本当の自分をわかってくれる女性は貴重な10の理由

人生

本当の自分をわかってくれる女性は貴重な10の理由

ピゴシャチ
ピゴシャチ

本当の自分をわかってくれる人は、そうそういないね。両親ですら本当の自分を理解してくれない場合が殆どではないかな?

イタチ
イタチ

そうだね。そう考えると、本当の自分をわかってくれる女性も希少だね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

本当の自分をわかってくれる女性は貴重な理由は以下になるよ。

本当の自分をわかってくれる女性は貴重な理由

本音を言える

自分の本音を妻には言えるからありがたいよ。

「本音を言える」のは本当の自分をわかってくれる女性は貴重な理由の一つです。

長年夫婦関係や恋人関係を続けている人でも、パートナーに自分の本音を言えない人達も多いのではないでしょうか?「嫌われたらどうしよう」「こんなこと言えるわけがない」などと思いながら、妻や彼女と時を一緒に過ごしている人も多いはずです。

本当の自分をわかってくれる女性をパートナーに持つ男性は、そのようなことを気にせずに自分の思ったことや感じたことを素直にぶつけることができるのではないでしょうか?

時には、それが原因でケンカすることもあるかもしれませんが、本当の自分をわかってくれる女性であるからこそ、関係を修復するのも難しくはないでしょう。 

尊敬し合える

本当の自分をわかってくれる女性は貴重な理由の一つは「尊敬し合える」です。

異性と長く関係を続けていくためには、お互いに尊敬し合えることが重要なのではないでしょうか?

不仲な夫婦や恋人達は、尊敬し合える部分が少ないことが多いのではないでしょうか?

例えば「誰のおかげでこんな良い生活が出来ているんだ」と夫がたびたび口にする家庭では、夫は妻に対する尊敬が欠けているでしょう。

また、夫がそのような言動をする場合、妻が夫に対して尊敬が欠けていることから生じている場合もあるかもしれません。

いずれにしても、尊敬しあえる夫婦であることは重要です。本当の自分をわかってくれる女性がパートナーの場合、尊敬し合えることが多いのではないでしょうか? 

日々疲れない

好きでも疲れる女性、疲れない女性がいるから不思議だよ。

「日々疲れない」のは本当の自分をわかってくれる女性は貴重な理由の一つです。

付き合っていると疲れてくる彼女や妻がいるはずです。 そのような人は大抵の場合、自分のことをわかってくれない女性なのではないでしょうか?

例えば、彼女や妻が味噌汁を作ったとしましょう。そして、彼氏や夫が「この味噌汁少し塩辛く感じるよ」と言ったとしましょう。本当の自分をわかってくれる女性はそのような時に、純粋に「今日は味噌を沢山入れすぎたかな?」などと考えるでしょう。

一方で、本当の自分をわかってくれていない女性が聞いた時には「私の味噌汁がまずいって言うの!」などと怒り始めたりするものです。

女性側が男性側が考えることを本当に理解していないかったり信じていないからこそ、誤解が生じてしまうのです。 

なかなかいない

本当の自分をわかってくれる女性は貴重な理由の一つは「なかなかいない」です。

男性が彼女や妻に対して求める条件はさまざまでしょう。「美人の女性でなければだめだ」「料理が上手い女性でなければだめだ」などと、人それぞれ考え方はあるでしょう。「本当の自分をわかってくれる女性でなければダメ」という人もいるはずです。

美人や料理上手は探せば割合スグに見つかるかもしれませんが、本当の自分をわかってくれる女性を探すのは非常に厄介ではないでしょうか?

実際に女性と時間をかけて話したり行動を共にしなければ、探り当てることはできないためです。そういった意味では非常に貴重な存在です。

生活にハリが出る

「生活にハリが出る」のは本当の自分をわかってくれる女性は貴重な理由の一つです。

男性が「一生懸命働こう」「真面目に生きよう」と思う理由の一つとして、本当の自分をわかってくれる女性の存在があるのではないでしょうか?

こういった女性は、なかなか存在するものではありません。ですから、そんな女性を「悲しませたくはない」「喜んでもらいたい」と男性は思うことでしょう。

それが毎日の生活にハリを与えるのです。日々の生活にハリがあれば男性は、強力なエネルギーを獲得したも同然です。 

自分に自信を持てる

本当の自分をわかってくれる女性は貴重な理由の一つは「自分に自信を持てる」です。

男性にとって、本当の自分をわかってくれる女性は、 あげまん女性であることが多いのではないでしょうか?

その理由の一つに、男性が自分に自信を持てることが挙げられるでしょう。毎日仕事をしているとストレスが溜まることがあるでしょう。また、妙に考えこんでしまい自分自身に対する自信を失ってしまうこともあるでしょう。

そのような時に、本当の自分をわかってくれる女性が側にいると、励まされることも多いのではないでしょうか?これが自分に自信を持つことにつながるのです。そういった意味で、このような女性は非常に貴重な存在と言えるでしょう。 

なかなか出会えない

世界広しと言えども、妻以外自分のことを本当に理解してくれる人はいないと思うよ。

「なかなか出会えない」のは本当の自分をわかってくれる女性は貴重な理由の一つです。

本当の自分のことをわかってくれる女性というのは、なかなか出会うのが難しいのではないでしょうか?

これまで多数の女性とお付き合いをしてきたという男性であったとしても、本当の自分をわかってくれる人と出会えたことは少なかったのではないでしょうか?

つまり、それは出会える確率が低いということです。そう考えると、そのような女性に出会えた時は非常にラッキーだと言えるのではないでしょうか? 

生涯のパートナーに最適

本当の自分をわかってくれる女性は貴重な理由の一つは「生涯のパートナーに最適」です。

結婚生活がうまくいく人とうまくいかない人もいるものです。こればかりは運次第と言えなくもありませんが、運以外の要素をあえてひとつだけ言うとすれば、本当の自分をわかってくれる女性と結婚できた人は長続きするのではないでしょうか?本当の自分をわかってくれる女性は、いい奥さんになる人なのです。

自分のことを好きになってくれる人はたくさんいるかもしれません。ですが、好き嫌いで結婚をすると、時間が3年も経過すればその熱さはいつの間にか失われてしまう場合が多いのではないでしょうか?

そして、夫婦関係が倦怠期に入り、妻が浮気される人になったり、毎日喧嘩が耐えなくなり最悪の場合は別れる場合もあるでしょう。

本当の自分をわかってくれる女性と結婚した人は、倦怠期などが少ないのではないでしょうか?単にお互い燃え上がって結婚したものとは根本的に違うからです。 

いざと言う時に信頼できる

いざという時に、信頼できる彼女や妻でなければ困るね。

「いざと言う時に信頼できる」のは本当の自分をわかってくれる女性は貴重な理由の一つです。

別れたり離婚することになるカップルの中には、妻や彼女がいざという時に裏切ったという人も多いのではないでしょうか?また、いざという時に全く頼りにならなく、それに幻滅したことが引き金となった人も多いのではないでしょうか?

離婚を決意した瞬間10選!

こういったことが起きる背景には様々な原因が考えられますが、本当の自分をわかってくれる女性ではなかった場合もあるのではないでしょうか?

例えば、自分の職場の同僚女性が自分に対して好意を抱いているとしましょう。そしてその女性からのメールをたまたま見た妻や彼女が、激怒し浮気をしていると決めつけたとしましょう。

こんな場面で関係がギクシャクするカップルの中には、いざという時に妻や彼女が自分の 話を全く聞こうとしなかったり、信用しなかったりすることが多いのではないでしょうか?

本当の自分をわかってくれる女性であればそんなことは起きないでしょう。 

お互いを高めることが出来る

本当の自分をわかってくれる女性は貴重な理由の一つは「お互いを高めることが出来る」です。

本当の自分をわかってくれる女性が彼女や妻である場合、お互いを高めることができるはずです。それは、お互いが本音を言うことができるからです。仲のいい夫婦はそれが出来ることが多いでしょう。

例えば、 自分の物事に対する考え方が偏っているとしましょう。そして、それが原因で多くの場面で人から誤解を受けたり損をしていると、彼女や妻が感じ取ったとしましょう。

本当の自分をわかってくれる女性はそのような場合「もう少し言葉遣いに気を付けた方がいいと思う。私に対する日頃の言動もどうかな?と思う事がある。それでかなり損をしていると思うよ。」などと、本音を言ってくれたり良きアドバイスをくれることでしょう。

本当の自分を分かってくれる女性がパートナーだからこそ、自分の欠点を指摘したり、逆に相手の欠点を指摘することができ、お互いを高めることに繋がるのではないでしょうか? 

まとめ

いかがだったでしょうか? 本当の自分をわかってくれる女性は貴重な理由は以下になります。

本音を言える・尊敬し合える

日々疲れない・なかなかいない

生活にハリが出る・自分に自信を持てる

なかなか出会えない・生涯のパートナーに最適

いざと言う時に信頼できる・お互いを高めることが出来る

世の中には、お金を出せば手に入るものはたくさんあるかもしれません。ですが、自分の事を本当にわかってくれる女性を手に入れるのは、いくらお金を持っていたとしても難しいでしょう。ですが、もしそのような女性が目の前に現れた時には、一生に一度のチャンスだと思い、是非自分のものにした方が良いのではないでしょうか? 

コメント

タイトルとURLをコピーしました