歌が下手な人10の特徴

人生

歌が下手な人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

学生時代に一人凄く歌が下手な人がいたな。本人もそれを気にしていたようだよ。

イタチ
イタチ

私も音痴だから気持ちが解かるな。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

歌が下手な人の特徴は以下になるよ。

歌が下手な人の特徴

音程がズレている感覚がない

私は人から音程がズレていると言われるけど、そんな風に思ったことないわ。

「音程がズレている感覚がない」のは歌が下手な人の特徴の一つです。

テレビなどを見ていると、時々音痴の人が出てくるものです。このような人は、大抵自分で音程がずれている感覚が全くないと言って良いでしょう。

普通に歌を歌える人から見れば「どうしてふざけて歌うのだろうか?」「本気で歌っているのだろうか?」と思うことでしょう。ですが、本人に音程がずれている感覚がないため、そのようなことになってしまうのです。

一生懸命やってもズレる

歌が下手な人の特徴の一つは「一生懸命やってもズレる」です。

歌が下手な人を見ていると、表情が真剣な場合が多いものです。本人が真剣に歌っても、音がズレていることが多いのでしょう。

歌が下手な人は、このズレをまず解消する必要があるでしょう。自分でずれていることに気づかなければ、いつまで経っても上手に歌うことができないでしょう。

音域が狭い

高い声が出ないから、カラオケでは苦労するよ。

「音域が狭い」のは歌が下手な人の特徴の一つです。

歌が下手な人は、音域が狭いことが多いのではないでしょうか?歌の種類にもよるかもしれませんが、高音から低音まで声を出すことができなければ、歌を上手に歌う事は難しいでしょう。

もし、音域が限られているのであれば、その限られた音域で構成されている曲を選ぶしかなくなります。歌が下手な人が、多くの歌をそれなりに歌えるようになりたいと思うのであれば、音域を広げる訓練が必要になるでしょう。

歌のテストで笑われる

歌が下手な人の特徴の一つは「歌のテストで笑われる」です。

歌が下手な人が必ず経験していることの1つは、小学校や中学校の歌のテストで、クラスメイトから笑われることではないでしょうか?

音程がずれている人の歌を聴いていると、悪気はなくても笑い出しそうになるものです。また、笑いを堪えようと思えば思うほど、笑いがこみ上げてきて止まらなくなるものです。歌が下手な人は、歌のテストの度に嫌な思いをすることでしょう。

自信をなくして下手になっている

「自信をなくして下手になっている」のは歌が下手な人の特徴の一つです。

学校の歌のテスト等でクラスメイトから笑いものにされたり、カラオケに同僚と行き、白けた雰囲気を体験すると、誰でも歌を歌うことに対して自信をなくしてしまうでしょう。

元々そんなにうまい人でなくても、自信がなくなれば思ったように声を出せなくなったり、音程を合わせることが出来なくなり、歌を歌うことが下手になってしまう可能性はあるでしょう。

歌を歌うことに自信がなくなったのであれば、まず自信を回復することが必要です。

才能の問題だと思っている

歌が下手な人の特徴の一つは「才能の問題だと思っている」です。

歌を歌うことが下手な人の中には、歌をそれなりに歌うには才能が必要だと思っていることが多いのではないでしょうか?そして、そのように思い込めば、歌を上達させようと言う気持ちすらなくなってしまうものでしょう。

確かに、プロの歌手になるのには才能は必要でしょう。ですが、素人が人前でごく普通に歌う水準に達するのには才能など必要ないでしょう。誰でも訓練次第で、その水準にまでは達することができるはずです。

訓練が足りない

訓練すれば、誰でも一定水準になると思うな。

「訓練が足りない」のは歌が下手な人の特徴の一つです。

歌が下手な人は、根本的に訓練が足りないことがほとんどではないでしょうか?歌が下手なのは才能の問題であると思い込めば、練習をすることもなくなるでしょう。

ですが、それではうまくなりません。練習あるのみです。歌が上手い人にアドバイスをもらい、それを忠実に守り上達を心がけると良いかもしれません。ですが、それでもうまくならないのであれば、専門家にお願いするのも1つの手でしょう。お金はかかっても短時間で解決に近づくのではないでしょうか?

カラオケを避ける

歌が下手な人の特徴の一つは「カラオケを避ける」です。

歌が下手な人は、カラオケを避けることが多いのではないでしょうか?一度一緒にカラオケに行って以来、二度とカラオケに来なくなった人がいるのではないでしょうか?

大抵、そのような人は歌が下手であるものです。カラオケと言うのは、歌が下手な人にとっては地獄の時間でしょう。

お酒を飲んだ後に、カラオケに行く必要がある時には、理由をつけて断ったり、カラオケの場に居ても決してマイクを持つ事はないでしょう。

難しい歌ばかり歌う

難しい歌ばかり歌って失敗するな・・

「難しい歌ばかり歌う」のは歌が下手な人の特徴の一つです。

歌が下手な人は大抵の場合、プロが歌っても難しいような歌ばかり歌おうとするのではないでしょうか?自分が出せない音域の歌に果敢に挑戦し、撃沈してしまうことが多いでしょう。

もちろん難しい歌でも、訓練を積んでいくと次第に歌えるようになるのでしょう。ですが、今まさに歌わなければならないと言う場面では、その時のレベルに合った無難なものを選択するのが1番でしょう。

自分でも歌える歌を知らない

歌が下手な人の特徴の一つは「自分でも歌える歌を知らない」です。

歌が下手な人は、自分の現在の水準に合っている歌を知らないことも多いのではないでしょうか?カラオケなどに行くと、この人は特別歌がうまいわけではないけれど、それなりに歌うと言う人がいるでしょう。そのような人は、自分の水準に合った曲を選択し、無難に歌っていることも多いでしょう。

歌が下手だと思い困っている場合、自分の水準に合う曲を歌が上手い人から教えてもらい、きちんと練習していくと、そこそこにはなるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?歌が下手な人の特徴は以下になります。

 

音程がズレている感覚がない

一生懸命やってもズレる

音域が狭い・歌のテストで笑われる

自信をなくして下手になっている

才能の問題だと思っている

訓練が足りない・カラオケを避ける

難しい歌ばかり歌う・自分でも歌える歌を知らない

 

歌が下手で困っている人も多いことでしょう。そんな時にまず1番大切なのは、自信を回復することではないでしょうか?別にプロのようにうまく歌えなくても困らない場合がほとんどでしょう。自信を回復するために練習を積み、人前で無難に歌える水準まで頑張ってみることが、歌が下手な状態を脱するための最短で確実な方法ではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました