ハーフの4つのメリット デメリット

人生

ハーフの4つのメリット デメリット

イタチ
イタチ

ハーフで生まれていたらどうなっていたかな?

ピゴシャチ
ピゴシャチ

目が大きくて美女だったかもね。(笑)

イタチ
イタチ

それは私が言いたい事よ。ハーフだったらあなたがイケメンだったと思うよ。ハーフにはどのようなメリット・デメリットがあるかな?

 

ハーフの4つのメリット

自分の付き合っている彼女が外国人で、将来結婚し、子供をもうけた時にどうなるのだろうか?と考えている人もいるのではないでしょうか?

また、既に結婚、妊娠し我が子が生まれてくるのを待っている人が、これから生まれてくる我が子にどんな未来が待っているのであろうか?と考える人もいるかもしれません。

ハーフであることのメリットをまとめてみました。

美人・イケメンになる可能性が高くなる

生まれてくる子が美人になるかもね。

ハーフのメリットの一つは、美人やイケメンになる可能性が高いことではないでしょうか?

俳優、女優、アイドル、テレビキャスターなどなど、ハーフの美人やイケメンを私達はテレビで頻繁にみるものです。目鼻立ちがハッキリしていて美人だと思ったり、うっとりさせられるイケメンだと度々思うのではないでしょうか?

日本人の血と、外国人の血が半分ずつ混ざる事で、絶妙な見た目が作られるのではないでしょう。

生まれた時から、美人やイケメンであれば、幼少期からモデル、子役タレントとして活躍できるチャンスもあるかもしれませんね。

外国語が堪能になる

僕は英語あまり上手でないけれど、妻の母国語である英語は子供は出来るようになるだろうな。

ハーフのメリットの一つは、お父さん、お母さんどちらかが外国人であるので、バイリンガルになる可能性がかなり高いということです。このグローバル時代に、例えば英語が出来ると得をする場面は沢山あります。

ハーフの子供達は、基本的に家族と過ごしている時間は、全てその言語でコミュニケーションを取る頻度が高いので、かなりの時間、語学教室に通っているのと同じ状態になります。

小さい頃から生の外国語を聞いて育つと、発音が完璧であるばかりではなく、日本人にとって難しいとされる冠詞の使い方まで完璧になることが出来るでしょう。さらに、その思考で考える事が出来るようになります。考える時に、日本語→外国語という余計な過程がないのです。考えたことがダイレクトにその言語で浮かぶというのは素晴らしいことです。

自然な形で学ぶ外国語を吸収し、大学受験、英検、TOEICなどと試験は勿論、就職時、就職後に大きな武器になることは間違いないでしょう。

異文化感覚に長ける

ハーフであることの恩恵の一つは、異文化感覚に長けることでしょう。

例えば、アメリカ出身の親がいる場合、親の友達が別の外国人を家に連れてきたりします。そうなれば、外国感覚が自然に身についてくるでしょう。ポットラックパーティーをやる場合でも、自然な形で開くことが出来るのではないでしょうか?

食文化の観点においても、異文化感覚に強くなれるでしょう。

例えば、お父さんがフランス人であるとしましょう。そうすると、時々フランスの家庭でごく一般的に食べられている料理がテーブルに並ぶでしょう。

父親、母親どちらも日本人である家庭の場合、そんな料理はフランス料理店にでも行かなければ、体験することもないでしょう。ごく普通のフランスの家庭料理を家で食べながら、食生活の違いを感じることが出来るのではないでしょうか?

どちらかの親が外国人であれば、出身国に帰省する時もあるでしょう。おじいちゃん、おばあちゃん、親戚の人達が日本人ではない環境にたまに戻る体験ができるだけでも、明らかに異文化体験ができる機会は増えるものです。

また、帰省しない時でも、スカイプやE-mailなどで外国の知り合いとコミュニケーションを取る機会は豊富にあるのです。日常的に日本の外を体験することが出来ます。

身体的恩恵を受ける

ハーフのメリットの一つは、身体的恩恵を受ける可能性が高いということです。

例えば、お父さんかお母さんが黒人であるとしましょう。子供は身体的能力に恵まれる可能性が高いのではないでしょうか?実際、様々なスポーツで優秀な黒人を親に持つ日本人ハーフをテレビで観る機会があるでしょう。生まれ持った骨格・筋力が違うからでしょう。瞬発力に優れた人が沢山います。

また、白人を親に持つハーフの子供達は、背丈が高いことが多いようです。これもやはり遺伝的特徴でしょう。スポーツを始める時に、身体が大きいというだけで得られるメリットは大きいものです。

どんなに栄養状態が良くても日本人として生まれる場合、白人として生まれる場合に比べ背丈が高くなる可能性は低くなってしまうでしょう。

ハーフの4つのデメリット

外国人と結婚することを真剣に考えているけれど、将来生まれるかもしれない子供の事を考えて結婚を躊躇している人もいるかもしれません。

また、既に妊娠し生まれてくる子がハーフであること心配し、あれこれ考えている人もいるのではないでしょうか?

ハーフの4つのデメリットをまとめてみました。

日本語発達の遅れの可能性

ハーフのデメリットの一つは日本語発達が遅れる可能性があることです。子供が小さい時に、それはより顕著ではないでしょうか?ですが、これは自然なことではないでしょうか?人に比べて二倍の言語を習得することになるため、どちらかの言語の発達が遅れるのは考えられることです。

日本語と外国語は文字からして違うことが多いものです。また、日本語の単語と外国語の単語は殆ど共通性がないものです。例えば、日本語の〝本〟は英語では〝book〟ですが、あまりにも違いすぎます。

あまりにもかけ離れた距離にある二つの言語を覚えるのは、このように大変なものです。ですから日本語の発達に時間がかかってしまうこともあるのは当然のことです。このような状況になっても、焦らない気持ちが重要ではないでしょうか?

いじめ

うまれてくる子供がハーフというだけで、いじめられないか?心配だなわ。

ハーフのデメリットの一つは、いじめの可能性です。

日本は依然と比べ、かなり外国人に対して開放的になってきたと感じますが、未だに外見上の偏見も多いのではないでしょうか?

ハーフの人が思春期位までにいじめに遭遇することも、たまに耳にします。

見た目が良ければ、それに対する妬みで、いじめようと思う人も出てきます。妬まれる人の特徴は人よりも際立ったものがあるということです。

また、単純に肌の色、髪の毛の色、目の色、そういうものが、純正日本人とは違う場合、ただ違うというだけで、いじめようとする人達もいるものです。

また、両親のどちらかが外国人であるというだけで、これを材料にし、いじめをしようとする人もいるのは厄介なものです。

もう少し時間が経過し、そういった外見上の偏見がなくなる時代になると良いものです。

親が日本生活に困る場合がある

ハーフのデメリットの一つは、お父さん、お母さんが日本生活に困る場面があることではないでしょうか?

日本と外国では、様々な環境において大きな違いがあります。

例えば、お母さんがアメリカ人の時に、子供が中学受験を希望したとします。この時に、そんな状況を経験しないで育っているお母さんが、一人突然そんな状況に置かれると、かなり違和感を覚え混乱するのではないでしょうか?自分にそのような経験がなく、そのような環境が周囲にもないまま生きてきた人が、突然そんな特殊な状況に置かれるのですから、大変なものです。

子供は日本育ちで、周りも日本人のお母さんが大多数ですから、自分のお母さんだけ、他とは少し状況であれば、子供もかなり混乱する場面もあるかもしれません。

そのような時は、パートナーが協力し、子供にも状況を諭して理解させる努力が必要かもしれません。

〝外国語を話せて当然だ〟と思われる

妻には常に英語で接して貰う覚悟が必要になるかもな。

ハーフのデメリットの一つは〝外国語を話せて当然である〟と思われることです。

テレビのお笑いタレントさんの話を聞いた事はないでしょうか?見た目が外国人なので、いきなり英語で話しかけられることがある と言う話です。

実際のところ、相手の見た目が外国人に見えれば、無意識の内に〝この人は英語を話せるだろう〟と思ってしまうことが多いのではないでしょうか?

ですが、両親どちらが外国人でも、意識的にその言語を使ってコミュニケーションを取ろうと努めることなく、日本語の言語環境のみに浸っていると、日本語しか話せなくて当然です。

バイリンガルに育てたければ、意識的にその言語を使って接するという決断・長期に及ぶ忍耐も必要になるのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?

ハーフの4つのメリットは以下になります。

 

美人/イケメンになる可能性が高くなる

外国語が堪能になる・異文化感覚に長ける

身体的恩恵を受ける

 

ハーフの4つのデメリットは以下になります。

 

日本語発達の遅れの可能性・いじめ

親が日本生活に困る場合がある

外国語を話せて当然だと思われる

 

ハーフにはメリットもデメリットもそれぞれあるようです。生まれてくる子がハーフである時に、その良さを最大限に引き出せるような環境であると良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました