好きなことをする10のメリット

人生

好きなことをする10のメリット

ピゴシャチ
ピゴシャチ

好きなことをしていれば、生活の充実感は高くなるね。

イタチ
イタチ

人生100年時代だから、それがあるのと無いのとでは大きく変わると思うな。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

好きなことをするメリットは以下になるよ。

好きなことをするメリット

生きがいになる

私の生きがいは何かな?

「生きがいになる」のは好きなことをするメリットの一つです。

「あなたの生きがいは何ですか?」と尋ねられた時に、すぐに答えを出せる人がいるでしょうか?もし、すぐ答えることが出来る人は、生きがいを持って生きている人でしょう。人生が充実しているのではないでしょうか?

一方で、なかなか考えても答えが出ない人は、本当の意味で自分がワクワクすることを見つけていない人でしょう。つまり、生きがいを模索中の人です。好きなことを満足いくまで行うと、それは大きな生きがいとなることでしょう。

気分転換になる

好きなことをするメリットの一つは「気分転換になる」です。

毎日通勤電車に揺られながら会社に行き、ストレスの溜まる人間関係で働いている人は気分転換が必要でしょう。そうでもしなければ、毎日毎日イライラすることの連続で、心を病んでしまうかもしれません。

大きなストレスに晒されるような生活を送っている人でも、自分が好きなことを持っている人は大きく気分転換することができるでしょう。結果として、ストレスにうまく対処することができるでしょう。一方、気分転換をうまくできない人は、ストレスが溜まる一方でしょう。

自分の才能に気付ける

たまたま退職間際に始めた蕎麦打ちだけど、自分の新たな才能に気付けたよ。

「自分の才能に気付ける」のは好きなことをするメリットの一つです。

時々、中年の頃や退職後にたまたま始めた何かにすっかりハマってしまい、自分の新たな才能に気付ける人もいるのではないでしょうか?

例えば、女性の中には、たまたま始めたパン作りが好きになり、毎日毎日パンを作っているうちに、人よりもパン作りの才能が豊であることに気付く人もいるでしょう。

自分が作ったパンを人に食べてもらうと「これは凄くおいしい!」などと喜ばれ「自分には天性のパン作りの才能があるのかもしれない」などと思い、最終的にパン屋さんを始める人などもいることでしょう。

好きなことに没頭すると、自分が知らなかった才能を発見する場合もあるでしょう。

新たな仲間に出会える

好きなことをするメリットの一つは「新たな仲間に出会える」です。

自分が好きなことをやっていると、その喜びを他の人と共有したいと言う気持ちが生まれるでしょう。この気持ちが、新たな仲間に出会うチャンスを与えてくれることでしょう。

いくら自分が好きなことをしていても、自分1人では寂しさを感じる場合もあります。このような時に、自分が好きなことと同じことをしている人達のグループに入りたいと思うことでしょう。そして、新たな仲間との出会いに繋がることでしょう。

辛い事を忘れられる

「辛い事を忘れられる」のは好きなことをするメリットの一つです。

長い人生の中では、楽しいことばかりではないでしょう。辛いこと、嫌なことなどがあるでしょう。例えば、親の介護に毎日のほとんどの時間を費やしている人などは、なかなか辛い環境であるでしょう。いくら自分の肉親であったとしても、毎日毎日介護ばかりしていれば、気が滅入ってしまうこともあるでしょう。

もし、そのような人が、たとえ一瞬であったとしても辛いことを忘れられる時間を持てると、前向きに生きることができるでしょう。好きなことをすることで、ほんの少しの時間でも辛い事から目を背けることができるでしょう。それは非常に重要な時間ではないでしょうか?

人を妬まなくなる

好きなことをするメリットの一つは「人を妬まなくなる」です。

人を妬む人がいます。他人の容姿や、お金、ステータスなど妬む対象には様々なものがありますが、自分が好きなことをやっており、心から満足している人は妬む事は少ないのではないでしょうか?

たとえ、平均的な収入しか得られていなくても、自分のプライベートな時間で好きなことを心行くまですることが出来るなど、プライベートが充実していれば、素晴らしい人生を歩んでいると感じることができるでしょう。そうすると、あまり人を妬まないでしょう。逆に妬まれる人となることが多いのではないでしょうか?

人を魅了できる

自分が好きなことをしていると、人を魅了できると思うわ。

「人を魅了できる」のは好きなことをするメリットの一つです。

人が一生懸命仕事をしている姿を見ていると、魅了されるものではないでしょうか?一生懸命仕事をしている姿を見ていて、気分が悪くなる事はないでしょう。むしろ晴れ晴れとした気持ちになるのではないでしょうか?

自分の子供に、働いてる姿を見せるお父さんやお母さんがいますが、これは素晴らしいことでしょう。子供を魅了することができるでしょう。子供は、そこから何かを感じ取り、自分の人生を生きていく上で何かヒントを得られるでしょう。自分が好きなことを仕事にしている場合であれば、さらに子供を魅了することができるのではないでしょうか?

副業などでゆとりが持てる

好きなことをするメリットの一つは「副業などでゆとりが持てる」です。

好きなことをやると、ストレスをコントロールしたり、精神的な満足感が高まるでしょう。そして、人を魅了すると自分の好きなことをしながらお金を得ることも可能になります。本業とは別に、自分が好きなことをしながらある程度お金が入ってくると、精神的な満足感に加えて経済的なゆとりも生まれます。そうすれば、更に精神的なゆとりも生まれるようになるでしょう。

好きなことをする事は良いことばかりではないでしょうか?

充実した老後に繋がる

退職後時間もお金もあるけど、充実感が感じられないわ。

「充実した老後に繋がる」のは好きなことをするメリットの一つです。

長年働いてきた会社を退職してから、ある程度のお金を持ち、たくさんの時間を持ちながらも老後生活に不満を感じる人がいます。その理由は何でしょうか?その1つは、生活に充実感を感じられないからでしょう。

寂しい老後を迎えない10の方法

たとえお金を持ち、時間をたくさん持っていたとしても、充実感は必ずしも感じられるものではありません。心の底から湧き上がる充実感がなければ、老後生活は楽しくないでしょう。

もし、自分が好きなことをやり、その結果充実感を感じることができれば、良い老後生活を送ることができるでしょう。そのためにも、好きなことをすることは大切でしょう。

仕事の場合はストレスがかかりにくい

好きなことをするメリットの一つは「仕事の場合はストレスがかかりにくい」です。

自分の好きなことを仕事にしている人は、ストレスがかかりにくいのではないでしょうか?例えば、毎日長時間働くにしても、自分が嫌な仕事を勤務時間中、半強制的にすれば大変なストレスがかかるでしょう。最悪の場合は、過労死と言う結果になってしまうかもしれません。

一方で、自分が好きなことを生業としている場合は、たとえ激務であったとしても、あまりストレスだと感じずに、仕事に取り組み続けることができるでしょう。好きなことを仕事にするかしないのかではストレスの度合いは大きく変わるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?好きなことをするメリットは以下になります。

 

生きがいになる・気分転換になる

自分の才能に気付ける・新たな仲間に出会える

辛い事を忘れられる・人を妬まなくなる

人を魅了できる・副業などでゆとりが持てる

充実した老後に繋がる

仕事の場合はストレスがかかりにくい

 

誰にでも、自分が好きなことが幾つかあるでしょう。自分が心行くまで好きなことをする事で、心が満たされ、生活も快適なものになることでしょう。そうすれば、人生も満足いくものとなるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました