猫をかぶってる人10の特徴

人生

猫をかぶってる人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

数年に一回位「この人猫をかぶっていたんだ・・」と思う事があるよ。

イタチ
イタチ

日頃の自分を隠して猫をかぶり続けるのも、なかなか大変だね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

猫をかぶってる人の特徴は以下になるよ。

猫をかぶってる人の特徴

やたらと低姿勢

猫をかぶってる人は、やたらと低姿勢なケースが多いと思うよ。

「やたらと低姿勢」なのは猫をかぶってる人の特徴の一つです。

性格的にちょっと問題がある人には様々なケースがありますが、初対面からやたらと低姿勢な人は、横柄な人と同じくらい問題を抱えているケースが多いのではないでしょうか?

やたらと低姿勢である背景には、必ず何か理由があると言っていいでしょう。例えば、本来の自分を曝け出して過去に散々失敗しているなどです。言い方を変えれば、素の自分は相当問題を抱えているのかもしれません。本人がそれに気づいていないケースもありますが、分かっていても問題行動を直すことが性格的に無理で、それを覆い隠すために低姿勢で相手に接するのかもしれません。

我慢が表情に現れている 

猫をかぶってる人の特徴の一つは「我慢が表情に現れている」です。

猫をかぶってる人を見ていると、我慢が表情に現れていることが多いのではないでしょうか? よく「何も問題ありません」と言っているものの、その表情は不満だらけという人はいないでしょうか?

こういった人は基本的に、猫をかぶっていることが多いかもしれません。猫をかぶっている人は、いざという時に裏切ったり 、暴言を吐いたりすることも多いので予め「いつか爆発する時が来る」と構えておいた方が良いでしょう。

指摘されると不貞腐れる

先日、後輩を指導したら逆切れされてビックリしたわ。普段は猫をかぶっていたんだわ。

「指摘されると不貞腐れる」のは猫をかぶってる人の特徴の一つです。

世の中には実にわがまま勝手、身勝手な人がいるものです。常識がなくて、周囲の人から怒られたりすると、不貞腐れる人がいます。

普段実に良い子だと思っていたのに、叱った時に不貞腐れる姿をみて幻滅するのと同時に「本来の姿はこれだったのか・・」と思い、さらにがっかりするケースも多いのではないでしょうか? 

豹変する

猫をかぶってる人の特徴の一つは「豹変する」です。

猫をかぶってる人は、ある日突然豹変する時があるのではないでしょうか?日頃はほとんど喋らなかったり、ニコニコしているにも関わらず、学校や職場などである日突然豹変し、暴言を吐いたり怒り出したりし、周囲に引かれてしまう人がいないでしょうか?

また、メールやSNSでかなり強烈な毒を吐いていることもあるかもしれません。溜め込んだストレスや不満をぶちまける瞬間が突然あるものです。

実は負けず嫌い

「実は負けず嫌い」なのは猫をかぶってる人の特徴の一つです。

猫をかぶってる人の中には、実はものすごく負けず嫌いな人もいます。この負けず嫌いな性格が過去に問題となっている可能性もあるでしょう。

例えば、人とすぐに張り合おうとする姿勢があり、これが仇となり周りから嫌われてしまったりするのです。これを自分で自覚しているために、猫をかぶって実は負けず嫌いであることを隠しているのです。

ですが、上述したように表情に現れたりするので、なかなか隠しきれない場合が多いのではないでしょうか?

自分のことをあまり語らない

猫をかぶってる人の特徴の一つは「自分のことをあまり語らない」です。

猫をかぶってる人を見ていると、自分のことをあまり語らない人が多いのではないでしょうか?自分のプライバシーを必要以上にさらけ出している人は、あまり猫をかぶっていることはないでしょう。

ですが、自分に関する情報のほとんどをさらけ出さない、本心を見せない人は猫をかぶっているケースが殆どでしょう。 

職を転々としている

猫をかぶっていても、それがいつかバレてしまい職場で浮いてしまうんだ。そのせいで今迄何度も転職しているよ・・・。

「職を転々としている」のは猫をかぶってる人の特徴の一つです。

職を転々としている人がいます。自分がしたい仕事と合わなくて転職を繰り返しているケースもあるでしょう。一方で、本当は転職をしたくないのに、そうせざるを得ないケースもあるのではないでしょうか?

例えば、自分の性格が問題で周囲の人間とうまくやることができないために、 職場の中で浮いてしまい働けなくなったりするケースです。人間関係に問題を多数抱えた結果、仕事を辞めざるを得なくなるのです。そういった経験があるので、猫をかぶり本来の自分を押し殺していることもあるでしょう。

目つきに問題がある

猫をかぶってる人の特徴の一つは「目つきに問題がある」です。

猫をかぶってる人は、目つきに問題があることが多いのではないでしょうか? どんなに我慢に我慢を重ねても、目つきだけは相手の本当の姿を物語るのではないでしょうか?

猫をかぶっている人は、基本的に本来の自分の意思に反した行動をしていることが多いものです。ですから「大丈夫です。」などと言いながら“目が怒っている”などと言うことがよくあるのではないでしょうか?

人とよく喧嘩する

猫をかぶってる人は、人とよく喧嘩することが多いと思うわ。

「人とよく喧嘩する」のは猫をかぶってる人の特徴の一つです。

猫をかぶってる人の中には、よく人と喧嘩する人も多いのではないでしょうか?猫をかぶっていても、人間の根本はそうそう簡単には変えられないものです。

本来の自分を押し殺し、我慢に我慢を重ねるとそれがやがて爆発すものです。恋愛がなかなかうまくいかない人の中には、パートナーに好かれようとするために猫をかぶっていたものの、ある日本性を曝け出すこととなり、大喧嘩し別れに繋がる人も多いのではないでしょうか?

お酒を飲むと本性を表す

猫をかぶってる人の特徴の一つは「お酒を飲むと本性を表す」です。

猫をかぶってる人は、お酒を飲んだ時に豹変することが多いのではないでしょうか? お酒が入る前までは明るくニコニコしていたのに、飲み始めると愚痴を言い始めたり、八つ当たりする人が多いのではないでしょうか?

お酒を飲んだ時の豹変ぶりから「日頃は我慢しているのだ・・」ということを周囲が悟る場合も多いのではないでしょうか?お酒を飲んだ時に現れる愚痴や文句が、その人が日頃考えていることなのでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか? 猫をかぶってる人の特徴は以下になります。

やたらと低姿勢・我慢が表情に現れている

指摘されると不貞腐れる・豹変する

実は負けず嫌い・自分のことをあまり語らない

職を転々としている・目つきに問題がある

人とよく喧嘩する・お酒を飲むと本性を表す

学校生活を送っていたり職場で仕事をしていると、実に様々な人が周囲にいると思うでしょう。良い人もいますが、悪い人も同時にいるものです。一見外面は良いものの、ある時を境に本性を曝け出す、猫をかぶった人がいる場合もあると思っておく方が、余計なストレスも溜まらなくて良いのではないでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました