家が散らかってる人10の特徴

人生

家が散らかってる人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

時々テレビなどで、家が散らかっている人を観ることがあるね。

イタチ
イタチ

そうだね。どうしてああなるのかな?

ピゴシャチ
ピゴシャチ

家が散らかっている人の特徴は以下になるよ。

家が散らかってる人の特徴

定期的に片づけない

定期的に片づけなければ、家は散らかる一方だね。

「定期的に片づけない」のは家が散らかってる人の特徴の一つです。

家がきちんと片付いている人は、定期的に片付けをしているのではないでしょうか?その頻度は人にもよるかもしれませんが、週に何回かは片付けをすることでしょう。結果として、家の中が散らかると言う事はありません。

一方で、家が散らかってる人は、定期的に片付けると言う習慣がないのではないでしょうか?これでは、家は散らかり放題になってしまっても不思議ではないでしょう。家が片付いている状態を保つためには、定期的に片付けをする習慣が必要になるでしょう。

まとめて片づけようとする

家が散らかってる人の特徴の一つは「まとめて片づけようとする」です。

家が散らかっていない人は、こまめに片付けをしようとするでしょう。例えば、机の上に資料や本を広げることがあったとしても、使い終わったらすぐに片付けようとするでしょう。

一方で、散らかっている人は、こまめに片付けをすることなく、机の上が見えなくなる状態になったり、使い勝手が悪くなった時に初めて、まとめて片付けようとするでしょう。

皿洗いなどもそうではないでしょうか?散らかっていない人は、台所のシンクの中にたくさんの食器を溜めることなく、その都度洗って片付けようとするでしょう。一方で、片付けができない人は、シンクから溢れる位溜めてから洗おうとするのではないでしょうか?

散らかっていることに慣れている

散らかっていても気にならないな・・・

「散らかっていることに慣れている」のは家が散らかってる人の特徴の一つです。

家が散らかっていない人は、整理整頓され片付いている状態の部屋に慣れているものです。ですから、少し散らかった時に「散らかっているな」と思い、すぐに片付けようと言う気持ちになるでしょう。

一方で、家が散らかっている人は、散らかっている事に慣れているものです。結果として、家が散乱している状態であったとしても違和感を感じないでしょう。結果として、すぐに片付けようと言う気持ちにならず、さらに部屋の中は散らかるのではないでしょうか?

置き場所を決めていない

家が散らかってる人の特徴の一つは「置き場所を決めていない」です。

家が整理整頓されている人は、ある程度物の置き場が決まっている事でしょう。例えば、リモコンはテーブルの上に置く、保存しておくべきレシートは戸棚の1番上の引き出しに入れておく、などと収納するべきスペースを決めているものです。

一方で、家が散らかっている人は、その時の気分で物を置こうとすることが多いのではないでしょうか?これでは、家が散らかり放題となるものです。また、紛失してはいけない物をなくしてしまうことでしょう。鍵をなくす人などにもよくある状況でしょう。

疲れている

「疲れている」のは家が散らかってる人の特徴の一つです。

家の中が整理整頓されている人は、散らからない工夫をしていたり、定期的に片付けることができているものです。また、日々の生活の中で片付けをするだけの体力と余力があるのかもしれません。

一方で、家が散らかっている人の中には、疲れている人である場合も多いのではないでしょうか?片付けようと言う気持ちはあるものの、疲れていて片付けをするだけの体力がないのかもしれません。そして、部屋の中はさらに散らかっていくと言う悪循環に陥ることもあるでしょう。

仕事が忙しい

家が散らかってる人の特徴の一つは「仕事が忙しい」です。

家が散らかっている人の中には、仕事が非常に忙しい人もいるのではないでしょうか?毎日朝早く家を出て、帰ってくるのは真夜中過ぎなどと言う生活を送っていれば、家での時間は寝るだけになってしまっても不思議ではないでしょう。

そうなると、なかなか片付けができなくなるのではないでしょうか?結果として、家は散らかってしまうでしょう。時間がない人は、とにかく今よりも散らかさないように心がけることが大切でしょう。

物を持ち過ぎている

物があり過ぎる気がするな・・

「物を持ち過ぎている」のは家が散らかってる人の特徴の一つです。

家が整理整頓されている人は、片付けが上手な人もいるかもしれませんが、あまり物を持たないようにしている人も一定数いることでしょう。あまり物を持たなければ、多少片付けをしなくても散らかっていく事は少なくなるでしょう。

一方で、物をたくさん持っている人は、定期的に片付けをしなければ、部屋は散らかっていくでしょう。なかなか整理整頓をすることができないと言う人は、いらない物を断捨離し、可能な限り、物を買うと言う行動を控えた方が良いかもしれません。結果として、部屋が片付くばかりではなく、お金も溜まることでしょう。

使っても戻さない

家が散らかってる人の特徴の一つは「使っても戻さない」です。

家の中が整理整頓されている人は、使った物をすぐに元の場所に戻す習慣が身に付いていることでしょう。結果として、物がどこかに山積みされると言う事は少なくなるでしょう。

一方で、家の中が散らかっている人は、使った物を元の場所にすぐに戻す習慣が身に付いていないことが多いのではないでしょうか?「後で戻そう」などと思い、時間の経過と共に戻すことさえ忘れてしまうかもしれません。

散らかす人がいる

片づけても、片づけても夫が散らかすから困るわ。

「散らかす人がいる」のは家が散らかってる人の特徴の一つです。

家の中が散らかっている人の中には「自分はいつもきちんと片付けをしているのに、家族のせいで部屋の中が散乱している」と不満を持っている人もいるでしょう。

例えば、自分はきちんと部屋の片付けをするものの、夫がどんどん散らかしていくと言う状態です。使った物を元に戻すようにお願いしても、そうしてくれず、部屋の整理整頓を頼んでも、理由をつけてなかなか取り組んでくれず、気づけば家中が散らかっていて、イライラさせられている人も多いのではないでしょうか?

どこから片づければ良いのかわからない

家が散らかってる人の特徴の一つは「どこから片づければ良いのかわからない」です。

家の中がゴミ屋敷の人の中には、片付けようと言う意識はあるものの、あまりにも散らかっているために、どこから手をつけてよいのかわからなくて途方に暮れている人も多いのではないでしょうか?最終的には、一つ一つコツコツと片付けをしていくしか方法は無いですが、なかなか行動に移れないと言う人もいるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?家が散らかっている人の特徴は以下になります。

 

定期的に片づけない・まとめて片づけようとする

散らかっていることに慣れている

置き場所を決めていない・疲れている

仕事が忙しい・物を持ち過ぎている

使っても戻さない・散らかす人がいる

どこから片づければ良いのかわからない

 

家が散らかっている人は、そうなる理由が必ずあるものです。例えば、すぐに物を戻さなかったり、定期的に片付けをしなかったりなどです。家が散らかっている人は、そういった悪習慣が身に付いていると言えるでしょう。自分の悪しき習慣を正し、整理整頓するように、行動を改善する必要があるのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました