PR

泳げない人10の特徴

人生
記事内に広告が含まれています。

泳げない人10の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

全く泳げないという人も世の中にはいるね。

イタチ
イタチ

そうだね。私も全然泳げないよ。

ピゴシャチ
ピゴシャチ

泳げない人の特徴は以下になるよ。

泳げない人の特徴

水を怖がる

小さい時に溺れかけてから、水への恐怖が増し、水を見るのも嫌だな。

「水を怖がる」のは泳げない人の特徴の一つです。泳げる人は、水を怖がると言うことがないでしょう。一方で、泳げない人は大抵、水を怖がっていることが多いのではないでしょうか?小さい頃に水を怖がる原因となるような出来事があったなど、トラウマを抱えている人は多いのではないでしょうか?そして、それが原因で泳げないという人も多いのではないでしょうか?確かに、水の中は暗かったり音が聞こえにくい事もあり注意が必要でしょう。ですが、泳ぐ上では、怖がり過ぎるのは悪影響を及ぼすことになるでしょう。

なかなか進まない

泳げない人の特徴の一つは「なかなか進まない」です。泳げない人は、かなり力を入れている割にはなかなか進まないことが多いものです。テレビの芸人さんなどで泳げない人を見ていると、ひどい場合には前に進もうと思っても、後ろに進んでしまう人もいるものです。このような場合は大抵、泳ぎ方に問題があると言って良いでしょう。ですから、まず問題点をしっかり把握することが重要になります。前に進まない原因を突き止められれば、状況はかなり改善するのではないでしょうか?

息継ぎが出来ない

泳いでいると、息継ぎがうまく出来なくて苦しい思いをするわ。

「息継ぎが出来ない」のは泳げない人の特徴の一つです。泳げない人は大抵、息継ぎができない人が多いのではないでしょうか?自由自在に泳ぐことができる人は、息継ぎも自由にできるものです。一方で、泳げない人は大抵の場合、上手に呼吸することができないでしょう。呼吸がうまくいかなければ長距離を泳ぐことが難しくなります。泳げない人は、非常に苦しそうな顔をしていることが多いでしょう。窒息寸前のような顔をしている場合もあるのではないでしょうか?息継ぎのタイミングを練習してみることで呼吸が楽になり、泳ぎの上達に繋がるのではないでしょうか?

バタ足が出来ない

泳げない人の特徴の一つは「バタ足が出来ない」です。泳げない人はなかなか前に進めないものですが、しっかりとバタ足ができない人も多いのではないでしょうか?推進力が弱ければ、体が沈んでしまうと言う事は多々あるでしょう。一方で、推進力がある程度あれば、体は前に進み続けます。泳ぐ上でバタ足がしっかりできるかどうか?は重要になるものです。これが案外しっかりできなくて、泳げない人も多々いるでしょう。

泳いでいる方向が分からなくなる

「泳いでいる方向が分からなくなる」のは泳げない人の特徴の一つです。泳げない人の中には、しっかりと目を開けていなくて、自分がどこを泳いでいるのか分からなくなる人も多いのではないでしょうか?まっすぐ泳げずに、斜めに逸れてしまったり、いつの間にか逆方向に進んでしまっているケースもあるでしょう。水を怖がり、目をしっかり開けていなければ、どこを泳いでいるのか分からなくなってしまうかもしれません。しっかり目を開けるのが難しい人は、水中で目を開く訓練がまず最初に必要になるでしょう。

フォームが悪い

泳げない人の特徴の一つは「フォームが悪い」です。泳げない人は、なかなか前に進めないものです。それには理由が色々あるものですが、フォームが悪いと言うこともあるでしょう。フォームが悪ければ、どうしても、無駄な力が入ってしまうため効率が下がってしまうものです。フォームは短期間で身に付くものでは無いかもしれませんが、正しいフォームを意識しながらしっかり泳ぐ練習をすることで、段々身に付いていくものでしょう。

浮かない

どういう訳か、体が沈んでしまってダメだよ。

「浮かない」のは泳げない人の特徴の一つです。泳げる人は、当然ながら誰しも水に浮かぶことができるものです。そして「力を入れずに水に浮けば良いんだよ」と言うことでしょう。ですから、水に浮くことができない人など信じられないのではないでしょうか?ところがどういう訳か、水にプカリと浮くことが出来ない人もいるものです。水に浮けない人は、体から無駄な力を抜き、水に浮く練習をしてみることも重要でしょう。

力を入れ過ぎる

泳げない人の特徴の一つは「力を入れ過ぎる」です。上手に泳げる人を見ていると、大抵ゆったりと泳いでいることが多いのではないでしょうか?無駄な力など全く入っていないのは一目瞭然でしょう。一方で、泳げない人は力が入っていることが多いのではないでしょうか?力ばかり入り、その割には推進力に繋がっていないケースが多いでしょう。力が入り過ぎれば、どうしても効率良く泳ぐことはできなくなるでしょう。ただ、これも練習次第で、力を入れ過ぎずに泳ぐことができるようになるでしょう。

環境

周りにプールも海もない環境で育った為か、全然泳げないな。子供が出来たら水泳だけはさせたいな。

「環境」は泳げない人の特徴の一つです。地域によっては、泳げる人が珍しいと言うところもあるようです。泳げるか泳げないかは環境にもよるのではないでしょうか?海やプールが身近なところにある環境の人は、自然に泳ぐ機会は増えるでしょう。小さい頃からそのような環境にあれば、誰でもある程度の水準までは自然に泳げるようになるのではないでしょうか?一方で、泳ぐ環境が身近にない人は、あまり上達できなくても不思議ではないでしょう。

練習不足

泳げない人の特徴の一つは「練習不足」です。もし身近な環境に海やプールがあるのに泳げないと言うのであれば、それは練習不足であることが多いのではないでしょうか?きちんと泳げる人が側にいて、適切な指導を受けることができるのであれば、後は練習次第と言うことになるでしょう。自分がしっかり泳ぐためのポイントを理解し、練習を積むことができれば、誰でも普通に泳ぐことができるようになるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?泳げない人の特徴は以下になります。

 

水を怖がる・なかなか進まない

息継ぎが出来ない・バタ足が出来ない

泳いでいる方向が分からなくなる

フォームが悪い・浮かない

力を入れ過ぎる・環境・練習不足

 

泳げない人は、まず水に対する恐怖感が強いこともあるでしょう。その恐怖感を取り除く1番の方法は自信を深めることでしょう。では、どうすれば自信を獲得できるのでしょうか?それはある程度成果を出すことでしょう。短時間で成果を出したければ、お金を払って指導を受けてみるのも1つの手かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました