女性が苦手な男性10の特徴

人生

女性が苦手な男性の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

女性が苦手な男性がいるよね。僕も昔はそうだったな。

イタチ
イタチ

確かにいるよね。難しく考え過ぎな気がするな。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

女性が苦手な男性の特徴には以下のようなものがあるよ。

女性が苦手な男性の特徴

女性を意識し過ぎる

女性を意識し過ぎて緊張してしまうな・・。

女性が苦手な男性の特徴の一つは「女性を意識し過ぎる」です。

相手が女性だと思えば思うほどガチガチになってしまう男性がいるのではないでしょうか?そうすると思ってもいないような言動や行動をするようになって困惑することも多いのではないでしょうか?

女性を意識し過ぎると、格好つけようと思うのではないでしょうか?そうすると、ぎこちなくなるでしょう。そういうことを繰り替えしていると、女性の前でガチガチになる自分を意識してしまい、段々と女性が苦手になるのではないでしょうか?

周囲にあまり女性がいない

「周囲にあまり女性がいない」のは女性が苦手な男性の特徴の一つです。

女性が苦手な学生さんの中には男子校の学生もいるでしょう。年頃の男性が女性とほとんど接する機会がない環境に置かれれば、女性が苦手になるのも無理はないでしょう。

これは学生さんばかりではないでしょう。例えば、勤務先が男性が殆どの環境の中で、女性が数人しかおらず、仕事外でも女性と出会う機会がなければ、女性が苦手に感じるようになっても不思議ではないのではないでしょうか?

女性と話す場数が少ない

あまり女性と話す場数がないから、女性慣れしていないな。

女性が苦手な男性の特徴の一つは「女性と話す場数が少ない」です。

女性が苦手な男性の多くは「女性とうまく話せない」「女性と何を話せば良いのか分からない」と思うことが多いのではないでしょうか?これは、女性との話術に関する生まれ持った才能もあるかもしれませんが、殆どは女性と話す場数が少ないからでしょう。

沢山女性と話をしていれば、たわいも無い話でも盛り上がるようになるものです。一方で話す場数が少ない人は「相手を笑わせよう」「相手にかっこよく思われる話をしよう」などと変に気負うのではないでしょうか?結果として、段々と女性が苦手になるのではないでしょうか?

場数を増やし、女性とのたわいも無い会話を楽しむ意識がまず最初に必要でしょう。

男兄弟しかいない

「男兄弟しかいない」のは女性が苦手な男性の特徴の一つです。

全ての男性がそうだとは限りませんが、女性が苦手な男性の中には男兄弟の中で育ったために、女性を観ると意識し過ぎる人もいるのではないでしょうか?

妹や姉がいれば、女性がどのような物の考え方をし、行動をするのか経験的に分かるでしょう。ところが男兄弟しかおらず、接点のある女性が母親位しかいなければ、女性を前にした時に必要以上に構えてしまい、怖気づくことが多くなるのではないでしょうか?

基本的に恥ずかしがり屋

女性が苦手な男性の特徴の一つは「基本的に恥ずかしがり屋」です。

女性を前にしてだけではなく、誰に対しても恥ずかしがり屋の男性がいます。恥ずかしさのあまり目を合わせるのも苦手、自分から人に話しかけるのも苦手というタイプの人です。

このような人は、女性を前にすると恥ずかしさのあまり更に舞い上がってしまい、話しかけるなどの行動を取れなくなるかもしれません。

そのような行動を繰り返して入れると、自信を失い、ますます女性に対して苦手意識を持つようになることもあるでしょう。

本当は女性好き

「本当は女性好き」は女性が苦手な男性の特徴の一つです。

女性が苦手な男性の中には、本当はかなり女性好きな人がいるのではないでしょうか?女性が好きな人は、一人の人物を「男性か女性か?」という観点で考えるのでしょう。「目の前にいるのは女性なのだ」と考えれば考えるほど、過剰に相手を意識してしまうでしょう。結果として、余計な力が入ってしまうものです。

一方で、そこまで女性好きではない男性は一人の人物を男性か女性か?とはあまり意識しないでしょう。単に一人の人としてみるのでしょう。そうすれば、余計な力が入ることもないでしょう。力が入らなければ自然な対応が出来るようになるものです。

女性に関して苦い経験がある

昔、女性に裏切られたトラウマがあるな。

女性が苦手な男性の特徴の一つは「女性に関して苦い経験がある」です。

元々女性が苦手なタイプもいるものですが、女性に関して苦い経験があり、苦手になった人もいるのではないでしょうか?

例えば「自分が信頼していた女性にお金を持ち逃げされ傷ついた」「よその男と浮気していたのを知りトラウマとなっている」などといった苦い出来事があり、女性が苦手になる人もいるでしょう。自分が信頼していればしている程、人に裏切られたショックは大きいものです。

こういった体験をすると、女性不信になってしまうのも無理はないのではないでしょうか?

自分に自信がない

「自分に自信がない」のは女性が苦手な男性の特徴の一つです。

「自分は大した趣味もないな」「自分は学歴も普通だ」「自分は話も面白い訳ではない」と自分に対して自信がなければ「どうせ自分みたいなのが女性にアプローチしてもダメだろう」と女性に対して諦め癖がある人になるのではないでしょうか?そして、女性に対して苦手意識を持つようになるでしょう。

ですが、冷静に考えてみれば世の中大半以上が普通の男性と女性で構成されています。ですから、普通であることで自信を失うこともないでしょう。

自分の容姿が悪いと思っている

自分の容姿がよければな・・

女性が苦手な男性の特徴の一つは「自分の容姿が悪いと思っている」です。

「自分はこんな容姿だ。どうしてイケメンに生まれなかったのだろう?」と悩む男性も多いのではないでしょうか?そして「イケメンであれば、もっとモテて女性に困らない人生を歩んでいただろう」と思うことも多いのではないでしょうか?

たとえ自分の容姿が普通でも、そう思い込んで女性にアプローチする機会が減れば、ますます自信を失い、女性に対する苦手意識は増すのではないでしょうか?

ですが、冷静に考えてみればイケメンはごくわずかです。大概は人並みの容姿です。そして、普通の容姿の女性も沢山いるのです。ですから、自分の容姿が普通であれば思い悩む必要は全くないでしょう。

女性と何を話して良いのかわからない

「女性と何を話して良いのかわからない」のは女性が苦手な男性の特徴の一つです。

女性が苦手な男性の中には、女性と話をするのが苦手な人もかなりいるのではないでしょうか?その理由は色々とあるかもしれませんが、一つは「何を話せば良いのかわからなくて困る」ではないでしょうか?

「どんなことを話せば良いのだろう?」と考え、悩みそして沈黙してしまうのです。女性の側からみれば沈黙されると困り、話しかけにくくなり、男性女性どちらの側も困ってしまうというパターンに陥るでしょう。

そんな事を繰り返し、女性が苦手になる男性も多いのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?女性が苦手な男性の特徴は以下になります。

 

女性を意識し過ぎる・周囲にあまり女性がいない

女性と話す場数が少ない・男兄弟しかいない

基本的に恥ずかしがり屋・本当は女性好き

女性に関して苦い経験がある・自分に自信がない

自分の容姿が悪いと思っている

女性と何を話して良いのかわからない

 

女性が苦手な男性は、女性を目の前にすると緊張する人が多いでしょう。ですからまず、女性慣れをすることが大事ではないでしょうか?その為には、とにかく話をする機会を増やすことではないでしょうか?失敗しても、話す回数が増えれば苦手意識は段々減るはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました