声低い女子 あるある10選![エピソード]

人生

声低い女子 あるある10選![エピソード]

ピゴシャチ
ピゴシャチ

声が低い女子がいるね。

イタチ
イタチ

そうだね。どんなあるある話があるかな?

ピゴシャチ
ピゴシャチ

声が低い女子あるあるは以下になるよ。

声低い女子 あるある

誤解や聞き間違い

声が低いせいでよく誤解が生じるのよね。

「誤解や聞き間違い」は声低い女子 あるあるの一つです。

女性A(声が低い): あ、こんにちは!最近、新しいレストランができたんですよ。

女性B: あ、こんにちは!新しいレストランができたんですか?どこのレストラン?

女性A(声が低い): ええ、そうなんです。それが…近くのショッピングモールにできたんです。

女性B: 近くのショッピングモールに?ちょっと聞き取りづらいんですけど、どこのモール?

女性A(声が低い): あ、ごめんなさい。ショッピングモールは…〇〇モールです。

女性B: 〇〇モールですね、分かりました!

(後日、女性Bが別の友達と話す時)

友達: 最近、新しいレストランができたって聞いたよ!どこのレストランか知ってる?

女性B: うん、〇〇モールにできたんだって!

友達: 〇〇モール?違うと思うけど…近くのモールにできたって聞いたんだけど。

女性B: え、違うの?でもAが言ってたのは〇〇モールだよ。

友達: もしかして、Aの声が低いから聞き間違えたんじゃないの?

女性B: それ、あり得るかも…声が低いときはよくそういうことあるんだ。

性別の誤認

声低い女子 あるあるの一つは「性別の誤認」です。

女性A:ねえ、最近声が低いことで困ることがあるんだよね。友達と一緒にいるときに、たまに店員さんが私を男性と間違えることがあるんだよ。

女性B:本当に?それはちょっと面白いね。どんなエピソードがあるの?

女性A:この前、友達とカフェに行ったときのことなんだけど、注文を取りに来た店員さんが私に「ご注文はお決まりですか、お兄さん?」って言ってきたのよ。

女性B:笑っちゃうね!それでどうしたの?

女性A:最初はちょっとびっくりしたけど、笑ってごまかして注文をしたよ。でも友達が笑いをこらえるのを見て、もう我慢できなくなってみんなで大爆笑しちゃったんだ。

女性B:それは楽しいシチュエーションだね!私も一度経験してみたいかも。声が低いって、確かに外見とギャップがあるかもしれないけど、その分予想外の面白いことも起きそうだね。

女性A:そうだよね。でも時々、ちょっと不便なこともあるんだよ。例えば、電話でのやり取りがあるとき。知らない人から電話がかかってきたりすると、声だけで私の性別を間違えられることがあるんだ。

女性B:それはちょっと面倒かも。でも、声の印象って意外と強く影響を与えるよね。私も声が低いほうだけど、今までそういうことはあまりなかったな。

女性A:そうなんだ。でも、そのぶん私は個性的だと思って、前向きに受け止めてるよ。声が低いからこそ、人々の予想を裏切ることができるし、面白い経験もたくさんできるから。

女性B:そのポジティブな考え、すごく素敵だね!声の低さが新たな冒険をもたらしてくれるんだね。

女性A:そういう風に捉えてると、結局は自分が楽しい思いをすることができるから、いいんだと思うよ。声の低さだって、私の個性の一部だから。

女性B:確かに、その通りだね。

自信の欠如

私は声が低いのがコンプレックスなんだ。

「自信の欠如」は声低い女子 あるあるの一つです。

女性A:ねえ、Bちゃん、最近声が低いっていうか、地声がコンプレックスだなって思うこと、ある?

女性B:うん、その通りだよ。私、いつも声が低いって思ってて、特に電話とかで話すときは恥ずかしいな。

女性A:わかるわー。私も同じで、会議とかで発言するときとか、いつも声が聞こえてるんじゃないかって気になって、どうしても自信を持ちにくくなるの。

女性B:そうそう、私も同じ感じ。前に大事なプレゼンがあったんだけど、そのとき声が震えてしまって。その後、同僚に「声が弱ってたね」と言われて、すごく凹んじゃった。

女性A:それってすごく分かる。私も昔、友達に「声が男っぽいね」と言われたことがあって、それから声に自信が持てなくなっちゃったんだよね。まるで自分の声が他人にどう見られているかが気になるんだよね。

女性B:その通り!私も声のことを考えすぎて、自分の言ってることよりも声のことばかり気にしてしまうことがある。それで、本当に言いたいことが伝わってるのか不安になっちゃうこともあるんだ。

女性A:でもね、最近は自分の声がどうだとかじゃなくて、言葉や伝えたいことが大切だって思うようにしてるんだ。声の特性は個性だし、自分らしさだって言えるようになったんだ。

女性B:それって素敵な考え方だね。やっぱり大切なのは自分の気持ちを伝えることなんだよね。声の低さがあっても、自信を持って伝えていきたいな。

女性A:そうそう、だからBちゃんもぜひ自分の声に自信を持って、思いっきり自分を表現していってほしいな!

女性B:ありがとう、Aちゃん!お互いに声のコンプレックスを克服して、自信を持っていこうね!

いじめやからかい

声低い女子 あるあるの一つは「いじめやからかい」です。

女性A(声が低い): ねえ、Bちゃん、最近ちょっと気になることがあってさ。私、声が低いってよくからかわれるんだよね。学校でも職場でも、いつも冷やかされてる感じがするの。

女性B: そうなの?それって大変だね。私はその辺り気にしたことなかったけど、声ってやっぱり人の印象に影響するよね。

女性A: うん、その通り。たまに友達からも「お前男の子みたいな声だよ」とかって言われちゃうんだよ。最初は笑って受け流してたけど、だんだん嫌な気分になってきたんだ。

女性B: そういうのって、確かに傷つくよね。私も昔、歯並びが悪いことをからかわれて、いじめられたことがあったな。そのせいで笑われるのが怖くて、人前で話すのも避けるようになったんだよ。

女性A: それ、すごくわかる。私も会話の中でちょっとした言葉選びや、声のトーンに気を使うようになったんだ。でもそれって、自分を偽るような気もして、つらいこともあるんだよね。

女性B: それは辛いよね。自分を自然体で表現したいけど、他人の目を気にしてしまうっていうのは難しいことだよね。私も歯並びのことで自信を失ったけど、時間が経つにつれて自分を受け入れることができたんだ。

女性A: でもどうやったらそういう風にポジティブに考えられるのかな?声が低いことは変えようがないし、他人の言葉に左右されずにいたいんだけど。

女性B: それは確かに難しい問題だけど、まず大切なのは自分を受け入れることだと思う。私も最初は他人の評価ばかり気にしてたけど、自分の良いところを見つけることで自信がついてきたんだよ。声が低いことも、あなたの個性の一部であり、魅力的な要素だと捉えることができるかもしれないね。

女性A: そう言ってもらえると、ちょっと心が軽くなるよ。自分を受け入れるって大切だよね。Bちゃんの言葉、ありがとね。

女性B: どういたしまして。だから、どんな声でも、どんな個性でも、あなたらしさを大切にしてほしいな。きっとそれが周りの人たちにも伝わるよ。

パフォーマンス不安

「パフォーマンス不安」は声低い女子 あるあるの一つです。

女性A:ねえ、B、最近プレゼンテーションの際に声が低いってことでパフォーマンス不安を感じることが多いんだよね。私だけかな?

女性B:A、それは全然私も同じことを感じるよ。私も公の場で話すとき、声が低くなってしまって自信を失うことがあるんだ。だから、絶対に1人で抱え込まないでほしい。

女性A:そうなの?でも、なんか声が低いとどうしても自分がしっかり伝わらない気がして、それがプレゼンの質に影響しそうで怖くて…

女性B:分かる気持ち、すごくよく分かるよ。昨日のミーティングで私も同じことがあったんだ。新しいアイデアを提案するとき、声が震えちゃって自分でも引いちゃったよ。

女性A:それって、他の人から見たらどう見えるんだろうって思っちゃうよね。まるで自分が自信なさそうなイメージを与えてしまうんじゃないかって。

女性B:そうなんだよね。でも、実際のところ声のトーンや大きさよりも、伝えたいことに自信を持って語ることが大事なんじゃないかなと最近思っているんだ。私たちの考えやアイデアが大切なんだから。

女性A:その通りだと思う。でも、それってなかなか実践するのが難しいよね。どうやったら自信を持って話せるようになるんだろう?

女性B:確かに難しいけれど、少しずつ克服できる方法もあると思うよ。例えば、鏡の前で自分に向かって話してみるのはどうかな?自分の声や表情を確認しながら話すことで、少しずつ自信をつけられるかもしれないし。

女性A:それはいいアイデアだね。それと、適度に緊張感を持ちつつも、相手とのコミュニケーションを楽しむことも大事かもしれないね。

女性B:そう、楽しむことが大切だと思う。私たちの声が低いからって、自分のアイデアや考えが価値がないわけじゃないんだから、自信を持って表現していきたいよね。

女性A:そうだね。ありがとう、B。話してみて、すごく心が軽くなったよ。一緒にがんばって、自信を持ってパフォーマンスできるように頑張ろう!

女性B:きっと大丈夫だよ、A。お互いサポートしあって乗り越えていこう!

声に対する指摘

声低い女子 あるあるの一つは「声に対する指摘」です。

女性A(声が低い):最近、ちょっと嫌なことがあったんだよね。声が低いことについて、また人から言われちゃったの。

女性B:え、また?どうしたの?声のことで何か言われたの?

女性A:うん、そうなんだ。昨日、仕事の会議でね、ちょっとした休憩中に近くにいた同僚に、「あのさ、声低いよね?」って言われちゃってさ。

女性B:まさか、また同じこと言われたの?それ、すごく失礼だし、ちょっと嫌な気持ちになっちゃうよね。

女性A:そうなんだよ。最初はなんて返事すればいいか分からなくてさ。でも、でもね、それだけじゃないの。友達からも同じこと言われて、最近はちょっとストレスになってきてるんだ。

女性B:それは大変だね。友達からもっていうのは、なんだか余計にプレッシャーに感じるかもしれないね。

女性A:うん、その通り。だって、声ってさ、自分ではどうしようもないことだし、そこを指摘されるのはなんか自信を喪失するみたいな気持ちになるの。

女性B:わかるわ。でも、そういう人ってたくさんいるし、声が低いこと自体、本当に大した問題じゃないんだよ。それを指摘する人たちも、あまり気にしないほうがいいって思うな。

女性A:そう言ってくれるとちょっと気が楽になるよ。でも、どうしても気になっちゃって、声を出すたびに自分の声に不安を感じちゃうんだ。

女性B:それなら、自分を変える必要は全然ないよ。声が低いことがあなたの魅力のひとつだと思うし、他人の言葉に惑わされずに、自分を受け入れることが大切だと思うよ。

女性A:ありがとう、B。そう言ってもらえると、ちょっと心が軽くなるよ。自分を大切にして、自信を持っていこうって思えるよ。

女性B:いいと思うよ。他人の評価に囚われず、自分の価値を知ることが大切だからね。声が低いからって、あなたの素敵な人間性に変わりはないんだから。

女性A:そうだね。本当にありがとう。

役割の制約

声が低いせいで色々制約があるんだ。

「役割の制約」は声低い女子 あるあるの一つです。

女性A(声が低い):ねぇ、B、最近また仕事でちょっとしたことで悩んでるの。私、声が低いからかなり制約を感じることがあるのよ。

女性B:え、そうなの?どんなことがあったの?

女性A:先日、プレゼンテーションをする機会があって。内容はしっかりと準備してきたんだけど、プレゼンの途中で私の声がちょっと震えちゃって。そしたら、ちょっとした笑い声が聞こえたの。その瞬間、自分の声が低いことが気になって、余計に緊張しちゃったわ。

女性B:それは大変だったね…でも、声の高低ってプレゼンの内容には関係ないと思うけど。

女性A:そうなのよ。でもね、私が話しているときに、何か違和感を感じる人もいるみたいで。同僚が「あの、声が低いけど大丈夫?」って心配そうに言ってきたの。それから、会議でも自分の意見をしっかりと主張しづらい時があるの。声が低いからか、自信を持ちづらく感じるのよね。

女性B:それはちょっと辛いね。でも、声が低いからといって自分の意見を言わないのはもったいないと思うよ。声の高さよりも、自分の考えや意見の重要性が大切だと思うし、相手もそれを認めてくれるはずだよ。

女性A:Bの言葉、とっても励みになるわ。でも、やっぱり周りに合わせて声を出すのが難しい時があるのよね。特に男性が多い業界では、私の声が浮いてしまう感じがして。

女性B:分かる気持ちだけど、自分を変える必要はないと思うよ。声が低いからこそ、他の人とは違った魅力や影響力を持つこともできると思うんだ。大事なのは、自分の声を自信を持って使うことだよ。

女性A:ありがとう、B。そう言ってもらえると、前向きな気持ちになれるわ。声が低いことに対するコンプレックスを、少しずつ克服していけたらいいな。

女性B:きっと大丈夫だよ。自分を信じて、自分の声を大切にしていってね。私もいつでも応援してるから!

声のボリューム

声低い女子 あるあるの一つは「声のボリューム」です。

女性A:「ねえ、Bちゃん、最近声が小さく聞こえるって言われたことある?」

女性B:「うん、すごくよくあるんだよね。私の声、結構低いから、大きな場所とか騒がしいところだと、ちょっと届きにくいことがあるんだよ。」

女性A:「わかるわかる!私も同じだよ。昨日、友達とカフェに行ったんだけど、店内がちょっと賑やかだったから、私の声が全然通じなくて大変だったわ。」

女性B:「私も同じことあるよ!昨日さ、会社のミーティングでプレゼンしてたんだけど、会議室が広くて人も多かったから、声がうまく届かなくて焦っちゃったんだよね。」

女性A:「そうそう、私もその感じ、よくわかる。だから事前にちょっとした工夫が必要だよね。」

女性B:「確かに。私は最近、大きな会場で話すときは、マイクを使うようにしてるんだ。そうすると、声の大きさに関係なくみんなにちゃんと聞いてもらえるから助かるんだよね。」

女性A:「それいいアイディアだね。私も真似してみようかな。あとは、声のトレーニングとかもしてみたりしてるよ。」

女性B:「それも大事だよね。私は昔、声のコーチングを受けたことがあるんだ。声の使い方や発声のポイントを教わって、結構効果があったよ。」

女性A:「それは興味深いな。私も機会があれば受けてみようかな。とにかく、低い声の人同士、声に関する工夫やアイディアを共有していくのが大切だよね。」

女性B:「そうだね!お互いの経験をシェアして、声の悩みを解決していけたらいいね。」

女性A:「そうだね、これからも声が低いっていう特徴を活かして、自信を持ってコミュニケーションを楽しんでいこう!」

女性B:「私たちの声だって、私たち自身の魅力の一部だから、大切に使っていきたいね。」

音楽や歌唱における制約

私声が低いから、歌える曲が限定されるの。

「音楽や歌唱における制約」は声低い女子 あるあるの一つです。

女性A:最近歌の練習してるんだけど、高音域の曲が全然上手くいかなくて困ってるの。声が低いからかなあ。

女性B:あ、分かる分かる!私も声が低い方だから、高音域の曲って本当に難しいよね。でもあきらめちゃダメだよ。私も最初は全然無理だったけど、ちょっとずつ練習してるうちに少しずつ上手くなってきたよ。

女性A:そうなの?それは励みになる!でもやっぱり、どうしても限界を感じることがあってさ。高音のノートになると、声がかすれたり裏返ったりしちゃって…

女性B:それ、私もわかる。でもね、私は限界を感じるたびに、低音域の歌やジャンルに挑戦してみることにしてるの。だって声が低いってことは、低音の表現力が高いってことでもあるじゃん。ジャズやR&Bの曲とか、声が低い女性歌手が輝くジャンルもたくさんあるよ。

女性A:なるほど、そういう考え方もあるんだね。でもやっぱり、ポップソングのような高音が要求される曲も歌いたいなあ。どうしたら上手くなるかな?

女性B:それなら、まずは正しいボイトレを受けることをおすすめするよ。声の出し方や息の使い方、声帯のケアなど、プロの指導を受けることで効果的に高音域を伸ばせる方法を学べるし、無理なく練習できるようになるよ。

女性A:なるほど、プロの指導か。ちょっと練習だけじゃなくて、ちゃんと基本から学ぶってことね。それなら試してみる価値はありそうだな。ありがとう、Bちゃん!

女性B:どういたしまして!一緒に頑張ろうね。

コミュニケーションの特異性

声低い女子 あるあるの一つは「コミュニケーションの特異性」です。

女性A: 声が低い女子によくある特徴って聞いたことある?私、最近声が低いってよく言われるんだよね。

女性B: え、そうなの?確かに、最近Aちゃんの声ってちょっと低くなったかも。でもそれってどんな特徴なの?

女性A: そうなんだよ!調べたら、声が低い女子ってコミュニケーションのスタイルがちょっと違うらしいんだ。声の特異性からくるんだって。

女性B: それってどういうことなの?教えて!

女性A: たとえばさ、昨日学校であった面白い出来事があってさ。私が友達と話してたら、声が低いせいか、なんか人の話にじっくり耳を傾けて、相手の気持ちをよく理解しようとするようになった気がするの。

女性B: へえ、それって良いことじゃない?相手に尊重されてる感じがするよね。

女性A: そうなの!それに、声が低いってどうしても周りからは「しっかりしてる」とか「落ち着いてる」って見られることが多いんだ。それで、私も自然と物事を冷静に考えて、冷静に行動するようになった気がする。

女性B: それって、声の特異性からくるコミュニケーションのスタイルってことなのかな。だからAちゃん、最近余裕があるって感じかもしれないね。

女性A: その通り!私も以前は違ったかもしれないけど、声が低くなったことでいろんなことが変わってきた気がするんだ。

女性B: それって本当に興味深いね。声の特異性が、自分のコミュニケーションスタイルやパーソナリティに影響を与えるなんて、新しい発見だよ。

女性A: そうなんだよ!だから、声が低い女子も決してマイナスじゃなくて、むしろ独自の魅力やコミュニケーション力を持ってるんじゃないかなって思うんだ。

女性B: その考え、素敵だね!声の高低が人の個性を表す一つの要素になってるんだね。

女性A: そうなんだ!だから、これからも自分の声を大切にしたいし、声が低いことで得られるポジティブな側面を大いに活かしていきたいんだ。

女性B: 応援するね!

このページに興味がある方にオススメのページ

怒鳴る人 育ち

下品な人 育ち

無神経な人 育ち

気が強い人の育ち

声が大きい人 育ち

歌が下手な人 特徴

マイペースな人 育ち

生活音がうるさい人 育ち

カラオケ 上手い奴 うざい

まとめ

声が低い女性には、彼女たち自身の個性と魅力が備わっているものです。声のトーンや質は、その人の内面や人格を反映する一つの要素であり、決して「普通」や「一般的」の枠組みで評価されるべきものではありません。声が低い女性によくある特徴は、彼女たちの自信、落ち着き、深みのある考え方といった素晴らしい特質と結びついています。

これらの女性は、しばしば他人とのコミュニケーションで魅力的な存在となります。声の低さは、聞く人に対して安心感を与え、親近感をもたらすことがあります。彼女たちは自分自身をしっかりと受け入れており、他人の評価や社会的な期待に振り回されることなく、自分の意見や信念を持っています。

声の低さがもたらす自然な落ち着きは、ストレスの多い状況でも冷静な判断力を保つのに役立ちます。また、感情豊かな表現ができるため、共感力が高く、人々が心を開きやすい環境を作り出します。これにより、深い人間関係を築く能力が向上し、周囲の人々にとって信頼できる存在となることがあります。

声の低い女性が抱える誤解や偏見も存在しますが、大切なのは彼女たち自身が自分を受け入れ、自信を持ち続けることです。声のトーンは外見や印象を左右する一要素に過ぎません。最も重要なのは、内面の豊かさと個性を大切にし、自分の声を自信を持って表現することです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました