言い訳ばかりする人10の特徴

人生

言い訳ばかりする人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

言い訳ばかりする人は苦手だね。

イタチ
イタチ

そうだね。そんな人とは関わりたくないわね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

言い訳ばかりする人の特徴は以下になるよ。

言い訳ばかりする人の特徴

向上心がない

言い訳ばかりする人は向上心が欠落していることが多いと思う。

「向上心がない」のは言い訳ばかりする人の特徴の一つです。

言い訳ばかりする人は、 向上心がない場合が多いでしょう。常識的な人は、自分がミスを連発していたり、問題行動を繰り返している時には「このようなことがないように、自分自身で改めなければならない」と考え行動することでしょう。

一方で、言い訳ばかりする人はそのように考えたり自分自身を変えることができません。根本的に向上心が欠落しているので、いつまでたっても自分自身を変えることができません。

職場などで何年経っても「あの人はプライドばかりでどうしようもない。」などと言われていたりするのです。 

言い訳ばかりする人10のデメリット

周りのせいにする

言い訳ばかりする人の特徴の一つは「周りのせいにする」です。

言い訳ばかりする人は、ずるい人であると言っても間違いないでしょう。何かミスをしたり問題を起こした時に、自分に責任があるのであればそれを認めるべきです。

しかし、言い訳ばかりする人は、周りのせいにしたがります。「〇〇が✕✕したから・・」などと 言い訳するのです。本当に自分に非がないのであれば、その理由を説明するべきだと思いますが、そうでないにも関わらず言い訳ばかりするのであれば、これは単に責任転嫁です。

周囲はそんなことを認めるはずはないでしょう。また認めてもいけないでしょう。

環境のせいにする

私がこうなったのは、環境のせいです。

ああ・・また環境のせいにし始めたか・・

「環境のせいにする」のは言い訳ばかりする人の特徴の一つです。

言い訳ばかりする人は、自分に責任があったとしても自分の非を決して認めないものです。むしろ自分を被害者のようにして、環境のせいにすることが多いでしょう。

確かに、環境に恵まれない人もいるでしょう。ですが、例えば仕事でミスをした時に「こんなに自分がだらしないのは甘やかした自分の親のせいだ」などと考えると、物事全てを反省することなく環境のせいにできてしまいます。

言い訳ばかりする人に常識的な感覚の人が接していると、呆れて物も言えなくなることが多々あるでしょう。

信用されていない

言い訳ばかりする人の特徴の一つは「信用されていない」です。

言い訳ばかりする人を見ていると、その場限りのことだけしか考えず、 長期的に多くのものを失っていると感じる場合が多いでしょう。

長期的に失うものの一つとして、信用問題が挙げられます。言い訳ばかりする人は「あの人は言い訳ばかりする人だ」「何かことがあったら責任転嫁してくる」などと、信用度ゼロのように捉えられている場合すらあります。

言い訳をして得をしたように見えますが、 長い目で見れば、何も得をしていないどころかむしろマイナスです。 

反省する気がない

「反省する気がない」のは言い訳ばかりする人の特徴の一つです。

一般的な人は自分が周囲に迷惑をかけたりすると、反省するものです。迷惑の度合いが大きければ大きいほど、反省する度合いも大きくなるでしょう。

大きな迷惑をかけた場合などは、ご飯が喉を通らないなどということもあるでしょう。そんなに大きな迷惑でなくても、本人が考え込んでしまい、周囲が逆に心配することするあれでしょう。

一方で、言い訳ばかりする人は反省する気など全くありません。迷惑をかけ反省を迫られる事態に遭遇すると「どうにかうまい方法で切り抜ける方法はないか?」などと考えているからでしょう。 

いつか逆ギレする

言い訳ばかりする人の特徴の一つは「いつか逆ギレする」です。

正常な感覚を持っている人が、言い訳ばかりする人を見ていると、非常に嫌気がさしてくるものです。そして、言い訳できないように相手を追い詰めることもあるでしょう。

このような状況になった時に、言い訳ばかりする人は逆ギレする人に変貌することが多いでしょう。追い詰められて言い訳ができなくなると、逆ギレする事でピンチを逃れようとするのです。正当な主張をしている方が加害者であるかのような物言いをすることすらあります。

切り返しは天才的で「そんなことに頭が回るのであれば、どうして物事をしっかりとしないのだろう」と感じる人も多いでしょう。 

努力を継続出来ない

言い訳ばかりする人は、努力を継続できないことが多いね。

「努力を継続出来ない」のは言い訳ばかりする人の特徴の一つです。

言い訳ばかりする人は、努力を継続できないことが多いのではないでしょうか?たとえどんなに本人が変わろうと思っても、それを継続し続けることができなければ、大きく変わることは難しいのではないでしょうか?

言い訳ばかりしている人は、ほぼ全ての人がいつまでたっても同じままでしょう。人間はそうそう簡単に変わることができるものではありません。

言い訳ばかりする人は、努力を継続できないことが根本にあるので、いつまでたっても変わらないのです。逆に、前よりもむしろ言い訳する力ばかりついて、よりダメになっていくことの方が多いのではないでしょうか?

言い訳する相手を選ぶ

言い訳ばかりする人の特徴の一つは「言い訳する相手を選ぶ」です。

言い訳ばかりする人が凄いと思う部分に、言い訳する相手をたくみに見分ける力があることです。「この人なら言い訳しても良いだろう」「この人は温厚だからどうにかなるだろう」などと考えているのです。そして、言い訳をすることでしょう。

ですが、相手は穏やかに見えても、言い訳ばかりする人のことを見極めているものです。ですから、ある段階で突然、言い訳ばかりする人のことを相手にしなくなったり、見切りをつけることとなるでしょう。

言い訳ばかりする人が、どんなに相手を選んだとしても、短期的にしか得はしないのです。 

肝心なことが出来ない

言い訳ばかりしていて、肝心なことが出来なくてどうするのかしら?

「肝心なことが出来ない」のは言い訳ばかりする人の特徴の一つです。

言い訳ばかりする人を見ていると「頭の回転が凄い速いな」と感じてしまう人も多いのではないでしょうか?勿論これは、言い訳をする時の頭の回転の速さです。会社の同僚などでこのような人が時々いるのではないでしょうか?

言い訳してる時の頭の回転の速さはすごいのですが、一番の問題は「肝心なことが出来ない」ということです。肝心なことをする上での頭の回転は、ゼロに等しいかもしれません。 

常に言い訳を考えている

言い訳ばかりする人の特徴の一つは「常に言い訳を考えている」です。

言い訳ばかりする人というのは、常に言い訳をすることばかり考えているものです。そんなことを小さな頃からしている人もいるでしょう。

ごまかすことをメインに人生を渡り歩いてきた人は、ごまかしの歴史がただ上塗りされてきただけなのです。ですから、肝心なことはできないままで、言い訳のスピードだけが日々進化していくのです。どうしようもない人と言っても良いでしょう。

常識的な人はそう思うことも多いのではないでしょうか?ですが、もうこのような状態になってしまうと、相手は治らないと思った方が良いでしょう。自分に迷惑ばかり及び縁を切っても問題がないのであれば、切ってしまうのも一つの方法でしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?言い訳ばかりする人の特徴は以下になります。

 

向上心がない・周りのせいにする

環境のせいにする・信用されていない

反省する気がない・いつか逆ギレする

努力を継続出来ない・言い訳する相手を選ぶ

肝心なことが出来ない・常に言い訳を考えている

 

言い訳ばかりする人は、短期的なことしか考えていないものです。長期的なことなど何も考えずに、気がついた時には多くのものを失っているのでしょう。もし自分の周りに言い訳ばかりする人がいてストレスが溜まる時には、憐みの気持ちで相手を眺めながら、必要な時には縁を切ってしまった方が楽になれるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました