口数が少ない人13の特徴・診断

人生

口数が少ない人13の特徴・診断

ピゴシャチ
ピゴシャチ

口数が少ない人がいるよね。

イタチ
イタチ

そうね。口数が少ないことで良い印象を与える場合と、悪い印象を与える場合、両方があるように感じるな。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

口数が少ない人にはどのような特徴があるかな?

口数が少ない人度合い診断

以下の質問に答えることで、口数が少ない人度合いが分かります。

 

Q1.口が堅い方だ。

Q2.秘密主義であると思う。

Q3.人との会話に興味がない。

Q4.シンプルに考えることを好む。

Q5.愛想が悪いと言われることがある。

Q6.人との会話で間を持たせられないことがある。

Q7.人に関心がない。

Q8.内向的な性格だ。

Q9.静寂を好む。

Q10.照れ屋だと思う。

Q11.品があると言われることが多い。

Q12.遠慮する性分だ。

Q13.自分をわきまえていると思う。

 

該当個数1-2・・口数は少なくないでしょう。

該当個数3-4・・口数は多くもなく少なくもないでしょう。

該当個数5以上・・口数が少ないタイプでしょう。

 

口数が少ない人の特徴

口が堅い

口数が少ない人は口が堅い人が多いと思うわ。

口数が少ない人の特徴は「口が堅い」です。

身の周りにいる口が堅い人を観ていると、大概の場合口数が少ないという共通点が浮かび上がるのではないでしょうか?

ペラペラ話す口が堅い人というのは、あまりいないものでしょう。口数が少なくなれば、余計なことを話す確率も自動的に少なくなり、結果として口が堅い人という評価を周囲からされるようになるでしょう。

秘密主義

「秘密主義」は口数が少ない人の特徴の一つです。

口数が少ない人の中には、秘密主義の人がいるのではないでしょうか?自分のプライベートなことをあまり話したがらない人がいるものです。このような人が職場にいる場合、職務に関係すること以外は話をしたがらないことが多いでしょう。デスクワークで一人淡々と仕事をこなし、定時になれば退社するタイプであれば、話をする機会が殆どないこともあるかもしれません。

会話に興味がない

会話に興味がない人も口数が少ない人の中に入ると思うよ。

口数が少ない人の特徴は「会話に興味がない」です。

人と会話をすることに興味が無い人は大抵、口数が少ない人になるのではないでしょうか?人と話をするよりも、自分一人で思索に耽ったり、読書をしたり、好きな音楽を聴くことを好む人もいるものです。

他者との会話に興味がなければ口数は少なくなるでしょう。

シンプルに考える

「シンプルに考える」のは口数が少ない人の特徴の一つです。

ペチャクチャ話をする人を観ていると、どうでも良いことまで話をする人もいるものです。ポイントだけを話せば2分で終わる話を、脱線しながら話をしているため1時間位話をしているケースもあります。会話を楽しんでいるとも言えますが、無駄が多いと考えることも出来るでしょう。

口数が少ない人の中には、物事のポイントを押さえてシンプルに考える人もいるものです。

愛想が悪い

口数が少ないと、愛想が悪いと誤解されることもあるかもね。

口数が少ない人の特徴は「愛想が悪い」です。

愛想が悪い人は口数が少ないものです。口数が少ないから、愛想が悪く見えてしまうのかもしれません。

勿論全ての人がそうではないでしょう。ですが、人が挨拶をしても挨拶をすることもなく、口数が少なければ、愛想が悪い人だと誤解されてしまうのではないでしょうか?

間を持たせられない

「間を持たせられない」のは口数が少ない人の特徴の一つです。

会話をすることが苦手で間を持たせることが苦手と言う人がいないでしょうか?そのような人は「何を話せば良いのだろう?」「沈黙で困ったな・・」などと思い、間を持たせるのに苦労するタイプではないでしょうか?

口数が少ない人によくあることではないでしょうか?

人に関心がない

口数が少ない人の特徴は「人に関心がない」です。

相手に関心があれば口数は自然に増えるのではないでしょうか?相手に興味を持てば持つほど「これについて話をしてみよう」「これについて質問してみよう」などと相手と話をする為のネタも自然に増えるでしょう。

一方で、関心がなければ相手と話をするための材料は自然に少なくなることでしょう。

内向的

「内向的」なのは口数が少ない人の特徴の一つです。

何か物事を考える時に自分の世界に意識が向く内向的な人も、自然に口数が少なくなる人でしょう。人との会話が減るのも別に本人に悪気がある訳ではありません。

単純に自分の世界を中心として物事を考えるようになれば、外部に意識が向かなくなるでしょう。結果として、人との接点は減り会話の機会も減ってしまうでしょう。

静寂を好む

静寂を好む人も多いと思うな。

口数が少ない人の特徴は「静寂を好む」です。

家に帰り静か過ぎると寂く感じてしまうという人は、友人などとワイワイガヤガヤすることが好きな人が多いのではないでしょうか?

一方、ひっそりと静かな環境を好む人もいるものです。騒音やテレビの音などが大きいと疲れてしまうタイプの人です。

このような人の中には、人と話をしてガヤガヤすることを好まない人もいるでしょう。一人で静寂のひと時を楽しみたいというタイプです。

照れ屋

「照れ屋」は口数が少ない人の特徴の一つです。

自分の親族に口数が少ないオジサンなどがいないでしょうか?そのような人達は、表情豊かでニコニコしていたりするものの、基本的に照れ屋であることが多いのではないでしょうか?

照れ屋の人は、人と話をする時にも緊張したりして思うように話をすることが出来ないことが多いものです。

品がある

口数が少ないと品があるように見えるな。

口数が少ない人の特徴は「品がある」です。

公共交通などに乗っている時に、口を大きく開け大声でゲラゲラ笑いながら話をする人を時々見ることがないでしょうか?「楽しそうだ」と感じる人もいれば「他人がいる前で下品だ」と感じる人もいるのではないでしょうか?

一方で、人前で大人しく優雅な振る舞いをしている人を観ると、品を感じるのではないでしょうか?口数が少ないだけで品が良いという印象を相手に与えることもあるでしょう。

遠慮する

「遠慮する」のは口数が少ない人の特徴の一つです。

口数が多い人は「自分の言いたい事を相手にドンドンぶつけてそれを受け止めて欲しい」という欲求があるのではないでしょうか?結果として、自分が思ったことをドンドン話すことになるでしょう。

一方で、口数が少ない人は自分のことよりも相手の気持ちや考え方を重視することが多いのではないでしょうか?ですから、聞き役に回ることが多いのではないでしょうか?結果として、口数は少なくなるでしょう。

自分をわきまえている

口数が少ない人の中には、自分をわきまえている人もいると思うわ。

口数が少ない人の特徴は「自分をわきまえている」です。

自分の立場をわきまえないで話す人がいます。このような人は、人から厚かましい人だと思われることもあるのではないでしょうか?

一方で、口数が少ない人の中には、自分の状況や立場というものをよくわきまえる思慮深い人がいます。状況を理解しているだけに口数が少なくなるという人も多くいるでしょう。

口数が少ない人との接し方

口数が少ない人を目の前にして、どのように接すると良いかわからない・・などと悩む人も多いのではないでしょうか?そのような時は以下が重要になるのではないでしょうか?

 

・相手は話をすることが好きなのか?

・相手が沈黙に困っている様子か?

 

相手が話をすることが好きで、口数が少ない人であれば、こちらから積極的に話をすれば良いでしょう。一方で、話をすることが好きでない人の場合は無理に話すこともないでしょう。

また、相手が沈黙することに困っている時も、こちらから話をすることで多くの場合解決されるでしょう。相手が沈黙に困っていなければ、こちらから無理に話をする必要もないでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?口数が少ない人の特徴は以下になります。

 

口が堅い・秘密主義・会話に興味がない

シンプルに考える・愛想が悪い

間を持たせられない・人に関心がない

内向的・静寂を好む・照れ屋

品がある・遠慮する

自分をわきまえている

 

口数が少ないと、愛想が悪いと思われたり、人に関心がないと思われるなど悪い印象を与えることもあるでしょう。一方で、品がある、自分をわきまえているなど良い印象を与える場合もあります。どちらで受け止められるかは、相手との相性もあるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました