計画的な人15の特徴

人生

計画的な人15の特徴

ピゴシャチ
ピゴシャチ

職場の上司が計画的な人でいつも感心させられることばかりだよ。

イタチ
イタチ

私の上司も凄く計画的だよ。計画的な人にはどのような特徴があるのかな?

計画的な人の特徴

考え抜いている

考え抜かないと気が済まないな・・

計画的な人の特徴の一つは、考え抜いていることです。

自分で何かを実行する時に、細部まで考える人と、考えない人がいます。計画的な人は細部まで徹底的に考え抜きます。

例えば、起業する時にも〝〇〇の場合はどうするか?〟ということを様々な場面を想定して考えるものです。

一方で、起業するにしても場当たり的な考えで、何も想定していない人もいます。

手順を追う

計画的な人の特徴の一つは、手順を追うことです。

計画的な人は概要を理解し、その手順に沿ってことを進めようとします。

旅行に慣れた計画的な人は、旅行準備をする時にあまり時間がかからず、忘れものをしないものです。旅行準備の為の概要を理解し、手順に従って準備を進めるからです。絶対に必要なものが何か?理解しそれを忘れることもありません。

一方で、計画的でない人は、概要を理解しておらず、手順もありません。従って余計に時間ばかりがかかって、必要なものを忘れたりするものです。

論理的である

論理的に考えると無駄がないのが良いよ。

計画的な人の特徴の一つは、論理的であることです。

計画を思い付きで立て、思い付きで実行すると、それは計画ではなくなります。一つの筋道にしたがって考え、実行するからこそ計画はうまく進みます。計画的に進められる人は、それだけ論理的であるということになります。

着実である

着実であることも、計画的な人の特徴の一つです。

一つの計画を完了させるためには、それぞれの工程を確実にこなすことが必要になります。

例えば、料理を完成させるためには、材料の購入、下ごしらえ、加熱、盛り付けなどの工程がありますが、この全ての工程を着実にこなさなければ、料理は完成しません。

計画的な人は着実性もあるものです。

慎重である

私は何でも慎重になっちゃうな・・

計画的な人の特徴の一つは、慎重であることです。

計画をうまく実行するには、計画がうまく立てられているか?もありますが、同時にどれだけそれをその通りに実行できるか?が重要になります。

計画を立てたように実行するためには、その計画を着実に進める慎重さが求められます。

列車を走らせる運転士さんが、運行計画に従って運転するには、細心の注意と慎重さが求められるのと同じです。

自分のペースを守る

自分のペースを守るのも、計画的な人に見られる特徴の一つです。

何かの競争や戦いをする時に、計画的な人は自分のペースを守ることが出来ます。例え、自分の調子が良くてもオーバーペースにならないようにコントロールしたり、自分の戦力に余裕があっても無駄に投入するような事はしません。

一方で、無計画な人は相手のペースに翻弄されて、自分のペースを守らなかったり、相手の挑発に乗って余計な戦力を投入し、失敗する展開になるものです。

自分のペースを守れることも、計画を成功させる為には必要なことです。

万全の努力をする

万全の努力をするのも、計画的な人の特徴の一つです。

計画がシッカリしていても、想定外の事ということがあります。計画的な人は、その想定外の事も起きないようにするために、可能な限りの努力をするものです。この努力があるおかげで、細かな問題が起こらずに済むのです。

一方で、計画的でない人は、そういった万全の努力をしないため、穴があちこちにあるものです。この穴が大きな問題を引き起こし、計画を妨げるようなことになるのです。

伏線を用意している

計画的な人の特徴の一つは、伏線を用意していることです。

何かを計画しても思う様に行かないことが多々あります。計画的な人は、別のバックアッププランを持っているものです。

例えば、旅行に出かけても、自分の計画通りにならないことが沢山あります。天気が悪くて予定していたところに行けないなどです。こんな時に、計画的な人は天気が悪かった時は〇〇するというように予め別のプランを用意しているものです。

一方で、計画的でない人は、その場その場の思い付きで行動することが多いでしょう。

自分の能力を理解している

良くも悪くも自分の能力を知っておかないと・・

計画的な人の特徴の一つは、自分の能力を理解している事です。

計画的な人は、良くも悪くも自分の力を冷静に理解しているものです。

例えば計画性のある学生さんの場合「自分はあまり記憶力がないから時間をかけて暗記していこう」と考え長期的に学習していく傾向があります。そして、最終的にキッチリ覚えきることが出来ます。

一方、計画性がない学生さんの場合「2日間徹夜すれば大丈夫だろう」などと考えます。自分の記憶力がどの位であるか?など考えずに、無謀な行動をします。

予想が得意

予想が得意であることも、計画的な人の特徴の一つです。

綿密に計画を練り、手順の流れを理解し、自分の能力や特性をシッカリ把握していると、そこから想定される問題もある程度事前に理解出来るものです。結果として予想をするのが上手になります。

手際が良い

手際が良い人になりたいわ・・

計画的な人の特徴の一つは、手際が良いことです。

例えば、計画的な人が料理をすると、何品も同時に効率的に作ることが出来ます。手際が良いのです。これは、それぞれの料理の工程=料理の流れを理解しているため、複数の事を同時にできるからです。電子レンジで何かを調理している間に、まな板で野菜を切り次の料理に取り掛かるなど、同時並行で処理することがなど出来ます。

一方で、計画的でない人は、流れを理解していないため、一つ一つをその場で考えることになります。結果として、手際が悪くなるのです。

早めに先手を打つ

計画性のある人の特徴の一つは、早めに先手を打つことです。

計画を実行していくと、当初思い描いていた通りにならなくなるものです。これは当然と言えば当然の事なのですが、計画性のある人は、ここで軌道修正を早めに行うものです。

一方で、計画性のない人は「このままでもどうにかなる」と安易に考え、手を打つのが遅れ、軌道修正が難しくなります。「もう少し早く手を打っておけば良かった」などと後悔するパターンに陥ります。

繊細かつ大胆である

繊細かつ大胆であることも、計画性のある人の特徴の一つです。

計画を立て、それを完了させるためには、繊細さと大胆さの両方が求められます。細かなミスに気を配り、それを修正することも重要です。一方で、計画全体を見渡した時には、大きな流れを優先させることもあります。

確率を重んじる

計画的な人の特徴の一つは、確率を重んじることです。

計画的な人は「〇〇をした時には、半分くらいはうまく行かない・・」などと確率を重んじた判断をします。「2回に1回は当たるから、外れた時はこうしよう・・」などと考えます。

一方で、計画的でない人は「どうにかなるだろう。後は気合いだ」などと、確率を無視した、あまりあてにならない精神論を重んじます。その結果、失敗することになります。

忍耐がある

今は我慢するべき時だな・・

忍耐があるのも、計画的な人に見られる特徴の一つです。

計画的な人は、自分の思うように事が進まなくとも、そこで焦らず淡々と計画に沿って行動する忍耐強さがあります。計画があるから忍耐強くなれるようなイメージです。

例えば、ダイエットなどでは、停滞期があり、思ったように体重が落ちない時期がありますが、計画的な人はこれも織り込んでいるので、結果が出ない時でも忍耐を持って進めていくことが出来ます。

一方で、計画的でない人は、忍耐が足りない傾向があります。自分のその場その場の気分で翻弄されてしまうのです。ダイエットの停滞期などに、目に見える形がないため、諦め失敗するタイプです。

計画性がない人にイライラする?

計画的な人にとっては、計画性が無い人は信じられないタイプの人間でイライラしてしまうのではないでしょうか?

そんな時にイライラしない考え方の一つは、自分を基準に考えない ということです。自分がどんなに計画性がある人間でも「相手も同じようにすることは出来るものではないのだ」と割り切ること、良い意味で諦めることが、一番ストレスを溜めないで済む方法でしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?計画的な人の特徴は以下になります。

 

考え抜いている・手順を追う・論理的である

着実である・慎重である

自分のペースを守る・万全の努力をする

伏線を用意している・自分の能力を理解している

予想が得意・手際が良い・早めに先手を打つ

繊細かつ大胆である・確立を重んじる・忍耐がある

 

計画的な人には多くの良い点があります。計画的な人の良い特徴を幾つか見習うと、自分の能力を高めることに繋がるのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました