球技が苦手な人10の特徴

人生

球技が苦手な人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

学生の時に、球技は全て苦手という人を何人か見たことがあるな。

イタチ
イタチ

私もどちらかと言えば、苦手だよ。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

球技が苦手な人の特徴は以下になるよ。

球技が苦手な人の特徴

球を怖がる

球が飛んで来ると怖いな。

「球を怖がる」のは球技が苦手な人の特徴の一つです。

球技が得意な人は、遠くから自分の方にボールが飛んできても、それを怖がると言うことがないでしょう。それどころか、自分にボールが回ってきてラッキーとさえ考えるのではないでしょうか?

一方で、球技が苦手な人は、ボールを怖がる人が多いのではないでしょうか?ドッジボールの授業等の時に、内野や外野からボールが飛んできた時にただ逃げ回るだけの人を見たことがないでしょうか?野球で遊んでいる時に、ボールが自分の方に向かって飛んできて、腰が引けてしまう人も多いのではないでしょうか?

小さい時から球技に慣れ親しんでいない

球技が苦手な人の特徴の一つは「小さい時から球技に慣れ親しんでいない」です。

球技が苦手と言う人の中には、小さい時から球技に慣れ親しんでいない人も多いのではないでしょうか?放課後に友達とサッカーをしたり、野球をしたり、キャッチボールをした経験が豊富な人は、あまり球技が苦手になる事は無いのではないでしょうか?

一方で、家に籠るような遊びばかりしていると、どうしても球技が苦手になってしまう要素はあるのではないでしょうか?誰しも、球技にある程度慣れ親しむ位まで遊んでいれば、球技に対する苦手意識は減るでしょう。

トラウマがある

顔にボールが当たってから、球技は恐怖だわ。

「トラウマがある」のは球技が苦手な人の特徴の一つです。

球技が苦手な人は大抵、トラウマがあるのではないでしょうか?例えば、バスケットをしている時に、突き指をして痛い思いをしてしまった・・。サッカーをやっている時にボールが顔面に当たってしまい、以降サッカーボールを見るだけで怖くなってしまう・・。野球をしている時に、ボールがもの凄い速さで腕に当たり痛い思いをした・・など、球技が苦手な人は大抵、トラウマになる原因があるのではないでしょうか?

球を見ていない

球技が苦手な人の特徴の一つは「球を見ていない」です。

球技が苦手と言う人は、大抵の場合、球を見ていないことが多いのではないでしょうか?球をじっくり見ていなければ、キャッチすることができなかったり、バウンドしてしまうことも多いでしょう。

球を見ていない理由には、様々なものがあるかもしれませんが、大抵の場合、恐怖が原因である事が多いのではないでしょうか?この恐怖感が消えない限り、球をしっかり見ることができず、結果としていつまでも苦手意識を持ってしまうでしょう。

ボールを止められない

「ボールを止められない」のは球技が苦手な人の特徴の一つです。

球技が得意な人は、確実にボールを止めることができるものです。例えば、サッカーの場合、足元に転がってきたボールを確実に止めることができるでしょう。野球の場合、飛んできたボールを確実にキャッチすることができ、止めることができるでしょう。

球技が苦手な人は、ボールを止めると言う基本動作ができていないことが多いのではないでしょうか?止めることができずに逸してしまったり、跳ね返ってしまったりするなどして苦労することが多く、やっていても面白くなくなるでしょう。

ボールをコントロール出来ない

球技が苦手な人の特徴の一つは「ボールをコントロール出来ない」です。

球技が苦手な人を見ていると、ボールをうまくコントロールできない人が多いのではないでしょうか?

例えば、バスケットをやっている時に、ドリブルをしようと思っても、自分の意思に反してボールが転がることになり、困ってしまうと言うことがあるでしょう。キャッチボールをしている時に、ボールを相手に目掛けて投げても、全く違うところに飛んでしまうこともあるでしょう。球技が苦手な人は、多くの場合、ボールをコントロールすることができないことが多いでしょう。

球に当てられない

「球に当てられない」のは球技が苦手な人の特徴の一つです。

球技が苦手な人は、球に当てられないことが多いのではないでしょうか?

例えば、野球をする時にいつも空振りばかりする人がいるものです。どんなに真剣にやっても、球がバットに当たらなければどうしようもないでしょう。また、卓球をしている際に、球をラケットに当てることができなければ、ラリーを継続することができず、卓球にならないでしょう。

このような事を繰り返していると、やがて苦手意識ができてしまうのではないでしょうか?

タイミングを取れない

球技が苦手な人の特徴の一つは「タイミングを取れない」です。

ボールをサーブしたり、シュートしたりする時になると、タイミングが重要になります。

上手な人は、このタイミングを合わせるのにあまり苦労しないものです。一方で、苦手な人はタイミングを取れないことが多いのではないでしょうか?真横から飛んできたボールをシュートしようとしていても、足を出したときにはボールが通り過ぎていたり、逆に早過ぎるなどして、タイミングが取れないことが多いでしょう。

集団プレーが嫌い

球技が苦手なのは、集団プレーが嫌いだからなんだ。

「集団プレーが嫌い」なのは球技が苦手な人の特徴の一つです。

卓球のように、個人プレーが可能な球技もありますが、球技は大抵の場合、集団でプレイするものが多いでしょう。このような集団プレーが嫌いなために球技が苦手と言う人も一定数いることでしょう。

例えば、野球をしている時に、自分がエラーをしたり、打てなかったりすると、人に迷惑をかけてしまうことになります。たとえチームメートはドンマイドンマイと言っていても、責任感が強かったり、繊細な人は自分の不甲斐なさにがっかりしてしまい、楽しむことが出来なくなるかもしれません。そうなれば、球技が苦手と思い込んでしまうこともあるでしょう。

痛い思いをしたくない

球技が苦手な人の特徴の一つは「痛い思いをしたくない」です。

球技が好きな人は、ボールが顔に当たったり、多少怖い目に遭ったとしても、球技それ自体が好きな為に、恐怖など気にも留めないでしょう。一方で、球技が嫌いな人は「痛い思いをするのは真っ平だ」と言う思いを抱えている人も多いでしょう。

痛さを含めた恐怖が楽しみを上回ってしまうと、球技が苦手になってしまっても不思議ではないでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?球技が苦手な人の特徴は以下になります。

 

球を怖がる

小さい時から球技に慣れ親しんでいない

トラウマがある・球を見ていない

ボールを止められない・ボールをコントロール出来ない

球に当てられない・タイミングを取れない

集団プレーが嫌い・痛い思いをしたくない

 

人間には得意不得意と言うものが確かにあります。ですが、誰でも練習することで、ある一定の水準までは確実に行けるはずです。球技が苦手と言う人の中には、単に練習や経験が不足している人もいることでしょう。もし、少しでも上達したいと思うのであれば、まずボールに触れてみることが大事なのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました