辛いものが好きな人10の特徴

人生

辛いものが好きな人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

辛いものが好きな人がいるね。

イタチ
イタチ

そうだね。激辛にとりこになっている人も多いね。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

辛いものが好きな人の特徴は以下になるよ。

辛いものが好きな人の特徴

激辛食品をよく食べる

毎日辛い物を食べないと物足りないよ。

「激辛食品をよく食べる」のは辛いものが好きな人の特徴の一つです。

辛いものが好きな人は、激辛食品を好んでよく食べるのは言うまでもないでしょう。一般人が食べると、舌がヒリヒリして大変な思いをするようなものを好んで食べるものです。

例えば、激辛のインスタントラーメン、激辛カレー、激辛スープ、激辛キムチなどを好んで食べることが多いのではないでしょうか?

1日に1度激辛のものを食べなければ、寂しい気持ちになってしまう人もいるのではないでしょうか?

激辛調味料を大量に使う

辛いものが好きな人の特徴の一つは「激辛調味料を大量に使う」です。

一般的な人は辛い調味料を少しだけ使うことが多いでしょう。例えば、そばやうどんを食べる時に一味や七味を使いますが、味が少し変わる程度しか使わないでしょう。

ところが、辛い物が好き人は、大量に使うことでしょう。そばつゆの中が赤い一味で一杯になっているのをみて、周囲の人からビックリされることも多いでしょう。

また、洋食を食べる時にタバスコやマスタードを使うことがありますが、辛いものが好きな人はこれらも大量に使い、周囲の人を驚かせることも多々あることでしょう。

四川料理が好き

中華は四川が好きだわ。辛さの中にも美味しさがあるわ。

「四川料理が好き」なのは辛いものが好きな人の特徴の一つです。

四川料理のお店で料理を注文すると、麻婆豆腐などがかなり辛い味付けになっています。これは、辛さの中にも深い味わいがあることが多いですが、やはり辛くて食べる時に苦労してしまう人も多いでしょう。

辛いものが好きな人は、四川料理の辛さが心地よく感じるレベルなのかもしれません。食べた後に軽く汗をかく位で満足するのではないでしょうか?

辛さが気にならない

辛いものが好きな人の特徴の一つは「辛さが気にならない」です。

一般的な人は、辛い物を食べると辛く感じるものです。そして、大抵水を欲しがることでしょう。辛いものが好きだという人は、たまに水を飲むことがあったとしても、必ず必要だというわけではないでしょう。これは、辛さがあまり気にならないからではないでしょうか?

辛いものを本格的に食べ始めた頃は、辛さを感じていたのかもしれませんが、日常的に辛いものを食べることを繰り返すうちに慣れてしまったのかもしれません。

何でも辛くしたくなる

「何でも辛くしたくなる」のは辛いものが好きな人の特徴の一つです。

辛いものが好きだという人を見ていると、ありとあらゆる食品を辛くしたがることが多いのではないでしょうか?

例えば、デリバリーピザを食べる時に、尋常ではない位のタバスコをふりかけ、美味しそうに食べるといった具合です。マイタバスコなどを持っており、食事の度にそれをふりかけて辛くしたがる傾向があるでしょう。

カレー店では辛さがかなり高いものを注文

辛いものが好きな人の特徴の一つは「カレー店では辛さがかなり高いものを注文」することです。

カレー専門店などに行くと、辛さのレベルを選択することができます。辛いものが好きな人は大抵、一般人からするとかなりの辛さを選択するでしょう。そのようなカレーを食べても、ほとんど水を飲まずにペロリと平らげることも多いでしょう。

一方で、カレーは甘口しか食べられないという人からすると、考えられない辛さかもしれません。舌がピリピリして、カレーを一口食べる度に水を飲むことになるのではないでしょうか?

胃腸が丈夫

辛いものが好きな人は胃腸が丈夫だと思うよ。僕は弱いから、沢山食べることが出来ないよ。

「胃腸が丈夫」なのは辛いものが好きな人の特徴の一つです。

身の回りの辛いものが好きだという人を見ていると、胃腸が丈夫だと思うことが多々あります。私も辛いものは好きですが、毎日食べているわけでもないので、突然辛いものが体の中に入ると、食べてから30分から1時間後位に必死にトイレを探すことになります。

辛いものが好きだという人は胃腸が丈夫で、そのようなことにならないのではないでしょうか?そのような身体を持っている人は羨ましい限りです。

エスニック料理が好き

辛いものが好きな人の特徴の一つは「エスニック料理が好き」です。

辛いものが好きだという人を見ていると、エスニック料理が好きだという人が多いのではないでしょうか?定期的に専門店に通う人もいるでしょう。

エスニック料理といえばパクチーがよく使われますが、この独特の香りも好きなのかもしれません。

辛いものがあまり好きでない人は、このようなレストランに通うことは殆どないでしょう。一度行ったきりでおしまいという人も多いのではないでしょうか?

汗をかくのが好き

辛いものを食べた後に汗をかくと、爽快な気分になれるわ。

「汗をかくのが好き」なのは辛いものが好きな人の特徴の一つです。

辛いものを食べると汗をかくことが多いものですが、辛いものが苦手な人の中には、発汗が苦手だという人も多いのではないでしょうか?

真夏に炎天下を歩き涼しい店内に入っても、 激辛の料理を食べて汗をかくと、あまり良い心地がしないことも多いのではないでしょうか?

一方で、辛い物が好きな人は、辛いものを食べて汗をかくと爽快な気分になれることが多いでしょう。

ハバネロでは気にならない

辛いものが好きな人の特徴の一つは「ハバネロでは気にならない」です。

一般的な人がハバネロを使った食品を食べると大変辛いと感じるはずです。ところが、辛いものが好きな人は、ハバネロでは全く気にならないという人も多いのではないでしょうか? 全く気にならないどころか物足りないと感じる人もいるはずです。

そのような人は、ジョロキア位でちょうど自分好みの辛さになっていると感じる人も多いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?辛いものが好きな人の特徴は以下になります。

激辛食品をよく食べる・激辛調味料を大量に使う

四川料理が好き・辛さが気にならない

何でも辛くしたくなる

カレー店では辛さがかなり高いものを注文

胃腸が丈夫・エスニック料理が好き

汗をかくのが好き・ハバネロでは気にならない

辛いものが好きな人は、辛いものを食べてもへっちゃらであることが多いものです。これは先天的に辛さに強い人なのかもしれません。辛いものを食べて楽しむことは良いことですが、食べ過ぎには気をつけたいところです。適度な範囲で辛いものを食べ、気分転換ができれば良いのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました