遊んで暮らす人10の特徴

人生

遊んで暮らす人10の特徴

遊んで暮らす人の特徴

不労所得を持っている

不労所得を持って悠々自適な生活をするのが夢だね。

遊んで暮らす人の特徴の一つは「不労所得を持っている」です。 

汗水流して働く他にも、お金を稼ぐ方法はまだまだあります。遊んで暮らす人の中には、不動産所得や株式所得などの不労所得を持っている場合が多いのではないでしょうか?

立地の良い場所に良い物件を持つと、その物件がお金を生み出す機械のようになります。人が寝ている間でもその機械は勝手にお金を生んでくれるのです。このような状態になれば、遊んで暮らすことも十分可能でしょう。

自分軸を持っている

「自分軸を持っている」のは遊んで暮らす人の特徴の一つです。

遊んで暮らす人の多くは、自分軸を持っていることが多いのではないでしょうか?多くの人は汗水流して働くことが重要だと考えます。これは間違いではないですが、現実には不労所得でお金を稼ぐ人もたくさんいます。

もし、汗水流し働くことが唯一の方法だと刷り込まれたとしましょう。そうすると、不労所得でお金を稼ごうという発想が浮かばなくなるかもしれません。

遊んで暮らす人は、自分軸を持っていて考え方が柔軟である場合が多いのではないでしょうか?

型にはまらない生き方をしている

遊んで暮らす人は、型にはまらない生き方をしている人が多いと思うわ。

遊んで暮らす人の特徴の一つは「型にはまらない生き方をしている」です。 

遊んで暮らす人の多くは、型にはまらない生き方をしていることが多いのではないでしょうか?たまにネットなどで「満員の通勤電車に揺られオフィスに行くのがしんどかったので、会社員を辞めた」などと言う人がいます。

ネットで情報発信したり、自分が提供したいサービスを提供することでお金を稼ぐことが出来るようになり、その結果、朝の通勤地獄から解放されたと言う人もいます。一般的な人から見れば、型にはまらない生き方をしている人と言えるのではないでしょうか? 

仕事が苦にならない

「仕事が苦にならない」のは遊んで暮らす人の特徴の一つです。

遊んで暮らす人は、仕事が苦にならない人が多いのではないでしょうか?仕事が遊びのようになっているのです。別に手を抜いて仕事をしている訳ではありません。心からその仕事を楽しみ、バリバリ働く人です。

サラリーが良くて仕事をバリバリする人もいるでしょう。また、出世しそれなりの立場になり、部下に指示を与えながら仕事をするのが好きだという人もいるでしょう。

いずれにしても、仕事が苦にならない人は、遊んで暮らしていると言っても過言ではないかもしれません。

自分の好きなことが仕事

遊んで暮らす人の特徴の一つは「自分の好きなことが仕事」です。 

遊んで暮らす人の中には、自分の好きなことが仕事という人もいるでしょう。 例えば、音楽教室をしている先生は、基本的に楽器を弾くことが好きな人が多いのではないでしょうか?

自らが楽器を弾くことで得られた喜びを、子供などに解って欲しいという気持ちがあるのではないでしょうか?そのような人は、好きなことを仕事にしているので、仕事が嫌になるということはあまりないでしょう。

また、 好きなことをしているからこそ創造性が発揮されて、よりユニークなレッスンを展開できたり、 お客さんのニーズに応えることができる場合が多いのではないでしょうか?

仕事量を自ら調整できる

「仕事量を自ら調整できる」のは遊んで暮らす人の特徴の一つです。

遊んで暮らす人の特徴の一つに、仕事量を自ら調整できることがあるでしょう。昔聞いたことがある話ですが、その人は春と夏だけ働き、秋と冬は仕事をしないのだそうです。秋と冬は徹底的に遊ぶのだそうです。

春夏働くだけでも、平均的なサラリーマンの3倍ぐらい稼いでいるとのことでした。 秋と冬も仕事をすればもっと稼げるのですが「今の生活スタイルが一番良いから」ということで、仕事量をセーブしているようでした。多くの人から見れば、実にうらやましい限りではないでしょうか?

考えることが好き

遊んで暮らす人は、考えることが好きで、あれこれ考えるタイプだと思うな。

遊んで暮らす人の特徴の一つは「考えることが好き」です。 

今現在ほぼ遊んで暮らしているような人も、最初からそうであったわけではないでしょう。必死に働いている時期も必ずあったはずです。ですが、お金を稼ぐ仕組みを自ら作り出し、今現在遊んで暮らせる状態になったのでしょう。

そのような人は、考えることが好きなのではないでしょうか?お金を生み出す仕組みを考えることが好きなタイプかもしれません。人間は、好きなことを考える時には、恐ろしいほど創造性が増すものです。

勘所を知っている

「勘所を知っている」のは遊んで暮らす人の特徴の一つです。

遊んで暮らす人は、物事の勘所を知っていることが多いのではないでしょうか?知り合いから聞いた話ですが、その人の知り合いは、不動産で稼ぎ、悠々自適な生活をしているのだそうです。

不動産で稼げるようになったその理由は、金融機関が融資を割合スムーズにしていたタイミングで一気に勝負に出たのだそうです。

こういった時に勝負が出来る人と出来ない人で、物事は大きく差がつくのではないでしょうか? 遊んで暮らす人は勘所を知っている人と言えるでしょう。

精神的にゆとりがある

遊んで暮らす人は精神的なゆとりがあると思うわ。

遊んで暮らす人の特徴の一つは「精神的にゆとりがある」です。 

遊んで暮らす人の特徴の一つとして、精神的にゆとりがある人が多いのではないでしょうか?

身の周りにいつもカリカリしている人がいないでしょうか?仕事でストレスが溜まり神経が張りつめている人なのかもしれません。

もし遊んで暮らしている人であれば、そのような状況に追い込まれることは決してないでしょう。ですから、精神的にゆとりを持って日々生活を送ることができるのです。

人に寛容

「人に寛容」なのは遊んで暮らす人の特徴の一つです。

世の中には様々な人がいます。社会には、足を引っ張る人などがいて、がっかりさせられることも多いのではないでしょうか?

私の人生経験からですが、不労所得を得て、ほぼ遊んで暮らしているタイプのお金持ちの人は、人にすごく寛容であることが多いものです。勿論、人の足を引っ張ることなどなく、実に親切で人のちょっとしたミスなどにも怒ることは殆どないように感じます。

まとめ

いかがだったでしょうか?遊んで暮らす人の特徴は以下になります。

不労所得を持っている・自分軸を持っている

型にはまらない生き方をしている

仕事が苦にならない・自分の好きなことが仕事

仕事量を自ら調整できる・考えることが好き

勘所を知っている・精神的にゆとりがある・人に寛容

遊んで暮らすことが可能であれば、最高ではないでしょうか?心にゆとりを持ちながら、自分のやりたい仕事や作業をこなし生活していくことができるのであれば、こんなに素晴らしいことはないでしょう。もし身近にそのような人がいる時には、話をしてみるだけでも参考に出来る部分があるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました