったでしょうか?踏ん切りがつかない人の特徴は以下になります。

 

最悪の結果ばかり考える・決断後のメリットを考えない

挑戦に慣れていない・気持ちの切り替えが苦手

考えてばかりいる・行動しながら考える発想が不足

我慢強い・現状に満足している

長期的視点で考えていない・人の意見に振り回される

 

決断する時には、誰しも大きな苦悩があります。ですが、苦悩しながらも決断し、前に進んだ先には道が開けることが多いのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました