洗濯が嫌いな人10の特徴

人生

洗濯が嫌いな人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

洗濯が嫌いで、しぶしぶまとめてする人が多いと思うよ。

イタチ
イタチ

そうだね。毎日コツコツ洗濯するのは、なかなか大変だね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

洗濯が嫌いな人の特徴は以下になるよ。

洗濯が嫌いな人の特徴

洗濯をするのが面倒

洗濯をするのが面倒に感じてしまうわ。

「洗濯をするのが面倒」なのは洗濯が嫌いな人の特徴の一つです。

洗濯が嫌いな人は、洗濯はとにかく面倒に感じるのではないでしょうか?洗濯をするためには、洗濯機に洗濯物を入れ、洗剤を入れてスイッチをオンにするだけですが、この作業自体がとにかく面倒だと感じる人もいるでしょう。

また、洗濯をするにあたり、洗濯に伴う他の作業が面倒に感じる場合もあるのではないでしょうか?例えば、洗濯物を干すなどです。先にイメージが先行し、洗濯をしたくなくなる場合は、とにかく決まった日に洗濯を実行することを考えなければならないでしょう。そうでなければ、洗濯物がたまり、ますます洗濯するのが面倒になるでしょう。

干すのが嫌い

洗濯が嫌いな人の特徴の一つは「干すのが嫌い」です。

洗濯が嫌いな人の中には、洗濯機から洗濯物を取り出し、干す作業が嫌だという人も多いのではないでしょうか?自分一人の洗濯物であれば、干すのにも手間はかかりません。

ところが、家族が何人もいると、干さなければならない洗濯物も相当なものになります。洗濯物を干すにはシワを伸ばさなければならないものもあるでしょう。こういった事が面倒に感じて、洗濯嫌いが加速してしまうこともあるでしょう。

畳むのが嫌い

洗濯をした後に衣類を畳むのが面倒に感じてしまうよ。

「畳むのが嫌い」なのは洗濯が嫌いな人の特徴の一つです。

洗濯が嫌いな人の中には、洗濯物を畳むことが面倒に感じる人もいるでしょう。乾燥した洗濯物を取り込み、ただタンスなどにしまうだけであれば良いですが、多くの洗濯物は畳まなければならなくなります。そうしなければ、せっかくの衣類がシワだらけになってしまったりするからです。

畳む作業が面倒な人は、洗濯した後にハンガーに吊るし、そのままタンスに収納するなど、畳む作業を少なくする工夫が必要になるでしょう。

掃除が嫌い

洗濯が嫌いな人の特徴の一つは「掃除が嫌い」です。

洗濯が嫌いな人の中には、洗濯機の掃除が嫌いな人もいるでしょう。洗濯機を毎日使っていると、時間が経過するにつれ 、黒カビが洗濯槽に付いてくる時があります。この黒カビを放置していると、洗濯した時にそれが付着する場合があります。また、健康にもあまり良いとは言えないでしょう。

こういったことを無くすためには、定期的にカビを取ることが必要になりますが、案外時間もかかるのでうんざりしてしまう人もいるでしょう。

着るものが沢山ある

「着るものが沢山ある」のは洗濯が嫌いな人の特徴の一つです。

洗濯が嫌いな人の中には、着るものが沢山あるという人もいるでしょう。洗濯をするのが嫌いなためたくさん服を持ち、洗濯の回数を減らそうとするのではないでしょうか?また逆に、洗濯が嫌いなので、気づけば服をたくさん買い込んでしまっているかもしれません。

このような人が問題になるのは、服の収納問題ではないでしょうか?収納場所がなくて困ってしまうケースも多々あるでしょう。

何日もしない

洗濯が嫌いな人の特徴の一つは「何日もしない」です。

洗濯が嫌いな人は、何日も洗濯をしようとしないでしょう。 一週間位しないで、まとめてしようとする人もいるのではないでしょうか?

このような人が問題になるのは、着る服がなくなったり、衣服に汚れが染み込んでしまい、洗濯しても汚れが取れなくなってしまったりすることでしょう。洗濯嫌いでもやはり週に何回かはしたいところです。

洗剤を買うのが面倒

液体洗剤などをまとめ買いすると、重くて持つのも大変だわ。洗濯が嫌いな理由の一つだわ。

「洗剤を買うのが面倒」なのは洗濯が嫌いな人の特徴の一つです。

洗濯が嫌いな人の中には、洗剤などを買うのが面倒という人もいるでしょう。洗濯そのものはそこまで嫌いでなくても、洗濯をするたびに洗剤や柔軟剤などが減っていき、それを補充するために買い物に行くことが嫌いという人もいるでしょう。

液体の洗剤や柔軟剤は運ぶのが大変なものです。まとめ買いをし、一度に運ぼうとすれば重たくなってしまいます。

このような事が面倒に感じて、洗濯そのものが嫌いになってしまう人もいるでしょう。

シーツや枕カバーを洗わない

洗濯が嫌いな人の特徴の一つは「シーツや枕カバーを洗わない」です。

洗濯が嫌いな人はシーツや枕カバーを洗わないことが多いのではないでしょうか?独身で洗濯嫌いな人は、そのような傾向があるのではないでしょうか?白地の生地が黄ばんでしまい、見るからに不衛生であることがわかる状態になっている人も多いでしょう。

枕カバーは寝る時に自分の顔に一番接するものですから、不衛生であると健康にも良くないでしょう。こまめに洗濯し汚れを取りたいものです。

収納が面倒

衣類を収納するのが面倒で、洗濯をするのが嫌いだわ。

「収納が面倒」なのは洗濯が嫌いな人の特徴の一つです。

洗濯が嫌いな人の中には、収納が面倒という人もいるでしょう。大家族であればあるほど、 洗濯をした後に、洗濯物を畳み収納するのが大変なものです。

子供がいる場合、畳んだ洗濯物を自分で収納するようにお願いしても、なかなかタンスの中などにしっかり収納してくれず、いつまでも畳んだ洗濯物が放置されているのを見て、イライラさせられるケースも多いでしょう。

分類が面倒

洗濯が嫌いな人の特徴の一つは「分類が面倒」です。

洗濯が嫌いな人の中には、洗濯をする前の分類が面倒と言う人もいるでしょう。普通洗いをする場合でも、衣類の種類で分けて洗濯する人もいるでしょう。白い生地の衣類に、他の洗濯物の色が移らないように分類すると、なかなか手間がかかるものです。

また、普通洗い出来ないものは実際に手洗いモードにしたり、手洗いしなければならないものもあります。こういった作業が面倒で、洗濯が嫌いな人も多いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?洗濯が嫌いな人の特徴は以下になります。

洗濯をするのが面倒・干すのが嫌い

畳むのが嫌い・掃除が嫌い

着るものが沢山ある・何日もしない

洗剤を買うのが面倒

シーツや枕カバーを洗わない

収納が面倒・分類が面倒

洗濯が嫌いな人には様々な理由がありますが、一度にたくさんの洗濯をするとなれば、時間も労力もかかることになります。そうすると、ますます洗濯が嫌いになってしまうでしょう。可能な限りこまめに洗濯する習慣を身につけ、干す、畳むなどの作業が増えないようにすることが、洗濯嫌いを防ぐ方法の一つではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました