話を聞くのが好きな人10の特徴

人生

話を聞くのが好きな人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

聞き上手な人がいるよね。ついつい話をしてしまいたくなるような不思議な魅力がある人だね。

イタチ
イタチ

そうだね。気付けば長い時間、夢中になって話をしてしまう人がいるよ。そういう人は話を聞くのが上手であり、聞くのが好きな人だと思うな。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

話を聞くのが好きな人の特徴は以下になるよ。

話を聞くのが好きな人の特徴

相手の話に興味がある

「話を聞くのが上手」と褒められる時があるけれど、相手の話に興味があるからだと思うわ。

「相手の話に興味がある」のは話を聞くのが好きな人の特徴の一つです。

世の中は、自分の話を聞いて欲しい人の方が多いのではないでしょうか?そんな中で、話を聞く方が好きだと言う人もいるものです。

このような人は大抵、自分の話をするよりも相手の話に興味があるタイプなのではないでしょうか?興味の対象は幅広いかもしれません。相手の趣味、家族構成、仕事、恋愛、結婚生活など全てに対して興味があるタイプかもしれません。

相手に興味があれば、様々な疑問が自然に湧き、相手の話を聞きながら疑問を投げかけることができるでしょう。話を聞いて欲しい人は大抵、ただ聞いて欲しいだけではなく「自分の話を真剣に聞いて欲しい」と言う願望を持っているものです。従って、適度に疑問を投げかけるこの種の人達は、話を聞いて欲し人たちから非常に重宝されることでしょう。

相槌がうまい

話を聞くのが好きな人の特徴の一つは「相槌がうまい」です。

話を聞くのが好きな人は、相槌がうまい人も多いのではないでしょうか?「そうだね」「そうなの?」などと、相手の話にうまく乗りながら、絶妙に相槌を打つことができる人でしょう。

多くの人は自分がたくさん話をしたいものではないでしょうか?そのような人から見れば、自分が話す事柄にうまく相槌を打ってくれる人は、心地よい存在になるのではないでしょうか?

話を聞くことが好きな人は、相槌をうまく使い、相手の気持ちを探りながら、相手の話を聞き続けることが好きな人も多いでしょう。

話を引き出すのがうまい

話を聞くのが好きな人は、話を引き出す技術に長けていると思うわ。

「話を引き出すのがうまい」のは話を聞くのが好きな人の特徴の一つです。

話を聞くのが好きな人は、話を引き出す技術に長けている人も多いのではないでしょうか?相手にたくさん話をしてもらうためには、適度に相槌を打つことも必要ですが、様々な疑問を投げかける力も必要になるのではないでしょうか?

例えば、 夫の浮気について悩んでいる女性の話を聞いているとしましょう。 そんな時に、相槌ばかりだけでなく「今回が初めてなの?」などと疑問を投げかけると、相手はさらに話を深く掘り下げて話しやすくなるかもしれません。話を聞くのが好きな人は、このように話を引き出す技術に長けていることが多いのではないでしょうか? 

おとなしい

話を聞くのが好きな人の特徴の一つは「おとなしい」です。

話を聞くのが好きな人の中には、おとなしいタイプも多いのではないでしょうか?口数が少ない人と言ってもいいかもしれません。このような人は、自分の心の中で思うことがあったとしても、自分の頭の中で解決してしまうタイプでしょう。ですから、人に積極的に話をしようなどと思うことは少ないのではないでしょうか?結果として、自分から話をするよりも、相手の話を聞くことになるのではないでしょうか?

消極的

「消極的」なのは話を聞くのが好きな人の特徴の一つです。

自分の話をたくさん聞いて欲しい人の中には、厚かましい人も多いのではないでしょうか?相手の予定を考えずに、一方的に話をついついしているのではないでしょうか?

一方で、話を聞くのが好きな人は、真逆である事が多いのではないでしょうか?自分が話したいことがあっても、その消極的な性格故に、なかなか思うように自ら話をすることができないタイプも多いでしょう。

話すことがない

話を聞くのが好きな人の特徴の一つは「話すことがない」です。

話を聞くのが好きな人の中には、自分から話すような話題がないと言う人もいるのではないでしょうか?毎日平凡な生活を送っていて、大して面白いことや刺激的なことがある訳でもなく、いたって普通の生活を送っている状態の人も多いのではないでしょうか?

平凡な毎日であるが故に「自分から話すことなんか、どうせ面白くはないだろう」などと思い、積極的に相手に話をしない人もいるでしょう。そうなると、自ら話をするよりも話を聞くほうに回ってしまうことが多いのではないでしょうか?

よく話を聞かされる

話を聞くのが好きな人は、人から話を聞かされる機会が多いと思うよ。

「よく話を聞かされる」は話を聞くのが好きな人の特徴の一つです。

話を聞くのが好きな人は、よく話を聞かされるのではないでしょうか?「本当は話を聞くのが好きではない」と思っていても、よく話を聞かされて疲れてしまうことも多いのではないでしょうか?話をする相手から見ると、自分の話をきちんと聞いてくれる人に映るのかもしれません。

あまり深く考えないで聞ける

話を聞くのが好きな人の特徴の一つは「あまり深く考えないで聞ける」です。

話を聞くのが好きな人の中には、あまり深く考えないで聞ける人も多いのではないでしょうか?

人の話を聞くことが多いタイプの人は、相手の深刻な話を聞くこともあるでしょう。話をしたがる人は、深刻な問題だからこそ、相手に話をし、自分の気持ちを楽にしたいと言う心理があるでしょう。ですから、聞かされる方は、たとえ聞きたくないと思っていても、邪険な扱いもできないものです。かといって、深刻な話を真剣に聞き過ぎると、具合が悪くなってしまうこともあるのではないでしょうか?

話を聞くのが好きな人は、たとえ深刻な話であったとしても、あまり感情移入することなく淡々と聞く才能もあるのではないでしょうか?そのような才能があるために、深刻な話を聞くこととなっても引きずらないで済むでしょう。

気を遣う性格

話を聞くのが好きな人は、気を遣う人だと思うな。

「気を遣う性格」は話を聞くのが好きな人の特徴の一つです。

話を聞くのが好きな人は、気を使う性格の人も多いのではないでしょうか?気が利く人である場合が多いでしょう。

相手が言った一言から、相手の気持ちを絶妙に察することができ、相手に合わせた話をうまくすることができる人でしょう。相手から喜ばれるように話をすることが出来るものの、気を遣い過ぎて疲れてしまうこともあるかもしれません。

話を聞いて欲しいと言われる

話を聞くのが好きな人の特徴の一つは「話を聞いて欲しいと言われる」です。

話を聞くのが好きな人は、よく「ちょっと話を聞いて欲しいのだけれど」と、人から言われることが多いのではないでしょうか?それは、聞き上手だからでしょう。

絶妙に相槌を打ち、適度に疑問を投げかけ、相手の話を真剣に聞いているように見えるタイプの人は、話をしたい人にとっては非常にありがたい存在です。結果として「あの人になら、自分の悩みを打ち明けることができそうだ」などと思われることも少なくないでしょう。腹を割って話せる人になることも多いのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?話を聞くのが好きな人の特徴は以下になります。 

 

相手の話に興味がある・相槌がうまい

話を引き出すのがうまい・おとなしい

消極的・話すことがない

よく話を聞かされる・あまり深く考えないで聞ける

気を遣う性格・話を聞いて欲しいと言われる

 

話を聞くのが好きな人は、時には疲れるかもしれませんが、これも天から与えられた一つの才能と言えるのではないでしょうか?その才能を活かすことで、他の仕事ができたり、人間関係を広げることができるかもしれません。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました