鍵をなくす人10の特徴

人生

鍵をなくす人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

よく鍵をなくす人がいるね。

イタチ
イタチ

どうしてそうなるのかな?

ピゴシャチ
ピゴシャチ

鍵をなくす人には以下のような特徴があるよ。

鍵をなくす人の特徴

鍵を置く場所を決めていない

鍵をなくさないためには、置く場所を決めることね。

「鍵を置く場所を決めていない」のは鍵をなくす人の特徴の一つです。

鍵を頻繁になくす人は、鍵を置く場所を決めていないことが多いのではないでしょうか?

鍵をなくさない人は、鍵を開け、家の中に入った時に、玄関の靴棚の上に置くと決めていたり、カバンの内ポケットの中にしまうなど、鍵を置く場所が決まっており、それを忠実に守り続けます。ですから、鍵をなくす事が起こらないでしょう。

一方で、鍵をよくなくす人は、置く場所が決まっていないものです。気分によって置く場所がコロコロ変わることが多いのではないでしょうか?服のポケットの中に入れたり、テーブルの上に適当に置いたりなど、置き場所を一定に定めていないので、見当たらない時にもあちこち探すこととなり、すぐに見つからなかったり、大変な思いをしたりするものです。

鍵を決められた場所に戻す習慣がない

鍵をなくす人の特徴の一つは「鍵を決められた場所に戻す習慣がない」です。

鍵をよくなくす人は、決められた場所に戻す習慣がついていないこともあるでしょう。置き場所を決めていても、それが習慣になるまでには至っていないと言うことです。

ある程度、習慣化されてしまえば、特に意識していなくても無意識にその場所に置くようになっているものです。ですから「きちんとおいたかな?」と心配しても、置き場所を探してみると、きちんと置かれているでしょう。習慣になるまで行動を反復することが重要でしょう。

すぐに戻さない

すぐに戻す習慣がつけば、なくすことは減るはずだよ。

「すぐに戻さない」のは鍵をなくす人の特徴の一つです。

鍵をなくす人は、すぐに戻さないことが多いのではないでしょうか?

例えば、自動車の鍵をなくすと言う人は、運転を終了し家の中に入ってきた時に、すぐに決められている場所に戻さないことが多いのではないでしょうか?

また、物置の鍵をなくすと言う人は、鍵を使い家の中に入ってきた時に「後から戻せばいいや」などと考え、気づけば鍵の存在すら忘れてしまっているものでしょう。結果として、時間の経過と共に、鍵が何処にあるのかさえ分からなくなっていることでしょう。

鍵に何もついていない

鍵をなくす人の特徴の一つは「鍵に何もついていない」です。

鍵をなくす人は、鍵に何もついていないことが多いのではないでしょうか?

1個の鍵だけをポケットの中に入れて持ち運べば、ポケットから別な何かを取り出した時に鍵を落としてしまうと言うこともあるでしょう。そして、1個の鍵を落とした程度では、音がすることもあまりなく、気付かないのではないでしょうか?

もし、鍵に大きなキーホルダーや他の鍵が付いてセットになっていれば、鍵を落としたとしても、音がするので、なくす事は少なくなるのではないでしょうか?

紛失しない場所を知っていない

「紛失しない場所を知っていない」のは鍵をなくす人の特徴の一つです。

鍵をなくさない人は、絶対に紛失しない場所を知っているのではないでしょうか?例えば「いつも使っているカバンの内ポケットが安全だ」などと、絶対に紛失しない場所を知っているはずです。

一方で鍵を紛失する人は、紛失しない場所を考えることもないので、当然ながらその場所を知らないでしょう。

何かに夢中になり忘れる

鍵をなくす人の特徴の一つは「何かに夢中になり忘れる」です。

鍵をなくす人は、何かに夢中になり忘れてしまうことも多いのではないでしょうか?

例えば、外から帰ってきた時に、玄関のドアを開けるや否や話を始め、話に夢中になり気づけば持っていた鍵がなくなっている・・と言うことがあるのではないでしょうか?

話をしている最中に、おそらくどこかに置いたのでしょう。ですが、話をすることに夢中になり過ぎているため、鍵をどこに置いたのか?と言うところに意識が回っていないのでしょう。このような状態では鍵を紛失してしまっても不思議ではないでしょう。

散らかっている

家が散らかっているから、よく鍵がどこにあるのか分からなくなるんだ。

「散らかっている」のは鍵をなくす人の特徴の一つです。

家が散らかっている人、鍵をなくす可能性も上がるのではないでしょうか?

いくら鍵を置く場所が決まっていたとしても、四方に物が散乱していれば、鍵を置くべき定位置が散らかっている物の間に紛れてしまい、気づけば紛失することになってしまうのではないでしょうか?

このような人は、日頃から一定の間隔で掃除をしなければならないでしょう。鍵を置くべき位置を決め、家の中が散らかっていなければ、鍵を紛失する可能性は低いでしょう。

沢山物がある

鍵をなくす人の特徴の一つは「沢山物がある」です。

鍵を置くべき定位置が決まっていても、物がたくさんあれば、鍵をいざ使おうと言う時に見つけることが難しくなる場合もあるのではないでしょうか?

例えば、鍵を置く位置が玄関の靴箱の上であるとしましょう。ところが、この靴箱の上に物がたくさんあれば、何もない時に比べて鍵を発見することは難しくなるのではないでしょうか?じっくり時間をかければ探すことができるかもしれませんが、鍵が無いと焦れば焦るほど、見つけるのは容易ではなくなるでしょう。

また、家の中が散らかっている人は、沢山物があることが多いのではないでしょうか?物が沢山あれば、片付けようと思ってもすぐに片付かないのではないでしょうか?これは最終的に鍵の紛失につながるでしょう。

自分なりの工夫が足りない

鍵をなくさない人は、自分なりの工夫をしていると思うわ。

「自分なりの工夫が足りない」のは鍵をなくす人の特徴の一つです。

鍵をなくす人は、自分なりの工夫が足りないのではないでしょうか?

「鍵をなくさないためにはどうしたら良いのだろうか?」と真剣に考えなかったり、「自分にとって最善の置き場所はどこなのか?」と検討することなど、ほとんどないでしょう。それだけまだ本気になっていないのかもしれません。もし、鍵をなくさないための創意工夫を真剣にするようになれば、鍵をなくす事はほとんどなくなるのではないでしょうか?

鍵をなくす恐ろしさを理解していない

鍵をなくす人の特徴の一つは「鍵をなくす恐ろしさを理解していない」です。

鍵をなくす人は、鍵をなくす恐ろしさを本当の意味で理解していないのではないでしょうか?鍵をなくすことで、見知らぬ人が家の中に入り物を盗まれたり、危害を加えられる可能性すらあるものです。鍵をなくすと言う事は実に恐ろしいことです。恐ろしいからこそ絶対になくさないようにしようと思うのではないでしょうか?

鍵をなくすことの恐ろしさを理解していない人は、いざ鍵がなくなった時に、誰かに鍵を盗まれているのか、自分で紛失をしたのか分からない状態に陥ることもあるのではないでしょうか?

一方で、いつも鍵をきちんと一定の場所に置き、鍵を紛失することがない人は、万が一鍵を紛失してしまった時には、誰かに鍵を盗まれた可能性をスグに検討出来ることでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?鍵をなくす人の特徴は以下になります。

 

鍵を置く場所を決めていない

鍵を決められた場所に戻す習慣がない

すぐに戻さない・鍵に何もついていない

紛失しない場所を知っていない

何かに夢中になり忘れる・散らかっている

沢山物がある・自分なりの工夫が足りない

鍵をなくす恐ろしさを理解していない

 

鍵をなくす人が、最初にしなければならないのは、鍵を置く定位置を決めることでしょう。そして、次にしなければならないのは、習慣になるまで定位置に鍵を置くことでしょう。鍵をなくすことで、自分の生活が不自由になるばかりではなく、家族や他の人に迷惑をかけることにもつながります。なくさないための努力が必要になるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました