ゲーム嫌いな人10の特徴

人生

ゲーム嫌いな人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

ゲーム嫌いな人が世の中にはいるね。

イタチ
イタチ

子供がゲーム好きなのに、ゲーム嫌いな親のせいで買ってもらえないとかはよくありそうだね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

ゲーム嫌いな人の特徴は以下になるよ。

ゲーム嫌いな人の特徴

ゲームに興味がない

息子がゲームばかりしていて本当に嫌になるわ。私がゲームに興味がないからそう思うのかもしれないわ。

「ゲームに興味がない」のはゲーム嫌いな人の特徴の一つです。

ゲーム嫌いな人の中には、ゲームに興味がない人もいるでしょう。自分が興味がある事柄に対しては肯定的な評価をするものの、興味のない対象は嫌いだという人がいるものです。

ゲーム嫌いな親などの中には、自分がただゲームに興味がないからと言って、子供にしないように言うケースもあるでしょう。ゲーム好きな子供からすると、非常に迷惑な話かもしれません。 

ゲームをすると勉強しなくなると思う

ゲーム嫌いな人の特徴の一つは「ゲームをすると勉強しなくなると思う」です。

ゲーム嫌いな人の中には、ゲームばかりすることになり勉強しないことを危惧する人もいるでしょう。年頃の子供を持った親や教育ママなどの中にも、このような人は多いでしょう。

確かにゲームは面白いので、はまり込むとゲーム以外しなくなるケースもあるものです。時間制限を設けるなどルールが必要になることもあるでしょう。

ゲームは悪いものと思い込んでいる

うちの親はゲームは悪いものだと思い込んでいるから、小さい頃は買って貰えなかったよ。

「ゲームは悪いものと思い込んでいる」のはゲーム嫌いな人の特徴の一つです。

ゲーム嫌いな人の中には、どういうわけかゲームは悪いと思い込んでいる人もいるでしょう。ゲーム嫌いな親の中には、一定数そのような人もいるのではないでしょうか?ゲームをしているだけで、子供にイライラする場合さえあるでしょう。

ゲームをすると勉強しなくなり、その結果頭が悪くなると思い込んでしまっているのかもしれません。

ゲームの種類によっては、様々な物事を覚えられるものもあります。そういう観点で物事を考えられない人なのかもしれません。

ゲームがつまらない

ゲーム嫌いな人の特徴の一つは「ゲームがつまらない」です。

ゲーム嫌いな人の中には、ゲームがつまらないと考える人もいるでしょう。子供や夫から一緒にゲームをやろうと思い始めてみたものの、あまり面白いと思わない場合もあるのではないでしょうか?

自分がやってつまらないものに対しては、あまり肯定的な意見を言わなくなる人もいるでしょう。このような場合「自分がつまらないと言うだけで、ゲームは嫌いだと決めつけて・・」などと不満を持たれるケースもあるかもしれません。

本格的にゲームをしたことがない 

「本格的にゲームをしたことがない」のはゲーム嫌いな人の特徴の一つです。

ゲーム嫌いな人の中には、本格的にゲームをしたことがないために興味が持てないケースもあります。その結果、ゲーム嫌いになってしまうのです。

例えば、ロールプレイングゲームなどは、ゲームをして3分程度では面白いと思えないでしょう。ある程度プレイすることで、キャラクターがレベルアップしたり、話が展開していくので面白いと思えるようになるものです。

本格的にプレイし面白さが解ると、ゲームに対して肯定的な意見を持てるようになるかもしれません。

人を狂わせると思っている

ゲーム嫌いな人の特徴の一つは「人を狂わせると思っている」です。

ゲーム嫌いな人の中には、ゲームが人を狂わせると思っている人もいるでしょう。確かにゲームが中毒になり、学校に行かなくなったり働かない人になる話を見聞きする事はあるものです。

中学生や高校生が深夜遅くまでゲームに夢中になり、朝起床して学校に行けなくなるという話を聞いたことがあります。そのような状態になるのであれば、親としては確かに困ったものです。 

他のことに興味がある

私がゲームが嫌いなのは、純粋に他のことに興味があるからかもしれないわ。

「他のことに興味がある」のはゲーム嫌いな人の特徴の一つです。

ゲームが嫌いという人の中にも、他のことに夢中になったり興味があり、ゲームそのものの良さに気づけていない場合もあるでしょう。

自分が他の物事に興味を持ち、ゲームがなくても不自由しない状態で、日々ゲームの負の側面について話を聞いていると、次第にゲームが嫌いになってしまうこともあり得るでしょう。

犯罪に巻き込まれると思っている

ゲーム嫌いな人の特徴の一つは「犯罪に巻き込まれると思っている」です。

ゲーム嫌いな人の中には、犯罪に巻き込まれる危険性を恐れている人もいるでしょう。青少年がゲーム内でのチャットなどを通じて、犯罪に巻き込まれる例はあるでしょう。

こういったことを見聞きし、必要以上に心配してしまうケースもあるのではないでしょうか? 青少年がゲームをする以上、犯罪のリスクはあります。ですから、親は子供に繰り返しリスクを説明する必要はあるでしょう。

課金が嫌い

娘がゲームするけれど、課金制度が恐ろしく感じるよ。

「課金が嫌い」なのはゲーム嫌いな人の特徴の一つです。

ゲーム嫌いな人の中には、課金が嫌いだという人も多々いるのではないでしょうか?昔のゲームとは違い、現代のゲームは課金制度があり、これによって手に入れられるアイテムが変わり、ゲームの面白さが変わってくるものです。

ですが、この面白さゆえにゲームにどっぷり浸かってしまう場合もあるでしょう。こういったことが気に入らず、ゲーム嫌いになっている人も多々いることでしょう。

視力低下を心配する

ゲーム嫌いな人の特徴の一つは「視力低下を心配する」です。

ゲーム嫌いな人の中には、視力低下を心配する人も多々いるのではないでしょうか?ゲーム嫌いの母親などは、子供がゲームをすることにより視力が低下する事をひどく恐れ、その結果ゲームを忌み嫌うようになっているかもしれません。

ゲームをしていても視力があまり落ちていない人にとっては、実に迷惑な話かもしれません。眼科などで検診を受けるなどし、客観的な証拠を提示するのが良いのかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?ゲーム嫌いな人の特徴は以下になります。

ゲームに興味がない

ゲームをすると勉強しなくなると思う

ゲームは悪いものと思い込んでいる

ゲームがつまらない

本格的にゲームをしたことがない

人を狂わせると思っている

他のことに興味がある

犯罪に巻き込まれると思っている

課金が嫌い・視力低下を心配する

ゲームが嫌いな人の中には、一方的にゲームは悪いものと思い込んでいる事例も多々あるでしょう。また、犯罪に巻き込まれるリスクや、課金に伴う問題などに過敏に反応しているケースもあるでしょう。子供がゲームが原因で勉強をしなくなったり、他の物事ができなくなる場合には、親として厳しい態度で接しなければならないこともあるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました