PR

褒めるのが上手い人10の特徴

人生

褒めるのが上手い人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

昔の上司が人を褒めるのが上手な人で、部下として気持ちよく仕事をさせて貰えたよ。感謝しているよ。

イタチ
イタチ

素敵な上司だね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

褒めるのが上手い人の特徴は以下になるよ。

褒めるのが上手い人の特徴

相手の良いところを具体的に沢山知っている

良いところを具体的に褒められると嬉しくなるわね。

「相手の良い所を具体的に沢山知っている」のは褒めるのが上手い人の特徴の一つです。

人間誰しも良い部分と悪い部分があるものです。褒めるのが上手な人は大抵、相手の良いところを具体的に沢山知っているのではないでしょうか?

例えば、心優しい少年がいたとします。褒めるのが上手な人は大抵、この心優しい少年がどれだけ心優しいのか?と言うことを具体的にたくさん指摘し、褒めることができるでしょう。

褒められる側からすると、相手が言っている話が具体性に住んでいるので、心から信頼することができるようになるのではないでしょうか?

否定から入らない

褒めるのが上手い人の特徴の一つは「否定から入らない」です。

口を開けば、いつも否定から入る人がいるものです。たとえこの人が考えることが正しかったとしても、そのまま素直に話や意見を聞き入れようと思えなくなるでしょう。

褒めるのが上手な人は、たとえどんなに最終的に相手を否定することになったとしても、いきなり否定から入る事は少ないのではないでしょうか?まずは相手の話をじっくり聞き、それから自分の意見を正直にぶつけようとするでしょう。

相手の気持ちを理解する

相手の気持ちが解らないと、上手に褒められないね。

「相手の気持ちを理解する」のは褒めるのが上手い人の特徴の一つです。

褒めるのが上手な人は大抵、相手の気持ちをしっかり理解している人ではないでしょうか?

上手に褒めるためには、相手に聞いてもらう姿勢が必要になります。このような姿勢を相手にとってもらうためには、相手の気持ちを理解することが必要になるでしょう。

相手の気持ちに応じて、投げかける言葉を変えたり、相手の話をじっくり聞いたりするなど、臨機応変に対応しなければならないものです。

褒めるのが上手な人は、相手の気持ちを非常によく理解しているでしょう。

相槌が上手

褒めるのが上手い人の特徴の一つは「相槌が上手」です。

褒めるのが上手な人は、意思疎通が上手な人と言っても良いでしょう。意思疎通が上手になるには、適切な相槌を打てる必要があります。

褒めるのが上手な人は大抵、相槌を打つタイミングが抜群ではないでしょうか?相手が話をしたい場面では、相手がどんどん話をしてくれるように誘導する相槌を、うまく投げかけることが多いのではないでしょうか?

改善部分を具体的に褒める

「改善部分を具体的に褒める」のは褒めるのが上手い人の特徴の一つです。

褒められる時に「今回は良い結果だったね」と言われても、褒められる側は悪い気はしませんが、もし「今回は〇〇の部分がよくなったね」などと改善部分を具体的に言ってもらえると、より嬉しい気持ちになれるでしょう。

相手が自分のことを詳細に観察し、把握してくれていたという点が嬉しさを倍増させることでしょう。褒めるのが上手な人は、このような部分をしっかり理解しているでしょう。

タイミングが良い

褒めるのが上手い人の特徴の一つは「タイミングが良い」です。

人を褒めると言う事は難しいものです。褒めるタイミングをちょっと間違えるだけで、相手がこちらの意図するところを素直に受け入れてくれなくなったりするものです。

褒めるのが上手な人は大抵、タイミングが良いのではないでしょうか?褒め過ぎて相手が調子に乗ったりしないように気をつけたり、逆に不貞腐れたりしないように、絶妙のタイミングで相手を褒めるのではないでしょうか?

間接的に褒める

間接的に褒められているのを知ると、嬉しくなるわね。

「間接的に褒める」のは褒めるのが上手い人の特徴の一つです。

褒めるのが上手な人は、状況によっては本人に褒めるのではなくて、間接的に褒める場合もあるのではないでしょうか?

例えば、近所の子供を褒める時に、直接その子供やその親を褒めるよりも、別な人に「〇〇さんの家の〇〇君はこんなに優しいところがあるのだよ」などと、別な人に褒める場合もあるのではないでしょうか?

そうすることで、本人に直接言う場合よりも、より褒められる立場の人が嬉しく感じる時もあるでしょう。

プロセスを褒める

褒めるのが上手い人の特徴の一つは「プロセスを褒める」です。

褒めるのが上手な人は、結果ばかりではなくプロセスを褒めるのではないでしょうか?

例えば、子供が一生懸命勉強をやったとしても、成績が上がる場合と上がらない場合があります。このような時に、褒めるのが上手な人は、たとえ子供の成績が上がらなかった場合でも「今回は前よりも確かに一生懸命勉強をしていたのは知っている」などとプロセスを上手に褒めるのではないでしょうか?

子供から嫌われる教育ママのパターンの一つは、結果ばかりを重視するあまりプロセスを褒めることを怠る場合が多いのではないでしょうか?

自分も喜ぶ

褒める側が心から喜ぶと、褒められる側も嬉しくなるね。

「自分も喜ぶ」のは褒めるのが上手い人の特徴の一つです。

人を褒める時に、無表情で褒める人と喜びを顔に出して褒める人では、後者の方が相手の心に響くのは言うまでもないでしょう。

自分のことを本当に思ってくれていたり、自分の良かった点について認めてくれる人の褒め言葉は、人間誰しも信じようと思うことでしょう。

もし、人を褒めようと思うのであれば、相手の良かった点について心から褒めることが必要になるでしょう。

飴と鞭を使い分ける

褒めるのが上手い人の特徴の一つは「飴と鞭を使い分ける」です。

褒めるのが上手い人は大抵、飴と鞭を使い分けることが上手でしょう。

人を褒める時に、いつも褒めてばかりいると大抵、褒められる事が当たり前と思ってしまい、褒めなければ不貞腐れてしまったり、自ら率先して行動しようとしなくなるでしょう。

このように褒める事がマンネリ化してしまうことが、1番恐ろしいのではないでしょうか?マンネリになることを知っているため、褒めるのが上手な人は適当に鞭を入れ、マンネリ化することを避けようとするでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?褒めるのが上手い人の特徴は以下になります。

 

相手の良いところを具体的に沢山知っている

否定から入らない・相手の気持ちを理解する

相槌が上手・改善部分を具体的に褒める

タイミングが良い・間接的に褒める

プロセスを褒める・自分も喜ぶ・飴と鞭を使い分ける

 

人を褒めるのが上手になると、相手の幸せに繋がり、その幸せはやがて自分に返ってくるのではないでしょうか?褒め上手になる事は良いことが多いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました