PR

歳をとったと思う瞬間10選

人生
記事内に広告が含まれています。

歳をとったと思う瞬間10選

ピゴシャチ
ピゴシャチ

歳をとったと思う瞬間が時々あるな。

イタチ
イタチ

加齢は必然だからね。誰しもそういう時があるよ。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

歳をとったと思う瞬間は以下になるよ。

歳をとったと思う瞬間

食欲がなくなった

最近食欲がなくなったな。

「食欲がなくなった」のは歳をとったと思う瞬間の一つです。若い頃には、脂っこいものを沢山食べても胃がもたれなかったのに、ある時を境に油物はあまり食べられなくなったと言う経験は無いでしょうか?また、何もしていなくてもいつでもお腹が空いていて、たくさん食べることができた食欲旺盛の人であったのに「ある日突然、食欲があまりなくなり、たくさん食べることが苦痛になった・・」と言う経験は無いでしょうか?このような時に、多くの人は歳をとったと思うことでしょう。

目が悪くなった

歳をとったと思う瞬間の一つは「目が悪くなった」です。自分が若い頃に、老眼鏡をかけている人の話や、ある日を境に近くのものが見えづらくなったと言う人の話を聞いていて、ピンとこなかったと言う経験は無いでしょうか?ところが、自分もある日を境に同じような経験をするようになった時、歳をとったと思うのではないでしょうか?また、夜車を運転している時などに、夜間視力が落ちてヒヤリとすることがあった経験を持っている人も多いでしょう。歳を重ねると、目にくるのは多くの人が思っていることでしょう。

白髪が増えた

白髪が急に増え出した時は、ショックだったわ・・

「白髪が増えた」のは歳をとったと思う瞬間の一つです。ある年齢を超えた時から、髪の中に一本白髪が混じるようになり、時間が経過するにつれて、その白髪の本数が増えていったと言う経験を持っている人は多いでしょう。そんな時に、自分は歳をとったと思うことでしょう。白髪染めを買って染めてみたり、美容室に行った時などに白髪を染めてもらうと言う人も多いのではないでしょうか?加齢と共に起こる現象とは言え、白髪を見た時にショックを受ける人も多いでしょう。

しわが増えた

歳をとったと思う瞬間の一つは「しわが増えた」です。中年の人がクタクタになり、通勤電車に揺られているある日、ガラスに映っている自分の顔を見て、ずいぶん老けたなぁと思う時があるのではないでしょうか?今迄なかったところに、シワが増えていると思ったことがあるでしょう。また、洗面台で顔を洗いながら鏡を見た時に、自分の顔にかなりシワが増えたと思う瞬間があるのではないでしょうか?多くの人が、シワが増えたと感じる時に歳をとったと思うことでしょう。シワの数だけ人生経験が増えたと感じるか、歳をとったと愕然とするかのどちらかではないでしょうか?

おじさん・おばさんと呼ばれるようになった

「おじさん・おばさんと呼ばれるようになった」のは歳をとったと思う瞬間の一つです。学生時代に「何あのおじさん!」「あのおばさん、憎たらしいわね!!」などと言っていた記憶がないでしょうか?自分がそのように呼んでいたのに、いつの間にか同じように呼ばれるようになっているのではないでしょうか?そう呼ばれるようになった時に「自分もおじさんやおばさんになってしまった・・」としみじみと痛感するのではないでしょうか?時の流れと言うものは早いものです。気づけば、自分がそのような歳になっているものでしょう。

記憶力が落ちた

歳をとったと思う瞬間の一つは「記憶力が落ちた」です。「この間、それ伝えたわよ」「その話、何度も聞きましたよ」などと人から言われることがないでしょうか?そのような時に、自分が歳をとったと痛感させられるのではないでしょうか?また、学生時代であれば、一度見れば覚えることができたものが、何度も反復しないと覚えられなくなったと感じることもあるのではないでしょうか?そのような時にも同様に、歳をとったと思うことでしょう。

夜中にトイレに起きるようになった

去年位から、頻繁に夜中にトイレに起きるようになったな。

「夜中にトイレに起きるようになった」のは歳をとったと思う瞬間の一つです。中年や高齢者が夜中に何度もトイレに起きる様子を見ていて「なんであんなに何度もトイレに起きるのだろうか?」と若い頃は思うでしょう。ところが、ある年齢に達した時に、自分も同じような経験をしている事に気づくでしょう。そして「歳をとると、夜中に何度もトイレに起きるのは本当なんだなぁ」と思うのではないでしょうか?加齢と共に誰にでも起きる出来事ですが、少しばかりしょんぼりしてしまう瞬間ではないでしょうか?

寝つきが悪くなった

歳をとったと思う瞬間の一つは「寝つきが悪くなった」です。体が疲れているからと早く床に就いたにも関わらず、なかなか眠ることができなくなり、焦ったりイライラすることが増えたと思う時がないでしょうか?そのような時に、自分も歳をとったと思うことでしょう。若い時には、布団に入り1分か2分もすれば意識がなくなっていたのにもかかわらず、いつの間にかそのようになってしまっているのです。寝付きが悪くなり睡眠の質も下がり、がっかりする人も多いでしょう。

感動することが少なくなった

若い時と比べて、感動が少なくなったわ・・

「感動することが少なくなった」のは歳をとったと思う瞬間の一つです。10代の頃や20代の頃には、おいしいものを食べたり、行ったことのない場所へ行ったり、素晴らしい話などを聞くと、大いに感動することができたのではないでしょうか?ところが、ある年齢を超えた時に、そういった感動がなくなると思うことでしょう。自分もついに歳をとってしまったと思い知らされる瞬間でしょう。そして、少し寂しい気持ちになる時ではないでしょうか?

朝早く目が覚める

歳をとったと思う瞬間の一つは「朝早く目が覚める」です。若い頃に、おじいちゃんやおばあちゃん達が、朝早くに起きて散歩する様子を見ていて「あんなに朝早くからよく起きられるな」などと思っていたのにも関わらず、ある日気づけば自分も朝早く目が覚めるようになっていて、ビックリすることでしょう。朝が弱い人であったのが信じられなくなるでしょう。一度朝目が覚めてしまうと、その後なかなか寝付けなくなり、「あー自分も歳をとった」と痛感させられるのではないでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?歳をとったと思う瞬間は以下になります。

 

食欲がなくなった・目が悪くなった

白髪が増えた・しわが増えた

おじさん・おばさんと呼ばれるようになった

記憶力が落ちた・夜中にトイレに起きるようになった

寝つきが悪くなった・感動することが少なくなった

朝早く目が覚める

 

人間いつの日か歳をとるものです。これは避けられないことです。その時に愕然とするのではなくて、ありのままを受け入れることが重要でしょう。そして、より自分の健康に気を配ることが必要になる時でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました