お金に執着しない人10の特徴

人生

お金に執着しない人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

お金に貪欲な人がいる一方で、全くお金に執着しない人もいるね。

イタチ
イタチ

そうだね。貪欲だったのに、執着しなくなる場合もあったりするね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

お金に執着しない人の特徴は以下になるよ。

お金に執着しない人の特徴

生活に困っていない

私はお金に執着しないわ。特に生活に困っているわけでもないからね。

「生活に困っていない」のはお金に執着しない人の特徴の一つです。

普通の給料を貰い、三食食べることができ、 家族も普通に幸せな生活を送ることができているので、 今の生活に満足しているという人も多いのではないでしょうか?

このように生活に困っていない人は、必要以上にお金に執着しないのかもしれません。一方で、 明日食べることもままならないという生活であればどうでしょうか?

どうしても意識がお金に向いてしまうでしょう。結果として、お金に執着する人になってしまう場合も多いのではないでしょうか? 

定期的にお金が入ってくる

お金に執着しない人の特徴の一つは「定期的にお金が入ってくる」です。

お金に執着する原因の一つとして、お金に対する不安が挙げられるでしょう。では、どのような時にそのような不安を感じるのでしょうか?

それは「お金がいつ入ってくるのかわからない」そのように感じる時ではないでしょうか? そのような状況になれば、お金に執着しても不思議ではありません。

一方で、仮に失業中であっても、生活に必要な金額以上が家賃収入として定期的に入ってくるとしましょう。すると、 お金に対する不安は少なくなり、お金に執着しない人になったとしても不思議ではありません。 

実家が裕福

割合裕福な家庭に生まれたから、お金に執着しないタイプになったと思うわ。

「実家が裕福」なのはお金に執着しない人の特徴の一つです。

世の中はある意味不公平なもので、もって生まれた金運がある人とそうでない人がいるものです。

すごく貧乏な家庭に生まれると、それだけで苦労してしまうことになります。一方で、実家が生まれながらにして裕福であれば、あまりお金の事を考えないで生活することができる場合が多いのではないでしょうか?

そうすると、自然にお金に執着しない人となるかもしれません。上級国民などがそうでしょう。 

幼少期に苦労していない

お金に執着しない人の特徴の一つは「幼少期に苦労していない」です。

「三つ子の魂百まで」と言います。良くも悪くも幼少期に経験したことを、 人は一生涯に渡って覚えていることが多いのではないでしょうか?

小さい時に、お金にまつわる辛い経験があったとしましょう。そうすると、必要以上にお金を持つことに執着してしまうかもしれません。

一方で、幼少期に お金に関してあまり苦労しなかったとしましょう。お金に関する恐怖感は減るかもしれません。結果として、必要以上に執着しなくて良くなるでしょう。

生活が安定している

「生活が安定している」のはお金に執着しない人の特徴の一つです。

いくら今現在の生活が裕福であったとしても、仕事が不安定であったり環境が不安定であったりすると、 いざという時に備えてお金を必要以上に大切にしようとするでしょう。

例えば、多額の住宅ローンを抱え、その上子供がいる状況で会社の先行きが分からないという状況であるとしましょう。そうなれば、お金のことについて考えてしまうでしょう。その結果、お金に執着する人もいるでしょう。

一方で、年功序列の大企業で働いている人や公務員で借金などがない人は、生活が安定しているためにいるために必要以上に執着しないで済むでしょう。 

貯金に興味がない

お金に執着しない人の特徴の一つは「貯金に興味がない」です。

貯金の面白さに取りつかれている人も多いのではないでしょうか?貯金通帳に定期的にお金が貯まってくると、 それを眺めているだけで思わずにっこりしてしまう人も多いでしょう。

もし過度に、貯金することにハマってしまうと、 必要以上にお金に執着してしまう場合もあるのではないでしょうか?

一方で、貯金にあまり興味がないとしましょう。そうすると、お金に執着することが少なくなるかもしれません。 

周囲にお金に執着しない人が多い

お金に執着しない人が周りに多いためか、お金について考えることが殆どないな。

「周囲にお金に執着しない人が多い」のはお金に執着しない人の特徴の一つです。

人間は良くも悪くも、周囲に影響される場合が多いのではないでしょうか? お金に関しても例外ではないでしょう。

もし、自分の付き合いのある人達がお金に関して執着しない人達だとしましょう。 そうなると、自分も次第にそのような人の影響を受けていくのではないでしょうか?

一方で、1円単位までキッチリ割り勘するような人ばかり囲まれているとしましょう。そうすると、自然にお金に執着する人になっていたとしても不思議ではありません。 

ストレスがない

お金に執着しない人の特徴の一つは「ストレスがない」です。

人間は様々なストレス解消方法を持っています。スポーツをしたり、読書をしたりすることで解消する人もいるでしょう。お金を使うことで、ストレスを解消する人も多いのではないでしょうか?

このような人は、自分の手元からお金がなくなると非常に困ったことになるかもしれません。ですから、お金に執着してしまう人もいるでしょう。

一方で、あまりストレスがなかったり、お金を使うことがストレス解消法になっていない人は、お金に執着しない人であることが多いのではないでしょうか? 

物欲がない

物欲がないためかお金に執着がないね。

「物欲がない」のはお金に執着しない人の特徴の一つです。

世の中には物欲が強い人とそうではない人がいます。後者は、お金に執着することが少ないのではないでしょうか?

毎日胃袋を満たし、それなりの住宅に済むことができれば、それで満足という人がいます。このような人は、物欲がないことが多いのではないでしょうか?結果として、あまりお金に執着しなくて済むのです。

一方で、食事、衣服、住居全てのものが一流でなければ気が済まないというタイプの人は、お金に執着する人となっても驚かないでしょう。 

忙しい

お金に執着しない人の特徴の一つは「忙しい」です。

毎日朝から晩まで仕事に追われていたり、日々の雑務に追われているとしましょう。そのように時間がない人は、お金について考える暇さえないかもしれません。結果として、お金に執着することも少ないのではないでしょうか?

一方で、暇な時間がたくさんあるとしましょう。 そして、そのような人が日常的に住宅ローンの支払いや子供の教育費のことについて考えているとしましょう。

そうなると、どうしてもお金に関することばかりが気になり、お金に執着する人となってしまっても不思議ではないでしょう。 

まとめ

いかがだったでしょうか?お金に執着しない人の特徴は以下になります。

生活に困っていない・定期的にお金が入ってくる

実家が裕福・幼少期に苦労していない

生活が安定している・貯金に興味がない

周囲にお金に執着しない人が多い

ストレスがない・物欲がない・忙しい

どのような人にとってもお金は大切なものです。お金にだらしない人はトラブルの原因になるでしょう。ですが、あまりにもお金に執着し過ぎると、疲れてしまうことが多いのではないでしょうか?また、周りにいる人も困ってしまうかもしれません。お金に対する執着をなくすためには、まず安定し、ストレスが少ない生活を目指すのが一番ではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました