クリスマスが嫌いな人10の特徴

人生

クリスマスが嫌いな人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

クリスマスを楽しみにしている人が多いと思うけど、嫌いという人もいるだろうね。

イタチ
イタチ

嫌いな人に以前会ったことがあるよ。彼なりの考えがあったわ。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

クリスマスが嫌いな人の特徴は以下になるよ。

クリスマスが嫌いな人の特徴

一緒にお祝いする人がいない

一緒にお祝いする人がいないから、クリスマスなんて嫌いだわ。

「一緒にお祝いする人がいない」のはクリスマスが嫌いな人の特徴の一つです。

クリスマスを楽しむ人もいれば、それがたまらなく嫌だと言う人もいるでしょう。そのようなタイプの中には、一緒にお祝いする人がいないからと言う人も多くいるのではないでしょうか?

自分はどんなにクリスマスを楽しく過ごそうと思っても、素敵な彼女や彼氏がいない人にとっては、ただ悲しい気分になる日なのではないでしょうか?

もし素敵な人が見つかれば、そのような考え方はしなくなるかもしれません。

家族の仲が悪い

クリスマスが嫌いな人の特徴の一つは「家族の仲が悪い」です。

家族の仲が良い家もあれば悪い家もあるでしょう。こんなに家族のクリスマスをお祝いしても、家族の仲が悪ければ、ただ苦痛の時間でしかないのではないでしょうか?

例えば、父親がムスッとした顔をして食事をし、父親に目も合わさずに食事を取る母親がいる…と言う状況を小さな頃から見てきた人にとっては、クリスマスは嫌な日となることでしょう。

もし、自分がそのような思いを抱いているのであれば、将来家庭を築いた時に、自分が理想とするクリスマスをするよう心がけると良いでしょう。

幸せそうなカップルに嫉妬する

幸せそうなカップルをみているだけで、イライラするわ。

「幸せそうなカップルに嫉妬する」のはクリスマスが嫌いな人の特徴の一つです。

クリスマスが嫌いな人の中には、幸せそうなカップルに嫉妬する人もいるでしょう。クリスマスの少し前位から、デパートやショッピングモールでカップルがお互いのプレゼントを楽しそうに選んでいるのを観るものです。

自分がもし彼氏や彼女がなかなか出来なかったり、仮にいたとしても関係がうまくいっていないのであれば、幸せそうなカップルに嫉妬すると言うケースは多々あるのではないでしょうか?そして、クリスマスを嫌いになってしまうと言うこともあるでしょう。

クリスマスに嫌な思い出がある

クリスマスが嫌いな人の特徴の一つは「クリスマスに嫌な思い出がある」です。

クリスマスが嫌いな人の中には、クリスマスに嫌な思いがある人も多いでしょう。例えば、クリスマスにせっかく彼氏とお祝いをしようとご馳走を用意し、ケーキまで頼んだにもかかわらず、彼氏から別れを切り出されてしまい、大泣きした人などがいることでしょう。そのような人にとっては、毎年クリスマスになる度にその辛い記憶を思い出すのではないでしょうか?

時間の経過とともに、辛い思い出を忘れることができる人もいますが、そうでない人もいるものです。そのような人にとっては、クリスマスは辛い日となるでしょう・・。

世間と一緒が嫌い

「世間と一緒が嫌い」なのはクリスマスが嫌いな人の特徴の一つです。

世間と同じことをするのが好きな人もいれば、一緒であるのが嫌いな人もいます。

例えば、クリスマスになるとプレゼントを交換することが多いと思いますが「なぜ皆同じようにプレゼントを買わなければならないのか?」と思う人もいるでしょう。

また、クリスマスの日などに高級なレストランで食事をすることもよくあることですが「なぜクリスマス価格で食事をしなければならないのか?」と思う人もいるでしょう。

世間と一緒が嫌いなので、クリスマスが嫌いになる人もいるでしょう。

プレゼントを考えるのが面倒

クリスマスが嫌いな人の特徴の一つは「プレゼントを考えるのが面倒」です。

毎年クリスマスが近くなると、家族や恋人のためにプレゼントを選ぶのが楽しいと言う人もいるでしょう。

一方で、これが非常に面倒だと言う人もいるでしょう。「あまり相手が喜ばないようなものを選んでしまったらどうしよう」などと考えると、プレゼントを決めるのに大変時間がかかってしまいます。毎日忙しいのに、そんなことに時間をかけられないと言う人もいるでしょう。そのような人にとってはクリスマスは、迷惑なことでしょう。

余計な出費を嫌う

クリスマスになると、出費がかさむから嫌だよ。

「余計な出費を嫌う」のはクリスマスが嫌いな人の特徴の一つです。

身の丈に合った生活をしようと日々節約に励む人がいるものです。質素倹約が身に付いてしまった人にとっては、日々財布から自分のお金が出て行くことがたまらなく嫌でしょう。

クリスマスになれば彼女にプレゼントをしたり、高級なレストランで食事をしたりすると何かと出費がかさむでしょう。毎年クリスマスになると、必ず余計な出費が増えるのでクリスマスなど無くなって欲しいと願う人も少なからずいることでしょう。

街が混むのが嫌い

クリスマスが嫌いな人の特徴の一つは「街が混むのが嫌い」です。

クリスマスになると街が混むものです。プレゼントを買うために街に出掛けたり、オードブルやケーキなどを買い求めて出てくる人もいるでしょう。デパートなどは凄く混んでいることでしょう。

人混みになるのが嫌いで、クリスマスが嫌いと言う人もいることでしょう。特に、クリスマスなど関係なく忙しく仕事をしなければならない人にとっては、混雑している街はたまらなく嫌なのではないでしょうか?

飾り付けが面倒臭い

飾りつけがとにかく面倒だよ。

「飾り付けが面倒臭い」のはクリスマスが嫌いな人の特徴の一つです。

何かと面倒臭がり屋の人がいるものです。自分が付き合っている彼女がクリスマス好きであったり、家族を持っている人は大抵、クリスマスの時には特別な飾り付けをする場合が多いのではないでしょうか?

例えば、毎年クリスマスツリーを飾ったりするのもそうでしょう。クリスマスツリーはわずかな期間しか使わないですが、設置するのに手間がかかり、面倒臭いと思うでしょう。そのような人にとっては、クリスマスは迷惑な日になるのではないでしょうか?

人に誘われるのが嫌い

クリスマスが嫌いな人の特徴の一つは「人に誘われるのが嫌い」です。

自分一人の時間を過ごすことが好きな人にとっては、クリスマスに友人などから食事に誘われるのがたまらなく嫌と言うケースもあるでしょう。

職場では愛想良くしていても、本音では一人が一番好きだと言う人にとっては、クリスマスのような人が集まるイベントは、単なる迷惑でしかないと考える場合もあるでしょう。

「誘われたから嫌だけど行かなければならないな・・」としぶしぶ誘いに応じる人がいるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?クリスマスが嫌いな人の特徴は以下になります。

 

一緒にお祝いする人がいない・家族の仲が悪い

幸せそうなカップルに嫉妬する・クリスマスに嫌な思い出がある

世間と一緒が嫌い・プレゼントを考えるのが面倒

余計な出費を嫌う・街が混むのが嫌い

飾り付けが面倒臭い・人に誘われるのが嫌い

 

クリスマスが好きな人もいれば嫌いな人もいます。それを嫌うか好きになるかは本人の自由です。自分の意思を尊重し、自分にとってベストな選択をすれば良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました